アウトドアINFINITY キャンプ道具から登山道具をレビューするブログ

キャンプ道具から登山道具などレビューします

アウトドアinfinity

新型デリカD:5のカスタムがすごく格好いい!値引き・価格・どのグレードがおすすめ?

最近心トキメク車がないんですよね。

乗りたいなーと思える車が。ここ数年そんな気持ちだった所に現れたデリカD:5のマイチェンモデル。

最初は変なデザインだなと思ってたのに・・・

気づくと欲しくて欲しくてたまらない。

 

正直惚れた!

新型デリカD:5は超カッコいい!!

僕のようにジワジワと惚れてきた人も多いのでは?そんなわけで今回は新型デリカD:5のお話です。

2019モデル 新型デリカD:5

新型デリカの評判

そんなわけで2018年11月21日に初めて(?)ネットに出回った新型デリカですが、もう酷評の嵐w

  • アルヴェルを意識しすぎ
  • 4枚刃のシェイバーかよ!
  • グリルが下品すぎる

こんな感じでけっこう叩かれてました。

 

僕も「変な顔だなー」と思ってたのですが、月日が流れるにつれ気になる存在になってきました。

極め付けがドレスアップされたデリカ見たこと。

 

 
 
 
View this post on Instagram

weed-hiluxsurfさん(@weed4x4)がシェアした投稿 -

 

メチャクチャいいやん!

これはかなりカッコいいと思う。有りだぜ!

オバフェンつけてゴツいタイヤ履いて、たまりませんな!(オバフェン=オーバーフェンダー、タイヤの上の屋根部分のこと)

 

きっとこーいうテントが似合うんだろな〜。

このテントならどこでも寝れますね!

あぁ、夢が広がる。久しぶりにワクワクする車の登場です。

 

歴代デリカオーナーから評価が悪い

出典:デリカD:5

そもそもデリカはオラオラ系ではなく、自然遊びが好きな人だったり、雪深いところに住んでる人が乗ってたりします。

いくら振動が大きくても、乗員が酔いやすくても、オーナーからは親しまれ深い愛着を持たれてる車です。

 

そんな愛しいデリカが急にイカつくなり、オラついたデザインになったら失望するのも仕方ない。

トヨタのようにマイルドヤンキーを狙ってるの?そう思われても仕方ない路線変更です。

 

オラつくイメージが少ないアウトドア向けだからこそ正解のデザイン

出典:デリカD:5

新型デリカD:5はたしかにトヨタのアルファード・ヴェルファイアのようなイカツイ顔をしてます。

 

しかし、アウトドア向けの車は大人しいデザインが多く、「アウトドア向け」「イカつい車」を探してる人にはドンピシャなデザインなわけです。

走行性能・走破性はお墨付きなので、そういった層をターゲットに絞った三菱の英断とすら思えます。

 

変わったデザインにも秘密があり、通常ならばヘッドライトがある位置にポジションランプを配置し、ヘッドランプを下に下げることで独創的でゴージャスな雰囲気を醸し出しています。

 

三菱、よくぞこのデザインを生み出した!

あっぱれです。

 

子育て世代最強の車

SUV特有の車高の高さが心強い!

 

子育て世代には嬉しいスライドドア、うちの嫁くんもスライドドアに憧れております。子供が隣の車にドアをぶつけないか怖いんですよね。子供を乗せてる時に風で開く事もありますし。

 

しかし嫁くんの外せない要望に車高の高さがあります。運転が下手なせいで縁石に乗り上げることもしばしば。(助手席に乗ったけど本当に乗り上げてた)

そのため車高のあるSUVじゃないと怖くて運転したくないんだとさ。

 

車高があって、スライドドアって・・・

 

デリカの出番でしょう!

ただいま絶賛嫁くんにアピールしてるところです。ただ、嫁くんが気にしてるポイントがこれ。

 

テールゲートが自動で閉まる!

