たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

【社会人の彼女の作り方】そうだ、女の子をキャンプに誘おう!

スポンサーリンク

こんにちは、隊長です。

 

社会人になるとなかなか彼女ができないんですよね。

学生の頃は校内に女の子がいたり、バイト先にもいたり、なにかしら身近に女の子がいたのですが社会人になるとサッパリ。サーーーッパリだ。

これは一体どうしたものか?

今回はそんな社会人向けに恋人の作り方を書いていきます。

 

社会人はどうやって彼女を作る?

立派な社会人になった。

仕事もバリバリ頑張った。

そしてふと思う、

 

「あれ?彼女の作り方ってどうするんだっけ?」

 

おかしーなー、今までどうやって彼女を作ってたんだろう?

これまで自然に女の子と話せてたのに、気がつくと女の子と話す時なんだかぎこちない。いかん、しばらく彼女がいなかったせいで自然な会話が難しくなっている。

くぅー!一体どうしたらいいんだ?どすこい!

 

そうだ、キャンプに誘おう!

とにかく女の子とキャンプに行こう。

誘う時の口説き文句?そんなもん、これで一発さ。

 

「Hey!!そこのプリティーガール、僕と一緒にキャンプしない?」

 

 

これを読んでる君はこう思うだろう。

 

んなわけあるかーーーーい!

 

そう、そのとおりだよ。

そんなわけあるかい、何事も準備が必要なのです。

 

まずは不自然なく距離を詰めて行こう!

一緒にキャンプに行くにはとりあえず仲良くなること、そして信頼関係が大切なのです。

 

女の子と仲良くなるには?BBQがおすすめ

女の子と自然と仲良くなるにはどうしたらいいだろう?

筆者は断然BBQを勧めます。

 

BBQ、BBQは最高だ!青空の下、みんなで協力して美味しい料理を作る。

この一体感!

この協力プレイってのが男女の仲を後押ししてくれるのです。

 

コンパよりBBQの出会いが人気

よく聞く話が「BBQだと健全なイメージがある」とのこと。

主催する側としては嬉しいお言葉、どうやら夜にチャラチャラ開くコンパより、青空の下で自然に囲まれて楽しむBBQの方が女の子的に嬉しいそうです。

出会いとしても健全で良いらしい。乙女心は難しいぜ、どすこい!

 

こうして何度かBBQを開催し、顔を合わせていきましょう。

次第に信頼関係も芽生えます。新しい友達も誘ってくれるのでどんどん知り合いも増えます。

そして、たまには夜に飲み会も開いてもらったり、よい遊び仲間になっていきましょう。

 

タモさんが昔いいこと言ってた。友達の〜 輪!

Yes That's right. 友達の輪。

BBQをこなしてアウトドア好きな友達を増やしていこう!

 

アウトドアに興味のある女の子は以外と多い

アウトドアに興味のある女の子とはどんどん友達になろう。

意外にもキャンプに興味のある女の子はたくさんいます。みんな言うのが、「興味はあるけど行く機会がない」です。

 

楽しそうと思いながらもキャンプ未経験な女の子は必ずいるので、いつかくる本番のために自分のキャンプスキルを高めておきましょう。

そのためにもBBQを何度も開き、場慣れしておきましょう。

 

  • キャンプ準備はスマートにこなそう
  • BBQレパートリーは必須!
  • アウトドア道具は一通り揃えておこう

 

女の子とキャンプに行こう!

アウトドア女子が増えてくると一緒にキャンプに行ってくれる女の子も現れます。

まずは仲の良い少数で行きましょう。

 

女の子とキャンプにいくと1日中一緒に過ごすわけです。

一緒にご飯を作り、食べた後は花火をしたり、キャンプファイアーをしたり、仲良くならないわけがない!

 

大切なポイント:ロケーション

水洗トイレ

キャンプ場は下調べしてトイレの綺麗なキャンプ場を選びましょう。

水洗トイレ、ウォシュレット付きのキャンプ場も今では珍しくありません。

トイレの綺麗なキャンプ場を探すことはもっとも重要なミッションとも言えます。

 

フリーサイト

決められた区画のオートキャンプ場でも良いのですが、よりキャンプっぽい雰囲気を味わうためにも自由にテントを張れるフリーサイトのキャンプ場を選びましょう。

 

 

良い場所は早い者順なので早めに到着すること!

場所選びはとても大切なことです。

  • なるべく平らな場所にテントを張ろう
  • 低い土地は水が溜まるのでNG
  • トイレ近辺はうるさいので適度な距離を

 

川のあるキャンプ場なんかもいいですね。

男女グループで散歩するのも楽しいです。

 

 

とくに朝日が入り込んだ川のきらめきは最高。

いつもと違った非日常を満喫できるので川はオススメですぞ。

 

女の子とのキャンプは道具でアピール

テントは2つ必要

女の子と同じテントに入れたらそれは最高ですが、ちゃんと女の子専用のテントも用意しましょう。

テントの値段はピンキリなので、好きなテントを用意しましょう。

僕はコールマンとキャプテンスタッグ(安い)の2つを持ってたので、女の子に好きな方を選んでもらってました。なぜか小さい方(キャプスタ)を選ぶんですよね、遠慮してるのかも。

 

キャプテンスタッグ:ドームテント
  • テント・沢登り・ツーリングにも耐える頑丈テント
  • コスパ最強 3人用
  • サイズ:200cm×200cm×高さ130cm

 

モンベル:ムーンライトテント 5型

こんなテントがあっても良いなと思います。

暗い月明かりでも建てれるムーンライトテント。荷物を入れる空間、そして着替えなど身支度のできる大きさが望ましい。

 

