たい焼き親子のキャンプブログ

キャンプ道具から登山道具などレビューします

BBQのテーブルは手軽さ・タフさで選ぶと良いよって話

Amazonで賢く買い物するならチャージが断然お得!

やーやー、みんなアウトドアを楽しんでるかい?

おいらは今日久しぶりにBBQしてきました。

高校の友達に誘われ、簡単ですが短時間のBBQ。

やっぱいいですね野外で肉を焼くのは。

炭火で食べる肉はほんと美味しい。

今回はBBQで使うテーブルについて思うところがあり纏めてみました。

カッコいいテーブルは面倒臭い!

ネット見てるとみんないいテーブル使ってるんだよね〜。

羨ましい、羨ましいよぅ。

僕もほすぃーーー。

 

しかーし、カッコいいテーブルは高いのだよ。

お洒落ブランドのテーブル

高すぎて僕には買えましぇん!

自立させるため複数組み合わせるのも手間なんだ。もっとサクっと組み立てれるテーブルが望ましい。

火を囲むってのはいいけど普通のBBQではいらないアイテム。

 

あとね、こーいうテーブル。

今回BBQで使ったのがハイランダーのロールトップテーブルなんだけど、やっぱり片付けが面倒なんだよね。

天板をパタパタ丸めて、骨組みを折りたたんで袋にどっこいせと入れる。

なんてめんどいんだー!

 

コールマンのテーブルは面倒くさいの究極系

これこれ!もうこのタイプのテーブルはお腹いっぱいなの!

土台の骨組みを伸ばして、重い天板をパタパタ乗せてく。そして天板にロックをガチャンガチャンってね。

足を伸ばすのも面倒くさい、片付けはもっと面倒くさい(精神的に)

最初はお洒落に見えるんですよね。。。

でも実際は穴も空いてるし、細かい物は落ちるし、使い勝手はあまり良くない。オススメしないタイプのテーブルなのだ。

じゃーどんなテーブルが良い???

 

メッシュテーブルは拭きにくい

軽くはないけどメッシュテーブルはなかなか使い勝手が良い。

熱い鍋をそのまま置けるのでタフに使うことができるんだ。

今回のBBQでもロータイプを使ったんだが・・・

 

いやー、インスタ映えしないBBQで恐縮です、はい。

このメッシュのテーブルって拭き掃除しにくいんだよな〜。ゴミがメッシュに挟まって残ったり。置き場所が悪ければ埃をうまく取れなかったり。

タフに使えるのは良いけど掃除の面で好きじゃない。

やっぱ汚れはサクッと取れないとね!

 

アウトドアテーブルはタフであれ 

サクッと汚れを拭き取れるべき

僕も愛用してるアウトプットライフのロールトップテーブル 。

www.taiyaki-oyako.com

 

家庭でも使えるデザインを目指しており(足ガードがない)他メーカーより良い木を使ってるんだ。

しかし・・・

綺麗なテーブルのせいで子供が汚さないかハラハラしちゃう!

しかも隙間のあるテーブルなので拭きにくいんだよ。

あかん、ロールトップテーブルはあかん。。。

 

展開に時間がかかるのはナンセンス

ただでさえ準備が大変なキャンプ道具。

さっさと道具を並べて炭に火をつけたい!

なので結局僕が愛用するのはこの安物テーブル。

 

精神をやられて一人旅に出たときもこのテーブル、家族を持った今も愛用してるのはこのテーブル(天板は質素なやつだけど)

結局このタイプがサクッと広げれて使いやすいです。

ただ、展開時の真ん中のでっぱりは邪魔ですけどね。

 

熱に負けない!耐熱性

僕の愛用テーブルは熱に負けてベコベコですが買うなら熱に強いテーブルが絶対オススメです。

オシャレな木製テーブル?ノンノン、黒く焦げます。

 

これですよ。。。

熱い物を置ける、簡単に展開できてすぐ使える理想型。

これ僕も昔持ってたんだけど友達に上げちゃったんですよね。。。

今じゃ値上がりして気軽に買えない値段になってしまいました。かなぴー

 

スノピの焚き火テーブルも良いのですが高いので却下。

ユニフレームの焚き火テーブル2つ分の価格ですからね、ちっと手を出せないっす!

そんなユニフレームとスノピの焚き火台ですがテーブルとして使うにはちょっと小さいんだよ。

  • ユニフレーム焚き火台55×35cm
  • スノピ焚き火台49×33cm

これじゃーソロ用だよね。

 

手軽・タフを叶えるテーブルとは

いいじゃない、焚き火テーブルのラージサイズ。

70×45cmなので結構使えるサイズなの。

 

汚れをサクッと拭けて、ステンレス製なので熱を気にせず使うことができる。この上でバーナー だって使えるんだ、使い勝手最強じゃないか!

組み立てもソッコーできるってのも嬉しいね。

こーいうテーブルが結局使いやすくて楽だよな〜、次買うなら絶対これですわ。

 

あと気になるのはこちら。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

TRIPATH PRODUCTS(@tripathproducts)がシェアした投稿 -

これから発売予定のガレージブランドのテーブル、こいつが気になる!

見た感じちょっと小さめだけどちゃぶ台スタイルで座敷スタイルで重宝しそうです。

 

でもやっぱ買うなら焚き火テーブルラージですかね。

どうせなら焚き火テーブルラージを2枚欲しい。

買うなら焚き火テーブルラージですぞ。

以上、隊長でした。ほんだば!

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.