読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

試乗報告!NEWオデッセイ ハイブリッドは最高なクルージングと静寂性!

車大好き
スポンサーリンク

◆更新2016年4月7日

ホンダファンの皆さん、こんにちは。

ついにホンダのオデッセイ ハイブリッド(Odyssey hybrid)が発売ですね!
もう見に行った人はいますか?
 
f:id:outdoor-kanazawa:20160205222222j:image
何年も夢見たハイブリッドマーク!
 
僕はもちろん行きましたとも!
そして試乗と見積もりもしてきました!
 
うーん、さすがハイブリッド車はいい値段しますね。しかし、あの乗り心地を体験すると感動します。
 
足回りは今回もトーションビームでした。
しかし、それでも乗り心地は心配ご無用!
最高でしたよ!静かすぎて営業の人と気まずくなるくらい。走りのホンダはこの大きな車体でも魅せてくれました。
 
それではさっそく報告にいってみよー。
 
◆前回記事◆
 
◆次回記事◆
 

オデッセイ ハイブリッドは最高に静か!パワフルな走りはもちろん!ハイテクもすごいぞ!

f:id:outdoor-kanazawa:20160205222052j:image
 
オデッセイのハイブリッドシステムはアコードHVと同じタイプを使用。
 
なんだよ流用かよ、と思う人もいるでしょうが、僕としては他で使われてる物の方が故障も少ないだろうし安心感があります。
 
 流用という言葉にネガティブなイメージを持つ人もいますが、僕はまったく思いませんね。
 
電池は座席の下にイン!さりげないぜ!
f:id:outdoor-kanazawa:20160205222350j:image
助手席の下が少し盛り上がってます。
これこそがオデッセイ ハイブリッドの証!
 
ちなみにガソリンタイプだとこうなってます。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20160205222512j:image
盛り上がってないのがわかります??
 
だからと言って、オデッセイ ハイブリッドはフロアが高いのか?と思い調べてみましたが、地面から床までの高さは変わりませんでした。
 
やはり現行オデッセイはハイブリッドありきの設計で作られたようです。
くぅー!エリシオンとオデッセイのいいとこ取り!
なんて優秀な車なんだろうか!
 
(嫁!買わせてくれ!)
 
 
エアサスじゃないよ、普通のサスだよ

f:id:outdoor-kanazawa:20160205223120j:image

もしかしてエアサス搭載〜?と噂がありましたが、残念ながら普通のサスです。(誰だよ言った奴は!^_^;)

でも、そんな落胆するほどじゃないかなと思います。オデッセイは昔から乗り心地はトップクラスでしたから。

名車エリシオンの血を受け継いでるので、酔いやすい方でも案外大丈夫な乗り心地と思います。

(アルヴェルで酔う人でもエリシオンなら酔わないって話はよく聞いてたので)

 

実際、現行のオデッセイに乗ってる人の運転にも載りましたが、3列目への強い突き上げ、振動はそんなに感じなかったですね。広い車内がひたすら羨ましかった。。。

 

オデッセイ ハイブリッドの超ハイテク危機に刮目せよ!

f:id:outdoor-kanazawa:20160205223734j:image
停車中に撮影
 
オデッセイのメーターパネルです。
今回、真ん中に電池が表示されてます。これがバッテリー残量。
 
電池の右上に丸いマークが出てるのわかりますか?
これ、標識認識機能というもので、30キロ制限のマークが出てるんです!
 
ルームミラーの付け根についてる単眼カメラで標識をチェックし、道路標識をマルチインフォメーション・ディスプレイに表示してくれる、というわけ。
メチャクチャ便利です!
 
だって、この道いったい何キロだ?と思ったらメーターを見ればわかるんですから。
非常に有難いですよこれ。ハイテク過ぎて感動。
 
標識を見過ごしたとしてもディスプレイで教えてくれるので非常に便利!
 
