たい焼き親子のキャンプブログ

キャンプ道具から登山道具などレビューします

【登山・釣り・キャンプ】一体型シングルガスバーナー | おすすめランキング10選

【ついに開催!今年最後の最強セール!】

登山やキャンプなどアウトドア遊びに1つあると便利なシングルガスバーナー。

温かいスープやラーメン等、バーナーがあるだけで楽しさがグッと増します。

今回はそんなシングルガスバーナー(一体型)のおすすめを紹介します!

シングルバーナーの種類

一体型と分離型の違い

あ・・・右のバーナーはガスではなくガソリンです(^_^;)

 

シングルバーナーには一体型と分離型の2種類があります。

一体型の特徴

  • コンパクトで軽量タイプが多い
  • 分離型より安価
  • 分離型より安定性に欠ける
  • 大人数向けの調理には向かない

 

分離型の特徴

  • 一体型より大きく場所を取る
  • 大きな鍋が使えるので大人数向け
  • 一体型より値段が高いものが多い

 

初めて購入するなら一体型がオススメ!

凝った調理には不向きですが、携帯性に優れ、さっと使えるので非常に便利です。

 

OD缶かCB缶か

画像の左側がOD缶(アウトドア缶)、右がCB缶(カセットガスボンベ缶)です。それぞれの特徴はこんな感じ。

 

OD缶(アウトドア缶)

  • CB缶より高い
  • アウトドアショップで購入
  • 寒さに強く、火力が高い

 

CB缶(カセットガスボンベ缶)

  • 入手しやすくコンビニでも購入可
  • OD缶より安い
  • 火力が弱く、寒さに弱い

 

CB缶はホームセンターやコンビニ、スーパーにも売ってるので入手しやすいです。OD缶はアウトドアショップ・スポーツ用品店まで行かないと入手できないので、購入面では不利ですね。

しかし、個人的にオススメするならOD缶の方です。

 

火力が強いので水がすぐに沸く、気温が低くても安心して使える等、実戦で役立つメリットがたくさんあります。なにより見た目がカッコいい。はい、いかにもアウトドアしてる見た目が良いのです。

 

注意 バーナーと缶の種類について

使用するバーナーとガス缶は同メーカーのものを使用しましょう。

バーナーとガス管の接合面、メーカー保証、そして安全性のことを考え、同じメーカーのガス缶を使用しましょう。

まぁ、ぶっちゃけると他社のガス缶でも使えるのですけどね。

 

一体型シングルバーナーおすすめランキング

注意:点火スイッチの有無に関わらず、着火用のライターは必ず携帯しましょう。

 

1位 SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310

製品特徴
  • 気温-5度でも安定した火力(2,800kcal/h)
  • すり鉢状のバーナーヘッドで横風に強い
  • 点火スイッチ有り、重量67g

 

火を集中させる独特なバーナーヘッド。

すり鉢状のおかげで横風を浴びにくく、火が消えにくい形状になってます。

マイナス5度の雪山でも使用できる高スペックなバーナーです。

ちなみに日本製(ここ大事)。

 

なお、3本ゴトクがセットですが、別売りの4本ゴトクの方が安定性が高いのでオススメです。(なぜ4本ゴトクをセットにしないのか)

なので4本ゴトクとのセット購入がオススメ。セット購入だとAmazonより楽天の方がお得だったりします。。。 

 

2位 PRIMUS P-153

製品特徴
  • 数年前ならオススメNo.1
  • 圧倒的な火力の3600kcal/h
  • 風にめっぽう強く、火が滅多に消えない
  • 点火スイッチ有り、重量116g

 

X字五徳にコッヘルを乗せることによりバーナーヘッドを4区画に区切ります。そのため1区画の火が消えても他区画の火は保たれ、よほどの強風出ない限り火を保ち続けます。

雪上で使うなら寒冷地用のガス缶を使用しましょう。雪に埋めた状態でも燃焼しました。

 

3位 SOTO SOD-320 アミカス

製品特徴

寒冷地向けではない

価格・性能等、トータルバランスに優れている

火力は2,600kcal/h

点火スイッチ有り、重量81g

 

