たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

3人の子供たちに囲まれアウトドアを楽しむ隊長です。登山からBBQにキャンプまで、ワクワクするニュースをお届けします。

【雪山登山】体力の限界、生命の危機、久しぶりに痛感した登山の基本

子供を保育園に連れて行くと思いのほかピーカンだったので悪い癖が出てしまった。

「あ、今日登山行こう」

はい、思いつきで登山すると毎回ロクなことがない。。。

 

雪山登山はしっかり準備しよう

さて、帰宅してから嫁くんに登山OKをもらっても山道具がどこにあるかわからない。

子供が4歳、2歳、0歳だと好きに登山なんて全然行けないもんだから道具が行方不明になっている。

準備できたのは11時過ぎ、山に到着したのはちょうどお昼だった。

いかん、なんだかもうテンションダウン。帰ろうかな。。。

 

ラッセル済みならスノーシュー不要

山についてからザックにスノーシューをセット。

隊長のスノーシューはこちら。

 

 

スノーシュー最強と思われるMSRの最高峰。

これ、いいんです!

踵をあげるパーツがあるので斜面を登りやすい、足を固定するゴムバンドが複数あるので1本切れても大丈夫(交換可)

 

ただね、重いの(⌒-⌒; )

ザックに装着しただけでズッシリとくるこの重量感。

今日は雪山に入ってみたものの、みんなの踏み跡がしっかり残ってたのでスノーシューは下ろしました。。。

車までの往復、無駄な体力を使っちゃったぜぃ。

 

ゲイターだけしっかり装着すればスノーシューやワカンは不要かもね、低山であれば。

 

 

こうした支度でさらに手間取ったので時間がどんどん過ぎていきました。

今回の反省です。

 

雪山での体力消耗

今回一番痛感したのが体力の無さ。

歩いて30分でもう帰ろうかなと立ち止まってしまいました。

 

 

山自体はとても良かったんですよ。

天気はピーカン、歩きやすい雪道(夕方は溶けて歩きにくいですが)、静かな雪山。

すべてが最高でテンション上がるシチュエーションなのですが、いかんせん疲れる。

 

ジムなんてお金払ってるだけで通ってませんからね。

普段運動しないツケがきたのかも。

以前の自分とは程遠いポテンシャルです。

 

疲れた・・・もう帰りたい。

 

引き返そう。

 

少し戻ったところで爺さん2人とすれ違いました。

あぁ、こんなオッサンでも登ってるんだなぁ。

くぅー!体力で負けてたまるかぃ!

 

再び山を登ることを決意です。

 

 

まぁ体力切れでダメだったんだけどね。

 

太ももの筋肉が弱すぎた!

足をあげるのが辛いのなんの。

そして重いザックを背負う背筋も弱くなってる。

これはあかんですわ、普段から筋トレ、もしくはジムに通うの大事!

反省です。

 

ザックは夏山より重くなる

今回ザックには防寒着を余分に持って行ってます。

濡れた時のための防寒着、シャツ、タオルなどなど。

ここに水と食料、念のための燃料など入れてるので結構ズッシリきます。

 

スノーシューを下ろしたのにこの重量。

久しぶりの登山で雪山はヤバい!

 

 

太陽が出てると暖かい。

フリースで登ってましたが日が隠れるだけでメッチャ寒い!!!

 

 

雪山はとても静か。

心が無になるので良いです。

心がリフレッシュしますよ、ほんとに。

 

 

ただ、孤独でもあります。

登山家とすれ違うことは少ない。

メジャーな山なら人が多いんだけどね、石川のマイナーな山なので。。。

 

 

奥の山を目指します。

 

が、時間がないので麓で撤退。

 

 

延々と歩いて山へ向かいますが、もう太ももの筋肉が限界のため断念!

 

時間・体力不足により撤退

道具の準備不足によりタイムロスしたのは痛かった!

時間があれば無理して上へ登ったのですが・・・

 

まぁ体力が足りてないので、時間をかけた頂上アタックになるけど。

 

体力不足によるスピードダウン、そして14時を過ぎて天候が急変したことで撤退を決意。この判断は正しく、下山は雪、街中では雨が降ってました。

 

 

ここはまだ林道です。

ミラーが埋もれてます。

 

 

遠くに人が歩いてるのが見えます。

 

 

登山家とはすれ違う時に挨拶しておくと良いです。

遭難した時に役立つので。これ本当、大切なことです。

 

 

本当はあの山へ登るはずでした。

13時過ぎから天候が代わり、風がビュービュー吹き始めます。

ここでフリースだけだと寒いのでレインウェアを着用。

 

過去にハードシェルを買おうとしていましたが、結婚指輪に変わりました。

嫁くんと大喧嘩したのを覚えてます。

 

 

人とすれ違うのはちょっと安心しますよね。

強姦に会ったらどうしようと心配にもなりますが。

 

 

こうして山を見てると生クリームを食べたくなります。

コストコのケーキは甘すぎるけど好きです。

 

 

みんなに眺めの良い山頂をお見せしたかったのですが・・・

残念ながら今回は無理でした。すみません。。。

 

 

これより下山です。

 

おまけ 下山の動画

www.youtube.com

 

すでに踏み跡があるのでスノーシューは不要ですがズボります。

すぐに足がズボボーー!と埋まります。

踏み跡を歩いていてもズボることがあるので結構疲れます。

 

さらに夕方になると雪がザラメ状になるので歩きにくい!

帰りは帰りで体力を消耗するので注意が必要。

僕の太ももはもうパンパンよ。

 

雪山登山 まとめと反省点

今回の反省点

  • 昼から登山開始(遅すぎる)
  • 致命的な体力不足
  • 数ヶ月ぶりの登山
  • 数年ぶりの雪山登山
  • 昼過ぎの雪はザラメ状で歩きにくい

 

えぇ、体力です。とにかく体力です。

どんな遊びにも体力は必要なのです!

1にも2にも体力、今回は全然足りてませんでいた。

 

登山道具も定期的に整理しておく必要がありますね。

どこに何を閉まったのかサッパリ。引っ越しで行方不明になった物が多すぎだー。

 

登山でのケガは死に直結するのでみなさんも体力は十分つけてから山に挑みましょう。

とくに雪山は氷点下すぎるのでとにかく寒い!汗冷えがヤバいくらい寒いです。

いかに汗をかかないよう、汗を外に逃がせるよう服装に気を使いましょう。

 

よーし、もう少し鍛えてから雪山リベンジするぞー!

以上、体力増強を誓う隊長でした。ほんだば!

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.