 
Odyssey hybridのその他装備 
f:id:outdoor-kanazawa:20160205224439j:image
広々使えるぜアームレスト!
 
これ、便利なんですよね。三代目オデッセイにもありました。
 
うーん、これ上にあげて片付けてみたのですが、ウォークスルーするには少し邪魔かもしれませんね。
超楽チンなんですけど・・・我が家は赤ちゃんが2人いるので、スムーズに通行できる方が嬉しい。
 
ちなみにこのアームレストの下にシャッター付きコンソールボックスも付いてました。
試乗車はフルオプションの最上級グレード!
 
子育てには贅沢な品です。。。
 
 
ハイテクなサイドミラーに驚く!
最近の車に付き始めた機能、ブラインドスポットインフォメーションを体験しました。
ようは、右後ろや左後ろの死角、そこに車がいるとサイドミラーがパパっと点滅して知らせてくれます。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20160206000714j:image
バック時はミラー下のカメラが役に立つ
 
これ、気づかずに車線変更しようとすると、音で知らせてくれるらしいですよ。
 
僕は目視するのでそんなヘマしませんけどね!(多分・・・)
 
でもこれってすごく安心な機能じゃないでしょうか?
旅先で奥さんに運転変わるとしますよ?奥さんは当然、こんな大きい車の運転いやよいやよと拒否しますが、いざ運転してみるとオデッセイが色々とサポートしてくれるわけです。
 
レーダーで死角にいる車を知らせてくれる。
 
車線に沿って走るLKAS(車線維持支援システム)が運転をサポートしてくれる。
 
細い道を歩行者がいれば歩行者事故低減ステアリングが発動して、歩行者との衝突回避を支援してくれる!
 
高速道路でも車幅がわからない奥さんのために路外逸脱抑制機能が働いて白線内を走らせてくれる!
 
極めつけは衝突軽減ブレーキ(CMBS)が緊急時に作動して衝突回避してくれる!!
 
 
気付けば奥さんはノリノリでオデッセイハイブリッドを運転してますよ。
嫌よ嫌よも好きのうち、となるわけです。
 
 
f:id:outdoor-kanazawa:20160205230253j:image
そして、あなたはビジネスクラスのように広々とした2列目プレミアムクルードルシートに座り、オットマンに足を投げ出し、気分はもう社長。
 
イヨ!社長!
 
一家の大黒柱!
 
 
大好きなオデッセイに乗りながら景色を楽しむ。
 
吊り下げ式のテレビだって楽しめる。
 
暑ければトリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナーで快適なエアコンを楽しめる。
外が眩しければ、2列目大型ロールさんシェイドだってあります。
 
なんだこれ、
 
天国じゃないか!
 
 

走りはどう?オデッセイ ハイブリッド

ようやく乗車レポートに入らせて頂きます!
エンジンはボタン式です。個人的には、乗り物には鍵をさしてイグニッションON!といきたいところですが、この辺は時代なんでしょうね。
プレステの電源を入れるかのようにボタン ポチー です。少し寂しい。
 
 
 
営業さん「・・・もう動きますよ」
 
 
は!!
私、静かすぎてボーとしてました^_^;
 
 
エンジンは発電用と言われますが、いつ動いてるんだろう?とりあえず、無音です。
 
そしてブレーキを放し、ゆっくり前進。
少しだけ音が聞こえてきました。
でも僕の車のようなエンジン音じゃないですね。なにかモーターのような感じ?
営業さんは「これがエンジンの動いてる音です」と言ってました。うーん、変な感じ。
 
 
60キロまではエンジンとモーターで走る
 
巡行モードになるとモーターオンリー、アクセルを抜く・ブレーキを踏む で充電。
 
その辺は他の車と同じシステムですね。
試しに踏み込んで加速体験させてもらいましたが、CVTのような引っかかりはなく、アクセルペダルの踏み込みがダイレクトに伝わってる感覚。
 
いいなこれ、僕の車よりアクセル感がいいぞ。
 
 
東京なので飛ばせませんでしたが、V6 3.0Lエンジン相当のポテンシャルを是非試してみたかったです。
(地元の金沢だったら試させてくれるんだろな〜チクショーィ!)
 
