たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

3人の子供たちに囲まれアウトドアを楽しむ隊長です。登山からBBQにキャンプまで、ワクワクするニュースをお届けします。

100回以上コンパして彼女ができない人に共通する問題とその対策を真剣に考えた

◆更新 2016年2月4日◆
 

毎週コンパをしてきて、いい加減これは金と時間の無駄だと悟った隊長です。

いや〜、(モテない)男は辛いよ!
 
f:id:outdoor-kanazawa:20151017102506j:image

そんなコンパも結婚してからは参加NGと嫁に言われ、結婚当初は断ってばかりでした(今じゃもうすっかり誘われません)。
 
しかし今思うとよくあんな面倒くさいことしてたもんだな〜と思います。
 
まずね、
  • テンション上げるの面倒くさい
  • 会話するネタがない
  • 遅刻しないように行動するの大変
  • 何よりモテない
 
普段から人見知りでローテンションな私は、知らない人と話すのが苦手なのだ。そして今も苦手。
 
 
恐怖なのが、稀に地雷な女性もいてやたら絡んでくるんだよね。初対面でいきなり不機嫌モード、いったいここに来るまでに何があったのかと。そして何しにここへ来たのかと。
 
そーいう女性に限ってジャニーズがお好きでして、他の女の子からジャニーズコンサートについて聞かれると喜んで語るのに、男が質問すると急に不機嫌になります。なんだ?お前は女子校の生徒か!!
 
そりゃ団扇に写真貼るほどの男はこんなとこにいませんよ。でも、人としてどうなのよ???
 
お前さんはどうぞさっさと帰って『学校へ行こう』(古い?)でも見ておくんなまし!
 
 
また、コンパってのは予想外な事も起こります。
 
  • コンパ後に行った近所の海でマツコのような女性が砂に沈んでいった
  • 友人の革靴(2万円)を他の人が間違えて履いて帰った
  • 空気読めない友達Nが巨漢にダイエットを勧めていた
  • 友達Nがバッファローゲームで興奮していた
  • 空気読めない友達Nが1時間近く女の子を口説いてた
  • 年上人妻の王様ゲームはえげつない
  • 王様ゲームで独身オジサンから氷と様々な液体を口移しされる
 
 
トラウマになったコンパもありましたが、誘い誘われで毎週参加してました。友達と登山で顔を合わし、夜もまた顔を合わす。
 
結婚した今考えると、あの頃の友達と会える時間ってのは貴重なものだったんだねぇ。
 
 
f:id:outdoor-kanazawa:20151017102619j:image
 
 

草食系は言い訳にならない

彼女ができた人から独身男の会をどんどん抜けてく。なので固定メンバーが減っていくと、新しい男が加わり、適度にローテーションしながら毎週飲んでました。
 
僕もいい年で結婚したので、あの楽しかったグループに戻る事はもうない(だろう)。
今のグループ状況を聞くと、意外にも草食系な男も結婚できてます。
それもコンパ中にまったく話せない男性が、です。
 
彼女作りは難しそうに思えた彼でも彼女ができた。
 
ならば彼女ができる人とできない人の違いは何だろう?
 
そのあたりを深く考えながらこれを数日かけて少しずつ書いてます。
 
 

自分はダメだから と思ってない?

なかなか彼女を作らない人に共通するのはズバリ
自信の無さ
「プライドの高さ」
と思います。
 
自分に自信を持てない人は女性に奥手です。でも、それは僕からすると、自分のダメさを理由にして戦おうとしないだけ
 
誘っても断られるのが怖い、プライドが傷つく、自分が傷つくのが怖い、自分が大好き人間なのです。
それじゃできる彼女もできません。
 
美人な友達が君に好印象持ってるよと教えても自分に自信がないから行動に移せないのです。幻滅されるのをひどく恐れている。
自虐ネタは笑い飛ばしながら語るから面白いのであって、本気の自虐は見苦しく鬱陶しいだけ。
 
もう、自分のダメな理由を探すより、自分のいいところを見てみましょう
 
そして、

自分に言い訳するクセを止める!

これは癖になります。
 
「どうせ俺は・・・だから」「女の子苦手だし」「ブサイクだし」など自分を否定し続けると、どんどんネガティヴな性格になってしまいますから。
 
誰だってダメな部分はある!
だからと言って卑屈な考えになってはいけないのです。
ダメさを開き直って、他でカバーするつもりで自分のいいところを見つめ直してみましょう。
 
 
友達に自分の良いところについて聞いてみるのもいいです。ちょっと聞きにくいかも知れませんが、素直に気持ちを伝え、自分の良さについて指摘してもらいましょう。
友達ならあなたの気づかない所まで本気で教えてくますから。
 
 
f:id:outdoor-kanazawa:20151017102647j:image
 
 

自分が女性ならどう思うだろう?

もし自分が女性なら、顔が特別イケメンでもなく性格も面倒くさい、そんなネガティヴ男(自分)のことを好きになりますか?
 