雪山登山や雪山キャンプしないのであればアミカスで十分。

価格が抑えられており購入しやすいです。

初心者からベテランまで使いやすいガスバーナー。

 

4位 SOTO マイクロレギュレーターストーブ SOD-300S

製品特徴
  • 雪山でも安定した火力を提供
  • 風防がないためモロに風の影響を受ける
  • 火力は必要十分な2,800kcal/h
  • 点火スイッチ有り、重量73g

 

調理器具にムラなく熱を与えるバーナーヘッドの形状です。

風の影響をモロに受けるので、風のある場所では風除けを使用しましょう。

ゴトクは3本、バーナーヘッド中心に空間がある形状のため、小さすぎるクッカーは乗せることがありません。(それでも使用したい場合はバーナーメッシュで対応しよう)

 

5位 PRIMUS 2243バーナー

製品特徴
  • X字ゴトクで風にめっぽう強い
  • 圧倒的な火力の3600kcal/h
  • 大きなゴトクで安定性が高い
  • 点火スイッチ有り、重量253g

 

ゴトクが大きいので大きなクッカーを載せても安定します。

バーナーヘッドも大きく、まんべんなく温めることが可能。

少々重いが調理を楽しみたい人向けのバーナーです。

 

6位 EPI NEOストーブ S-1030

製品特徴
  • 他社より強い火力!4000kcal/h
  • とろ火も得意な調理向けバーナー
  • 点火スイッチ有り、重量185g

 

ゴトクが風防も兼ねており横風に強いバーナーです。

大きなバーナーヘッド、火力調整も得意なため大きなコッヘルでの料理が得意。

調理を楽しみたい人、数人パーティーで行動する人におすすめ。

 

7位 EPI REVO-3700 STOVE S-1028

製品特徴
  • 圧倒的な火力の3700kcal/h
  • 大きなゴトクで安定性が高い
  • 点火スイッチ有り、重量111g

 

小さなバーナーヘッドに対し大きなゴトク、火力も十分あるので調理向け。

ソロから2〜3人パーティーにも対応できるバーナーです。

 

8位 JETBOIL フラッシュ

製品特徴
  • 湯沸かし専用スタイル(2269kcal/h)
  • 500mlの水を1分40秒で沸かす
  • 専用クッカーに全てのパーツを収納可能
  • 他クッカーで調理したい人には不向き
  • 点火スイッチ有り、重量440g

 

圧倒的な湯沸かしスピードでバーナー界に衝撃を与えたジェットボイル。

そんなジェットボイルの中でも高火力で一気にお湯を沸かします。

お湯を早く沸かしたい、クッカーで調理しない人にオススメ。

 

9位 CAPTAINSTAG M-7900

製品特徴
  • 値段がとにかく安い
  • コスパのよい火力、2700kcal/h
  • 点火スイッチ有り、重量300g

 

高いシングルバーナーが多い中、キャプスタのシングルバーナーはかなり良心的な価格。

価格が抑えられてる分、相応の作りです。

安い中華製品を買うくらいなら、このキャプスタを選びましょう。

 

10位 Snow Peak GS-100AR

製品特徴
  • 火力は若干落ちる2500kcal/h
  • 超コンパクトに折りたたみ可能
  • 風防なし
  • 点火スイッチ有り、重量75g

 

超軽量・超コンパクトに特化したバーナー。

他バーナーにはない独特なデザインにこだわる人にオススメです。

もちろんスノーピークファンにもオススメ!

 

まとめ

アウトドアファンなら1台は欲しいシングルバーナー、持ってるだけで楽しみ方が無限に広がります。(ジェットボイルは除く)

キャンプ・アウトドア茶会・登山・釣り等、様々なシチュエーションで楽しめるのでお気に入りの1台を準備してお出かけしましょう。

隊長でした、ほんだば!

 

<関連リンク>

こちらも面白いのでオススメですぞ。

炎が美しいアウトドア道具!キャンプで癒されるおすすめバーナーを紹介 - アウトドアINFINITY キャンプ道具から登山道具をレビューするブログ

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.