身長の低い女性にはテールゲートを閉めるのも一苦労。

しかーし!デリカには便利なボタンがあるのです。

 

エレクトリックテールゲートという装備で、画像上にあるスイッチを長押しでテールゲートが自動で閉まる!!これは超楽チン、女性でも楽々締めれる親切設計なのです。

(ただし、グレードによる!最上位のP、もしくはG-Power Packageにのみ標準装備となります)

 

うちの嫁くんは過去にテールゲートを閉めようとして顔面強打した経験があるので、そんな不幸な人を産まないためにも必要な装備だと思います。

 

女性にとってのデメリットは車体の大きさ

参考までにデリカとステップワゴンの大きさを比べてみましょう。

車名 デリカD:5 ステップワゴン 嫁の車
全長 4.8m 4.76m 4.45m
全幅 1.75m 1.69m 1.76m
全高 1.87m 1.84m 1.67m

 

嫁くんの車は古いSUVなのですが、全長が全然違うんですね。狭い路地が多いので、運転するには自信がないらしい。

もし買ったとしても車の感覚を身に着けるのに苦労しそうですね(汗

 

あ、あと車高があるので乗りにくいってのもありますが、これは慣れで解決します。もしくはステップもあるので、家族にお年寄りがいる場合は装着しましょう。

(7.9万円のステップと23.8万円のロングステップの2種類有)

 

雪国でも安心の走破性

一応雪国の北陸に住んでるので、安心感のある4WDは非常に魅力的。

FFと4WDを乗り比べると雲泥の差です、4WDはガンガン進む進む!

 

デリカでは緻密でレスポンスのたか電子制御4WDを搭載。より高い次元の安定性能を実現させました。もちろんオート4WDだけでなくフルロックの4WDも搭載し、いつでも2WDと切り替えが可能です。

 

3列目シートの広さはトップクラス!

実はデリカの3列目シートは何気に評判が良いです。それこそアルヴェルよりも居心地が良いという評判もちらほら。

座面が広く、足元も広々してるのでストレスなく座ることができます。ちなみに椅子は跳ね上げ式で、椅子をセットするとトランクスペースはほとんどありません。。。

 

座席下に空間有り

たしかにトランクスペースは狭いんです。

3列目シートを出すと大きな荷物が乗りません。

 

しかーし!

 

ソファー下にスペースがあるため荷物をそこに入れることが可能。これ、スノボではめちゃくちゃ役立ちます。ボードを下に突っ込めるわけです。ウィンタースポーツが好きな人におすすめですよ〜。(男性用の長い板はさすがに厳しいですが)

 

 

ほんと、もう少しトランクスペースがあると嬉しいのですが、こればっかりは無い物ねだりになりますね。

 

車体価格について

最上位グレードの『P』が小売価格4,216,320円

G-Power Packageが4,082,400円

その下の『G』が3,942,000円

一番下の『M』が3,842,640円

 

最上位『P』だとミラーがメッキ、フォグが高輝度とやらに変更、ドアの取っ手がメッキ、室内天井に光るラインがつく等、わ〜〜嬉しい機能が満載だーー。(僕はいらない)

 

狙い目はG-PowerかGですね。

Mはどの車にもある見せるための装備なしなしバージョン・・・と思いきや、以外とMも装備面では見劣りしないんですよね。タイヤが16インチになってしまいますが、装備面ではそれほど冷遇されていません。(他グレードは全て18インチ)

 

装備・メーカーオプション | STANDARD | デリカD:5 | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN

装備とアクセサリーが載ってるのメーカーサイトを張っておきます。個人的にはテールゲートのスイッチを勧めたいのですが、上位2グレードしか装備できないんですよね。。。

 

注目の値引き額

さて、期待したい値引きですが・・・

 

5万円!

 

営業さん曰く、出たばかりなので5万円の値引きだそうです。

三菱なので20万くらい値引きしてくれるかと思ったのですが、ダメでしたね。ただオプションを複数つければその分値引きも頑張るとのこと。

これはトヨタやホンダと同じ回答ですね、どのディーラーも出たばかりの車は5万円の値引き傾向。

 

ちなみに僕のおすすめG-Power Packageだと408万円です。デリカを買うならこちらが便利なオプション付きのこちらがオススメです。

ただし、テールゲートの自動ボタン、運転席・助手席のシートヒーターが不要なら10万程安いグレードGが良いです。

 

こちらはG-Power Package

 

 デリカ、かっこいいですなー!

 

新型デリカ まとめ

家族持ちのアウトドア好きファミリーにはピッタリのデリカD5、迫力とゴージャス感溢れるフェイスになって登場しました。

この個性的な顔はハマる人にはとことんハマると思います。現にこれまで興味の湧かなかった僕がめちゃくちゃハマってます。新型デリカ、いいですよ!

雪道でも安心、縁石に乗り上げても問題なし、3列目が座り心地良し、アウトドアファンだけの車にするには勿体無い。みんなも買いましょう!

 

以上、隊長でした。ほんだば!

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.