たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

【新型ワゴンR試乗レビュー】N-BOXの牙城を崩せるか?割引額は?見積もり結果を報告!

スポンサーリンク

こんにちは、隊長です。

2017年2月1日にNEWワゴンRが発売されました。

早速試乗してきたのでそのレポートです。

 

NEWワゴンR 試乗&見積もり報告

そんなわけで雪の降るなかスズキ販売店へと行ってきました。

スズキといえば僕も過去にエスクードに乗ってたり、親は現役でスズキの車に乗ってたりと馴染みの深いメーカーです。

 

f:id:outdoor-kanazawa:20170202185330j:plain

ワゴンRのモデルチェンジは4年半ぶり(?)でしょうか。 

新型のワゴンRはかなり広くなったと聞きますが実際どんな感じなのか気になります。

 

簡単にグレードを紹介しますね。

  • HYBRID FZ
  • HYBRID FX
  • FA

あと外見がカッコよいスティングレーというモデルもありますが割愛。

 

HYBRID FZ

2WD 1,350,000円 燃費:33.4km/L

4WD 1,370,960円 燃費:30.4km/L

顔がいかつく、エアロがついたかっちょいいモデル。

セーフティーパッケージをつけると+6万円程。

 

HYBRID FX

2WD 1,177,000円 燃費:33.4km/L

4WD 1,298,160円 燃費:30.4km/L

一番売れるのがこのモデルだと予想してます。営業さんもそう言ってましたね。

ワゴンRらしいフェイス、そしてハイブリッド。

セーフティーパッケージをつけると+10万円なり。

 

FA

2WD 1,078,920円 燃費:26.8km/L

4WD 1,202,040円 燃費:25.4km/L

こちらは一番安価なモデル、ハイブリッドではなくガソリン車です。

見た目は真ん中モデルのFXと同じです。セーフティーパッケージは無し!

 

大柄な男性でも窮屈さを感じさせない車内空間

f:id:outdoor-kanazawa:20170202185513j:plain

 

ドアを開けて噂通りの広さに驚きました。

シートの色の影響もあるのでしょうが、車内が広い、そして明るい!

 

f:id:outdoor-kanazawa:20170202185742j:plain

 

後部座席を開いてもメチャクチャ広い!

こんなにも広いのなら大人4人乗っても大丈夫そうですね。

ただその分トランクは小さくできています。

 

f:id:outdoor-kanazawa:20170202185841j:plain

 

大きな荷物はダメそうですね・・・・

 

と思いきや!

 

f:id:outdoor-kanazawa:20170202185949j:plain

 

椅子を倒せば大物もいけます!

小学生の自転車なら載せれる空間はありますね。中学生レベルだとダメだ^^;

 

これだけの車内空間があれば十分な印象です。

ちなみにこんなスペースもあったりします。

f:id:outdoor-kanazawa:20170202191146j:plain

 

スペアタイヤではなく、パンク修理キットがつくそうです。

心配ですがそれなりの距離を走れる修理キットだとか。うーん、山道とかでパンクしたら怖いけどなぁ・・・そこは時代なんですかね。最近はスペアタイヤ無しの車をよく見ます。

 

 

運転のしやすさ

f:id:outdoor-kanazawa:20170202191317j:plain

今回の試乗車は一番安いFAモデルです。ガソリン車ですね。

この上にFXというハイブリッドモデル、そしてさらに上にFZという顔がいかついハイブリッドモデルがあります。

 

試乗してみて思ったのが視界がとても広いですね。

見晴らしも良いです。

 

f:id:outdoor-kanazawa:20170202191608j:plain

 

ピラー(フロントガラス横の柱)のが太いんですよね。。。

なんでこんなに太いんだろ、若干右前が見辛い。

 

車内空間を広く取るため、フロントガラスがけっこう前にでっぱってる(フロントガラスに傾斜がある)ため、右前方の視界がどうしても悪くなってしまうんですよね。

 

このあたりはN-BOXの方が見やすい印象。

 

運転はどう?乗り心地は?

f:id:outdoor-kanazawa:20170202200410j:plain 

今回、スズキ販売店に出たばかりという事でノーマルタイヤの試乗になりました。

そのため加速やコーナリングなどあまり確認できなかったことを事前に書いておきます。

 

ハンドリング

まず、ハンドリングはまずまず。

飛ばしていませんがハンドルの軽さ、曲がりやすさはちょうど良い感じです。これは万人向けに作られてるからでしょうね。ずっしり感はありません。

 

ブレーキング

癖のない滑らかなブレーキでした。

ちなみに次に試乗したスイフトはメチャクチャブレーキの効きが強かったよ^^;

ワゴンRは非常に運転しやすい、強すぎることのないブレーキで良かったです。

 

加速

悪し!エンジンが唸るわりには全然遅い!

