読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

スズキIGNIS(イグニス)の値引き額と試乗報告

車大好き
スポンサーリンク

〈試乗と値引きについて更新 2016年2月17日〉

こんにちは、隊長です。

嫁くんが旧式のSUVに乗ってます。

それ税金高いからそろそろ違う車にしない?と打診するのですが、頑なに「SUVじゃないと!SUVじゃないと!」と嫌がります。

なんでも車高がないと、段差に乗り上げた時に困るんだって。そういえば、僕のミニバンを運転した時に段差でガッツリやってくれたなぁ。。、

f:id:outdoor-kanazawa:20160217003714j:image 

嫁に合う車を探し続けて早1年

ホンダ党の僕としてはヴェゼルがイチオシ!

あれはいい車ですよ、Fitベースだけど結構広い。

燃費も良いし、車高も高めで見晴らしが良い。運転しやすいし嫁にピッタリじゃないか!ハイブリッドでも手頃な値段だからね。


でも嫁くんいわく、なんだか大きいから自信ないんだってさ!

えっと、君の車のほうが大きいのですが。。。


スズキのスウィフト?いえいえ、イグニスです!

CMを見てて知ったんだけどスズキで面白そうな車がでるらしい。

スズキといえば運転が超楽しい名車「スウィフト」を出してるメーカーだ。最近では軽自動車の「ハスラー」が大ヒットしてますよね。

 

ただ、バイク乗りからするとスズキってこれまた違う印象。

たまにとんでもない名機を生み出し、そしてよく珍しいバイクを生み出すメーカー、それがスズキ。変態的なバイクが多いため、スズキのバイク乗りはスズ菌とも呼ばれたりもする。いい意味でね。

 

そんなスズキが出すこのイグニスとはどんな車なんだろう?

サイズ的にちょうど良さそうなので調べてみよう。

f:id:outdoor-kanazawa:20160216092108j:image

参考:イグニス | スズキ

 

スズキ:イグニスのサイズをざっくり

車体

  • 全長3.7m
  • 全幅1.66m
  • 全高1.59m

室内

  • 長さ2.02m
  • 幅 1.36m
  • 高さ1.25m

 その他 気になる所

  • 最低地上高18cm
  • 燃費28km/L(4WDは25.4km/L)
  • 排気量1.242L

参考:イグニス HYBRID MZ 主要諸元 | スズキ

 

参考までにホンダのVEZEL(ガソリン)は?

車体

  • 全長4.3m
  • 全幅1.7m
  • 全高1.6m

室内

  • 長さ1.9m
  • 幅 1.24m
  • 高さ1.2m

その他 

  • 最低地上高18cm
  • 燃費20.6km/L(4WDは19km/L)
  • 排気量1.496L

参考:スペック・大きさ | ヴェゼル | Honda

 

 

 あ、あれ?^^;

 

なんだか・・・ヴェゼル君、狭い?

いや、イグニスが広いってこと???

ちょっとショッキングな比較結果になりました。

これは是非試乗してみたいと。

 

ちなみにトヨタでは来年C-HRというクロスオーバーが出る予定(噂)

プリウスのSUV版が来年出るみたいですね。

まだ情報が錯綜している段階なので、正解な情報はありません。そのうちトヨタディーラーで聞いてみます。

ただオデッセイハイブリッドの情報もなかなか降りてこなかったので、営業担当に伝わるのは結構ギリギリなんでしょうね。

気になる方は来年夏頃まで待ってみると良いでしょう。

 

トヨタのRAV4

車体

  • 全長4.33m
  • 全幅1.815m
  • 全高1.685m 

室内

  • 長さ??m
  • 幅 ??m
  • 高さ??m ごめん、見つけれなかった
その他

  • 最低地上高??cm
  • 燃費12.2km/L(4WDは11.8km/L)
  • 排気量2.362L

参考:トヨタ RAV4 | スペック・装備 | トヨタ自動車WEBサイト

 

RAV4は排気量が上記の車と別物ですね。

2.0Lを超えるようだと今の嫁CARとそんなに変わらないので、買い換えるメリットはないかな。

やはり1.5L以下のクラスを狙いたいところ。

 

発売日2月18日!

イグニス、面白そうな車がでてきましたね。

サイズ的には同クラスのクロスオーバー車と比較し若干小ぶりな感じ。でも、これちょうどいい気がする。特に都会だと有りなサイズと思えます。


そんなイグニスの発売日は2016年2月18日となっております。


スズキの思い出

スズキの車では過去にエスクードに乗ってました。マニュアル車なんだけど振動がすごいの。

信号待ちの時とかウゴゴゴゴゴーと揺れる。

なかなか過酷な車だったけど、今ではもう見ない角ばったデザイン、雪道でもへっちゃら4WDの足回り。そしてマニュアル!