  • 登山家に人気なムーンライト
  • 4人就寝可
  • サイズ:150cm×210cm×高さ136cm
  • 重量:4.9kg

 

椅子は人数分を用意

 

こんな安めの椅子で良いので人数分用意しましょう。

ドリンクホルダーがついてるタイプならもっと良し。

 

ただ、キャンプでは多くの時間を椅子に座って過ごすので、なるべく疲れない椅子を用意したいところです。

こちらではランキング形式で椅子について紹介しているので是非参考にしてちょ。

【登山家が厳選】アウトドア・BBQで使える最強おすすめの椅子を紹介 - たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

 

バーナーと鍋があると料理の幅が広がる

炭火だとお湯を沸かすことができません。

いや、可能なんだけど時間が超かかります。炭より薪の方がいいですね。

なので、可能ならバーナーを用意しておきましょう。

鍋とバーナーがあればデザートを作ることも可能ですよ。

 

 

コールマン スポーツスターII
  • 燃焼系が得意なコールマン
  • 火力強めだが調整は苦手
  • 鍋をおくと輻射熱でツマミが熱いw
  • 火力:約2,125kcal/h
  • 重量:約960g
  • 燃料:ホワイトガソリン

 

MSR ドラゴンフライ
  • トロ火が使える最強料理バーナー
  • 燃料分離型なので輻射熱も怖くない
  • 様々な燃料が使えるので災害時でも活躍
  • 火力:約2,192Kcal/h
  • 重量:401g
  • 燃料:ホワイトガソリン/ガソリン/灯油/軽油

 

ドラゴンフライのレビューはこちらをどうぞ。

爆音バーナーに惚れることでしょう。。。

イケてるアウトドア道具で燻製チーズを作ろう!アイテムを紹介するぜ - たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

 

アウトドア用の鍋

鍋はなんでも良いです。

アウトドア用なら使いやすいサイズが揃っているのでオススメ。

 

ダッチオーブン

キャンプといえばダッチオーブン、そのくらい活躍する鍋です。

煮物が作れる、お米も炊ける、そして育てることができる。

男のロマン溢れるこの鍋は女の子とのキャンプでも大活躍します。

 

美味しいドリアもちょちょいのちょーいで作れるのでオススメです。

レシピはこちら!

コンパBBQのおすすめ料理、ドリアの作り方 - たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

 

ロッジ:ダッチオーブン
  • 焚き火台とセットで使おう
  • 鳥の丸ごと焼きなら12インチディープ
  • 油を塗るなどメンテ必要
  • 重量:鉄の塊なのでかなり重いです

 

ユニフレーム:ファイアグリル(焚き火台)
  • 焼肉、焚き火、ダッチオーブンで使用可
  • 非常に使いやすいコスパ最強
  • 使用時:約430×430×330(網高)mm
  • 収納時:約380×380×70mm
  • 重量:2.7kg

 

 

複数あると焼肉しながらダッチオーブンも調理できて便利です。

何個でもほしいアイテム、それがファイアグリル!

 

卓上ランタン:ルミエールランタン

 

テーブルの上を照らす明かりがあると女の子はかなり喜んでくれます。

ちょっとオシャレにキャンドルランタンやルミエールランタン を使ってみましょう。

 

観賞用のランタンについてはこちらで紹介してます。

炎が美しいアウトドア道具!キャンプで癒されるおすすめバーナーを紹介 - たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

 

卓上ランタンはあると無いとでは雰囲気がかなり違うので絶対に用意しておきましょう。キャンドルランタンでも十分綺麗です、どすこい!

 

 

感想:女の子とキャンプして良かったこと

キャンプという非現実的な空間がそうさせたのか、それとも部屋着の感覚で薄着だったのかわかりませんが、早朝の女の子はめっさ揺れてた。

もうね、たっぷんたっぷん揺れてた。

友達は「なんか・・・」と言いかけ、僕は「うん・・・」と答えました。

 

このように、女の子の普段見れない珍しい一面を見ることもできます。

って、いやいや、もっと色んな良い点もあるんですよ!

女の子とのキャンプの利点をたくさん書きたいのですが、一番言いたいのはこれ。

 

『距離感が一気に近くなる』

 

これです。もうね、ほんっとに仲良くなるから。

大雨でもない限り、女の子はきっとキャンプを好きになる。

 

アウトドア好きな人なら雨のキャンプでもすごく楽しんでくれる。

(雨がたくさん降ってきた時は急遽コテージに泊まりましたが十分楽しめました)

 

つまりアウトドア好きな女の子は最高ってことです。

彼女を作りたい社会人の君、焦らずまずはじっくり仲間を増やすところから始めよう。

友達と協力して人脈を広げる、アウトドアのスキルを磨く、アウトドア仲間の女の子を増やす。

そうすればきっと良い彼女と巡り会えることでしょう。

 

社会人の彼女の作り方:まとめ

テントを干してる様子

 

キャンプに誘うまでが難しいですが、アウトドア仲間になってしまうと部活動のような心の繋がりができるので人生がガラリと変わりますよ。

アウトドアに出会うと人生が変わる。

みなさんも良きアウトドアライフをお過ごしください。

 

高い道具を買い揃えるのも良いですが、まずは安い道具からでいいのでステップアップしていきましょう。安物でいいから自然を遊ぶこと、これが大切だと思います。

高いスノーピークで買い揃える必要はないんですよ。

安いキャンプ道具でいいから、まずは行動を起こして体験する、自然を味わうこと。

テントの布一枚隔てた向こうはすぐ外、テントから顔を出して吸い込む朝の空気、木々に囲まれた空間、そこで過ごせる幸せな時間を楽しみましょう。

 

そう、女の子と一緒に!

以上、隊長でした。ほんだばね!

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.