軽自動車だから仕方ないかな、頑張ってるぞーって音が鳴りまくります。その後の加速はそれなりに早かったけど少し反応の遅さが気になります。

 

まぁ、軽でそんな加速するシーンはないかな。

高速の合流が大変なくらいでしょうか。

 

f:id:outdoor-kanazawa:20170202200217j:plain

 

運転して加速はストレス感じますが他は優秀。とくにこの広さと燃費の良さ、あと価格の低さは嬉しいですね。

 

新型ワゴンR 見積もり結果

出してもらった見積もりはこちら、

 

HYBRID FX

2WD 1,177,000円 燃費:33.4km/L

 

一番売れるだろうと見込んだ真ん中のモデルです。

結論からいきましょう!

 

価格1,682,162円

 

そして気になる割引額ですが・・・これは渋い!渋かった!

 

3万〜5万!

まぁ、昨日出たばかりの車ですから5万程度だとは思ってましたが・・・

今乗ってる車を下取りに出す事で、通常よりもっと色をつけれると言ってましたが。うーん、あまり期待できそうにないかな。

 

ただこれからですね、新型ワゴンRが他車より人気がなければ値引きも大きくなると思いますが・・・でもけっこう売れそうな気がするんだよね。

この広さ、運転のしやすさはいい武器だと思うので。

(パワーなんてもともと昔からないから)

 

N-BOXと戦えるか!?

僕の個人的な見解。

兄貴がN-BOXでちらほら乗った経験あり、あと試乗もしたことがあります。

 

www.taiyaki-oyako.com

 

その経験を踏まえ考えると、

ワゴンR、けっこういいです。何がいいかと言うと、価格がまだ安い。

N-BOXの一番安いエントリー車だと120万円ほど。

ワゴンRならFAモデルで108万円ほど、やっぱN-BOXは高いんですよね。

あちらはいいグレードにするとドンドン値上がりしていきますが、ワゴンRならハイブリッドモデルで乗り出し168万円。この価格帯はけっこう魅力的なんだよな〜。

 

では車内空間はどうか?

ワゴンRは高さが十分ありますが、それでもN-BOXの方が14cmほど高い。

しかし室内長(前から後ろ)だとワゴンRの方が27cmも広いんですよね。フロントガラスが寝てるせいもありますが^^;

 

ちなみに車内の幅はワゴンR・N-BOXほぼ同じです。

 

 

まとめ

今回の試乗で驚いたのはやっぱり室内空間の広さかな。あの広さはぜひ販売店で実際に見てみてもらいたい。

また運転のしやすさ、クセの無さもさすがこれまで多くの人に愛されてきた車ならではなのでしょう。ほんと、運転しやすいんですよ。コーナーでのロールも減速すれば感じません。

 

この室内の広さ・運転のしやすさ・手を出しやすい価格が非常に素晴らしい車だと思います。いいですよワゴンR、軽自動車なのにかなり広く便利に使える車です。

 

ちなみに車を売る際はこちらで無料査定ができるので、お店で調べる前にネットで事前調査しておくことをオススメ。

心の準備、というか自分の乗ってる車を売る時の相場がわかるのは便利だと思います。

 

もう一個、有名なところでガリバーの査定を調べることも可能。

全国にあるお店なので、複数の相場を知っておくのも大切。

 

最後はこちら、事故車でもなんでもOKなお店。

 

 

このように複数サイトで自分の車の売値を知っておくと、交渉する時に便利なのでいいですよ。お店の人のいい値に納得できなければ、他のお店を当たってみるのは大切。

家族のために、便利な車に乗りたいですよね。これらの見積もりがそんな足しになると嬉しいです。

 

以上、車好きな隊長でした。

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.