男らしく、けっこう楽しいクルマでした。

 

そんな思い入れのあるスズキの新車、イグニス!

どんな乗り心地なのか楽しみですね。


さっそく試乗してきました!

f:id:outdoor-kanazawa:20160216234907j:image

ビックリしたよ。パンフレット貰いに行ったらあるんだもの。

「えぇー!?」と思わず大興奮。まだ動かせませんが、発売日に合わせてナンバーを取るそうです。運転してみたい!

外観
f:id:outdoor-kanazawa:20160216235247j:image
やはりこうしてみると小ぶりな感じ。
ハスラーがいたので見比べてみましたが、ハスラーの一回り大きい感じでした。まさしくコンパクトカーだなぁ。

でも東京に住んでるとこんなサイズが欲しくなってきます。ホンダのフリードなんて最高だと思います。
あのサイズが交通量の多い都会だと本当にちょうど良い。

f:id:outdoor-kanazawa:20160216235823j:image
比較対象はありませんが、車高はそれなりに高め。
これなら縁石に乗り上げても安心??

ちなみにわかりにくいですが、ルームミラーの所にはデュアルカメラが搭載。
f:id:outdoor-kanazawa:20160217002356j:image

日立が使ってるカメラですね。
ホンダの使ってる単眼カメラより性能が良いと噂されるがその実力は如何に?


室内
f:id:outdoor-kanazawa:20160217000043j:image
メーター位置はオーソドックスな正面。
やっぱりここが一番ですよね。

ちなみにこの試乗車にはありませんでしたが、HYBRID MZグレードにはハンドルにクルーズコントロールシステムが付きます。
設定速度は45キロ〜100キロ。速度低めの設定で下道を意識した作りになってます。

また同グレードにはハンドルにパドルシフトなんてものも付いてるので、運転して楽しそうですね。


f:id:outdoor-kanazawa:20160217001157j:image
小さい車内をできるだけ広々座れるようトランクスペースは狭い印象。
しかし座席を倒せばゴルフバックくらい搭載可能。

うーん、アクティブな印象の車なだけに、遊ぶギアはたくさん積みたい!
今度行った時はトランクも開けてCHECKしておきます。

ちなみに後部座席は左右独立式のスライドです。
f:id:outdoor-kanazawa:20160217001719j:image


助手席とは近くもなく遠くもない。
f:id:outdoor-kanazawa:20160217002539j:image

このくらいがデートで使うのにちょうどいいと思うんです。
僕のミニバンは広すぎるので、女の子を乗せても遠いのなんの。はぁ・・・


試乗感想

まだ走ったわけではありませんが、サイズ大きめな僕が座っても狭いとは感じませんでした。
軽自動車より一回り大きいので、窮屈さはありませんでしたね。

アクセル・ブレーキの踏み込みも窮屈感なく踏めました。
ただし幅広な靴を愛用してる人は注意が必要かも。あくまでも窮屈さは感じないが、決して広いわけではないので。

後部座席との距離感が気になったかな。
大人4人が座ると圧迫感ありそうですね。
女の子3人と乗るのならパラダイスな車だと存じます。


メーカー希望小売価格

全車体の金額は後日書きますが、一番グレードの良いタイプHYBRID MZでこんな感じ!

2WD
1,738,800円

4WD
1,875,960円

こちらで、デュアルカメラ、誤発信抑制機能、ふらつき警報など他機能を含めた価格です。

全方位モニター付きメモリーナビゲーション装着車はプラス142,560円です。

これかなりお得な価格だと思う。下のグレードとは14万円ほどの差なので、一番上のこのグレードが売れると推測。


気になる値引きは?

今日行ったスズキ販売店は笑いながら「全然できませんw」と言ってました。
んー、本当かなぁ?^_^

できても端数くらいでしょう、と言ってましたが、試しに次回は見積もりを貰ってみます。
できたら今週の金曜!

今回のまとめ

ディーラーに行くといきなり実車が置いてあったから驚きました。
近日中に再訪問して試乗してきます!

カタログ見てるとカラーも豊富でいいですね、オレンジなんて可愛らしい。
f:id:outdoor-kanazawa:20160217003938j:image

現状をまとめるとこんな感じ
  • けっこうコンパクトカー
  • 値段が良心的
  • 排気量は1.242L(1.3L)
  • 全車ハイブリッド
  • プリウスのような電気で走るイメージと異なり、エンジンのサポート的なハイブリッド
  • トータル的に1.5L相当のパワーが出る
  • 燃費28km/L(4WDは25.4a)
  • デザインが良く嫁が気に入ってる

近日中に続報をアップします。
すでに運転もしてきました!

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.