イケメンなら良い。イケメンなら例えトークスキルがなくてもハンサムという理由だけでモテます。モテてた。ハンサム、憎いぞハンサム
 
でも、顔が並なら魂で勝負するしかないのです。
好きな人間に自分がなればいいのです
自分を肯定しまくるのは大切ですよ。自分の一番の味方は自分なのですから。
 
 

少しでもいいと思えたら必ず遊びに誘う

守備範囲の広い人でも、どんなに面食いな人でも、歳をとると好みの人と出会えるチャンスはどんどん減っていきます。
年をとると女性は落ち着き、コンパ以外の遊びや趣味に忙しくなるのです。
 
そしてボーダーラインの30歳女性。女性は30歳になるとパタリとコンパにお呼びがかかりません。(心当たりのある女性もいるのでは?)
 
その心理は知りませんが、結構な数の女性が言ってたからそうなのでしょう。年下の女の子からコンパに誘われなくなるそうです。う〜ん、二十代女性は三十路をどう考えているのだろうか。
となると、あなたの年齢はどんどん大きくなりますが、コンパ相手は20代ばかりになっていきます。
 
 
そんなのって・・・
 
 
嬉しいじゃないか!
 
 
少しでもいいなと思える子がいたら誘いなさい。
 
コンパで必ずアドレスゲットしてご飯に誘いなさい。
 
断られるだろうけど、それでも誘いなさい。
男は断られてなんぼの生き物なのです。
 
そうして強い心を育てていきなさい。
絶望に負けぬ屈強なソウルを持てます。
ふるえるそハート!燃えつきるほどヒート!
 
ネガティヴな気持ちは捨て、なにくそと心の中で叫びながら次に進みましょうよ。歩を止めず、歩き続けれる力があなたの武器。
悔しさから学び取っていきましょう。
 
 
f:id:outdoor-kanazawa:20151017102715j:image
 

1対1であなたの内面を魅せる

目標を持ち始めたあなたはいつの間にか他人と話すことにも慣れ、以前あった下向きな気持ちはなくなり、いつの間にか自然体でコンパに臨めてることでしょう。
 
その頃には死線を共に潜り抜けてきた友人、いえ、ソウルメイトが隣にいます。なんと心強い。
共に戦った戦友は何よりも大切な存在。友情は大事にするとして、彼女を作ること関しては友達に遠慮無用です。
 
それはそれ、これはこれ の精神ですね。
好みが被ろうと、自分の目標のために抜け駆けして彼女を誘いましょう。
 
 
さて、大勢で話すコンパと違い、2人で過ごす時間は沈黙との戦いにもなります。
最初の誘いは、女性からするとドライブよりご飯がいいそうです。
理由は数時間で解放されるので、相手と性格が不一致でもそこまで苦にならないから。
 
料理屋は和食や居酒屋などがオススメ。
イタ飯でもいいのですが、種類豊富でメニューを選べれる居酒屋が無難。
 
適度に周りがガヤついてるおかげで、お互い無言になっても苦にならず、賑やかさから話すときの距離感も詰まるのがポイント。
 
女性のパーソナル空間へいかに自然に長時間攻め入ることができるか、そこを自然に攻め込むことができると一気に仲良くなれます。
 
 
簡単に言うと、相手を中心に卵型のパーソナル空間があり、横は狭いけど縦は長い。
そのエリアに急に入ったりすると、いわゆる「ちょ、この人距離感近ーい!無理!」と思われちゃったりするわけです。
 
相手に嫌な気持ちをさせず、心地よい空気を作ることに終始したいものです。
 
いかにトークを盛り上げ、一緒に楽しい時間を過ごせるか、次があるかないかはそこにかかってます。
うまいこと会話の中に楽しそうなドライブ先を散りばめ、食いついた所に誘ってみましょう。
 
相手に悪い印象を与えていなければ、きっとまた遊んでくれます。
 
 
f:id:outdoor-kanazawa:20151017104031j:image
 

場数を踏みまくろう

彼女ができない人と話してると、沈黙の時間が苦手だと言う人が結構います。
で、何か話さなきゃと焦り自滅していくパターン。
 
まずは沈黙に慣れるところから始めてはいかがでしょうか。
何回か失敗を繰り返していく事で、次回に必ず活かせます
何事も落ち着くことです。
 
 

最後に

色んな人と飲んで会話する事は、なかなか考えさせられることも多く、その点は良かったと思えます。
 
ただ、コンパでそんなタイプの人と出会えるかというと、なかなかそうもいかないものです。
友人の紹介で出会った人や、趣味の集まりの方が付き合ったり結婚してるように思えます。(私の友達もそれでした)
 
しかし、出会わない事には何も始まらない!
 
女性と会う機会がないという人向けに、後日、どこで出会うのか を書いていきたいと思います。
 
追記
そんなわけで、後日書いた続編がこちらです。
美人だから気後れするのはもったいない!
こんな僕でも過去に美人と付き合えたことがある!
そして今の嫁も美人です。ヒャッホー!
 
意外とみんな頑張らないおかけで美人と付き合えるものです。
頑張ろう!

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.