 

発電用とバカにするな!2モーター!

f:id:outdoor-kanazawa:20160205231852j:image
出だしはエンジンとモーターのハイブリッド、巡行はモーターオンリーなEVドライブモード!
 
高速に乗るときや峠では発電用と揶揄されるエンジンがしっかり頑張ってくれます!
 
誰だよ!発電用、発電用とバカにする奴は!
 
すまん、正直ネットを鵜呑みにして加速悪いんだろなと思ってた。
 
だがしかし!
いいじゃん〜、いいじゃんこれ〜。想像以上に静かに強く加速してくれますよ!
 
えぇー?こんな図体デカイのになぜ?
 
ホンダのエンジニアはすごいわ。うん、あなた達はすごい!こんな最高な車を送り出してくれるなんて。もう、抱いて!
 

燃費と全国メーカー希望小売価格

HYBRID ABSOLUTE
 
  • FF7人乗り 24.4km/L  3,866,400円
  • FF8人乗り 25.2km/L  3,780,000円
7人乗りは2列目の座席が豪華だから、その分重いんですかね?
 
 
HYBRID
 
  • FF7人乗り 26.0km/L  3,646,400円
  • FF8人乗り 26.0km/L  3,560,000円
あれ?椅子関係ないのかな???
 
ちなみに上記は標準ベースの場合です。
これにさらに装備が追加されたEX Packageだと若干ですが燃費が下がります。
 
 
参考までにガソリン車のアブソルートだと?
 
  • FF7人乗り 13.6km/L  3,286,400円
  • FF8人乗り 13.6km/L  3,200,000円
  • 4WD8人乗り 13.0km/L  3,435,400円
 
このサイズと重量でこの燃費ってのがありえない。。。
恐ろしい子!
 
 
普通タイプのガソリン車だと?
 
  • FF7人乗り 13.4km/L  2,892,840円
  • FF8人乗り 13.8km/L  2,760,000円
  • 4WD8人乗り 12.8km/L  3,017,000円
 
意外にも8人乗り以外はアブソルートより燃費が落ちるようです。
 
 

最後にオデッセイ ハイブリッドの値段

 

オデッセイハイブリッドの報告、如何だったでしょうか?
思ってたよりも長文になったので、一旦ここで締めます。
 
次回は、
 
実際に見積もりした結果内容
 
について報告したいと思います。
 
値引きはいかほどか!?
 
合計金額はどう?
 
どのオプションを勧められた?
 
その辺りをセキララに報告したいと思います。
 
 
次の記事はこちら。オデッセイハイブリッドの見積もり、値引き金額について。
 
前回の記事のこちらもどうぞ。
 
追記

 

この試乗以来、自分の車がうるさく感じて辛いです。
あぁ、オデッセイハイブリッド、なんて素敵な車だったんだろうか。
妻によく言ってます、ハイブリッドは最高だったと。でも口で言ってもダメですね、良さが伝わらない。
今度は一緒に試乗して、良さを伝えたいと思います。
(ゆくゆくは購入へ・・・)
 
ブラインドスポットインフォメーションは超便利!
後日、また乗る機会がありましたがサイドミラーで死角の車を教えてくれるブラインドスポットインフォメーションはいいですね!
これ非常に便利だよ。
 
逆にうーん、となった機能は『歩行者事故低減ステアリング』かなぁ。
 
左折時に柱などあると、反応してハンドルがガガガガーとなるので。
慣れが必要ですね。
 
トータル評価は、買い!メチャクチャいいと思います!
 
トヨタのようにオラオラ系全開じゃないところに好感持てます。

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.