たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

【トヨタ・ルーミー(タンク)試乗レビュー】値引き額は?走破性と車内の広さはいかに?

【こちらもどうぞ】
スポンサーリンク

最近トヨタから面白い車が出てきましたね。

名前はルーミーとタンク。顔が違うだけで中身は同じだそうです。

(ボクシーとノアみたいな感じ)

はたしてルーミーはお母さん達にとって運転しやすい車か?

若者がワイワイ楽しめる車か?室内の広さは?

 

気になってたので試乗してきました。もちろん値引きできる金額も聞いてきたので参考にしてみてくださいね。

 

f:id:outdoor-kanazawa:20161213001300j:plain

ちなみに、bBの後継車とも言われてます。(bBは無くなるみたいですね)

 

ルーミーはなかなかすごいぞ!

乗って最初にみんな驚くと思われるポイント、それが室内の超空間!

広い、外から見た車体よりものすごく広く感じる。

 

ルーミーの大きな魅力、広大なその車内空間

車幅は167cm、トヨタの車の中では最少クラスです。あの小さなパッソとほぼ同じ。室内空間は幅148cm、小さい幅なのになぜこんなに広々と感じるのか。

その秘密は天井の高さ、135cm!

比較すると

  • パッソの室内高:127cm
  • ルーミーの室内高:135cm
  • ヴォクシーの室内高:140cm

あのミニバンのヴォクシーと5cm違いの室内空間。この広々した頭上空間がルーミーの真骨頂、超広大な室内空間を実現しているわけです。乗った瞬間、まずその室内空間に驚きます。

 

ちなみに室内幅はパッソより6cm広い。

パッソに乗っていたお母さんのステップアップにちょうど良いサイズですね。

 

トランクもけっこう頑張ってます

f:id:outdoor-kanazawa:20161213004630j:plain

後部座席は24センチ前後にスライドするので大きな荷物も載せることが可能。

また、座席を畳めば自転車もいけるようです。(パンフによると)

 

f:id:outdoor-kanazawa:20161213075731j:image

寝れるのいいなぁ。

カーテンがオプションに有るのも面白い。このサイズでは珍しいですよね。

 

 

後部座席も充分広い!

f:id:outdoor-kanazawa:20161213005257j:plain

座席は6:4の分割ソファー、5人目のヘッドレストがついてるってのもポイント高い。これがあると大勢乗った時に楽なんですよね。

 

f:id:outdoor-kanazawa:20161213005423j:plain

まぁ・・・男性が3人乗ると少々キツイですね。。。

子供やママ友なら大丈夫と思われるサイズ感です。

 

試乗レポート

時間は暗くなってきた夕方、しかも雨です。

暗くなってくる時間帯って運転し辛いのよね、事故率も高い時間帯です。

こんな時間に試乗するなんて・・・と思うかもしれませんが、そんな時間こそ試乗にピッタリなんですよ。実際に車を運転するならどんなシチュエーションでもありえるわけですから、夕方の視界の悪い時間帯に試乗し、本当に運転しやすい車か、視界はどんなレベルかチェックしておきましょう。

 

そんなわけで小雨が降るなかを運転してきました。

 

排気量は1,000cc、少な!

軽自動車と同じようなレベルじゃん!と、思ったのですが想像した以上に静かでエンジンは無理してる感じしません。あれ?意外といい感じだぞ?

 

視界はメチャクチャいい!Good!

運転して驚いたのが、ものすごく前が見える。そして右前方がよく見える!

つまり死角が少ない!車種によっては右前方がまったく見えず怖いものもありますが、ルーミーはいいですね。非常に運転しやすいです。

 

BOX型の車体なのでフロントガラスがズドーンと立ってるのもいいですね。

広いフロントガラスで見やすく、本当に運転しやすかったです。こりゃいいや。

 

燃費は?

ノーマルで24.6km/L

4WDで22.0km/L

ターボ(!)は21.8km/L

 

軽自動車並みにいいですね。ハイブリッドでもないのに優秀ではないでしょうか。

1,000ccの排気量だとちょっと出だしの加速が不満、そんな人向けにターボ車もあります。と言っても昔のドッカンターボとは違い、発進時や高速合流時にちょっとサポートしてくれる程度のターボです。

若者はターボ車の方がいいかな。たくさん人を乗せて遊ぶこともあるだろうから。

 

ちなみに加速はどうでしょう?

CVTらしくちょっとテンポが遅く加速する感じでした。イマイチ!

 

あとうるさいですね、排気量が少ないので仕方ないですが。でも加速しなければ静か、本当に静か。のんびり運転する分には騒音は気になりません。

f:id:outdoor-kanazawa:20161213011414j:plain

まぁこんな小さな車なので、そこまで飛ばして運転するものではないでしょう。

ジェントルに運転して楽しみましょう。

 

機能、おすすめメーカーオプションなど

このあたりはまた後日追記します。

じ、時間がないのだよ(汗

 

ルーミーの見積もり公開!

車体は真ん中のグレード「G"S"」

 

車両本体価格:1,684,800

メーカーオプション:115,560

付属品価格:349,704

税金等:195,308

消費税:163,580

現金販売時お支払総額:2,345,372円

 

このあたりも後日詳しく追記する予定です。

標準的なオプションをつけてもらいました。ナビも有り。(走行時のナビ・TVカットも含めました)

 

 

割引き額はいくら?

ここ気になりますよね。

確認したところ、出たばかりでほとんど不可能とのこと。

 

その金額、ズバリ!

 

3万円!

 

もっとお願いします!と言いたいところですが、まだ厳しいみたいです。

仕方ない、新しい車だからね。bBに乗る若者層がこの車に流れてきそう。

そしtパッソで手狭になった主婦層も購入しそうですね。

小さい車体なのに超空間の車、これは人気でそうな予感です。

 

まとめ

乗ってその広さに驚き、運転してその運転しやすさに驚き、最後に値引きの少なさに驚いた試乗でした。

このルーミー(タンク)ですが結構いい車だと思います。

排気量が少ないのでパワーは少ないですが、静寂性と運転のしやすさと室内空間など他の車にはない魅力があります。

パワーが欲しい人はターボモデルを購入すれば良いでしょう。

 

カスタムパーツも多いので、自分オリジナルなスタイルを作る楽しみもありますね。そのあたりは若者にもウケそうです。

ただ走りを楽しみたい人にはオススメしないかな。のんびり家族や友人と楽しみたい人、でもミニバンほど大きな車はいらない層にピッタリな車だと思います。

 

ほんといい車だったので、気になった方はぜひ試乗に行ってみてくださいね。

 

ちなみに車を売る際はこちらで無料査定ができるので、お店で調べる前にネットで事前調査しておくことをオススメ。

心の準備、というか自分の乗ってる車を売る時の相場がわかるのは便利だと思います。

 

もう一個、有名なところでガリバーの査定を調べることも可能。

全国にあるお店なので、複数の相場を知っておくのも大切。

 

最後はこちら、事故車でもなんでもOKなお店。

 

 

このように複数サイトで自分の車の売値を知っておくと、交渉する時に便利なのでいいですよ。お店の人のいい値に納得できなければ、他のお店を当たってみるのは大切。

家族のために、便利な車に乗りたいですよね。これらの見積もりがそんな足しになると嬉しいです。

 

以上、車好きな隊長でした。

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.