たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

【LOEWEって?】貧乏家族が高い財布を買っていいのか?

スポンサーリンク

嫁くんの財布が雑誌の付録の袋です。

見ても「ペンケース?」と思っちゃうような、中学生が持ってそうなチャックの袋。

財布は財布であるんだけど、随分昔に買ったやつらしくボロボロでさ、持ち歩いてるけど普段使いとしてはチャチなペンケースを使ってるみたい。

 

なんでこんな話しを書いてるかって言うと、長財布だと年収が上がるとかそんな記事の話をしたから。

年収が1.5倍になった「私のお財布の法則」 実践した3つのこと ~主婦の金バナ(20)~ (マネーの達人) - Yahoo!ニュース

 

ここにこんな話が書いてある。

そして導き出したのが、「年収200倍の法則」だ。

たとえば、2万円の財布を使っている人ならば、その人の年収は400万円。3万円の財布を使っている人ならば、600万円。

財布の購入価格 X 200 = 年収

その話を嫁にすると、

「だから私の財布は付録なのか!」

と納得してた。

 

そしてピン札で5000円をたくさん用意するって話。

亀田さんは、お財布に5千円札の枚数が一番多くなるように入れておくことも心がけているそう。

「私にとって1万円札は『大将』。最前線に立っていたのではすぐに崩されてしまいます。そこで家来の5千円札を手前に配置し、踏ん張ってもらっているのです。」

これを聞いて嫁くんは

「私もそれしたい!」

 

うむ、なら買いに行こうか。ちょっといい財布買ってもバチは当たらんでしょう。

 

ルイヴィトンで感じる俺カースト

言っちゃなんだけど僕は稼ぎが超少ないんですよ。貯金せにゃあかんけど全然できてない。

これまで一人暮らしだったから良かったけど、家族を僕の給料で養うなんて超ムリゲー。

 

とはいえ無理でもなんとかやらないといけない。

なので僕の身なりは数年前から全然変わってない。服なんて全然買えない。幸いにもアウトドアウェアは物がいいので長く着れそうだけど。

 

嫁くんも育児で服は汚れる、高い服は着れない、イオンやアウトレットで安い服を買うだけ。

申し訳ないなーとは思うけど。

 

でね、いい財布ってことでなんとなーくルイヴィトン行ったんですよ。それからLOEWEって店、知ってる?ロエベって読むみたい。

グッチ、これGUCCI。そんでコーチ、COACHだったかな。ついでに金沢にあるポールスミスとあそこ、名前なんだったかなー、若者に人気のー・・・ビームスだ!

 

適当にフラフーラ見てたんだよ。

最終的にルイヴィトンとLOEWEの2つに絞れたんだけど、そこで息子達の我慢がオーバー。

2人して店内を駆けっこしだして。。。

 

うん、まぁすまんかった。1歳と3歳だ、退屈だったろう。辞めなさいと言っても停まらない。

客は少ないけど、それでもこんな店で子供がワーワーうるさいのはダメな気がして。

 

客はほとんどいないと言ってもスーツを着たお客さんとか、あとー・・・あれ、その1人しかいないや。

でもさ、よくよく考えたら場違いだ。

貧乏で薄給な僕のような人間がこんな場所にいるのはおかしい。よくよく考えればデパートにいる客層はみんな小綺麗なんだよ。

なのにうちは・・・・・・ダメダメじゃないか。

 

こんな底辺な自分が、みすぼらしい自分がこんな場所にいてはいけない。

お金持ちな人たちの邪魔になってしまう。

限界だ、帰ろう。人には順位があり僕はその底辺なんだ。

 

結局嫁くんは財布を買えなかった。

どれにするか悩み続けて、今も隣の布団で寝ながら財布を調べてる。ロエベっていうブランド財布にしたいらしいけど、ロエベって何?40代か持ってても大丈夫なとこ?

 

買ったとしてもトイアンナみたいな人がdisってきたらどうしよう。そうなると僕はもう精神的に立ち上がれないだろう。

 

貧乏だと希望が持てない

たまに心が折れるとネガティブな考えがずっと続く。延々とそれを嫁くんに言うのだが、こう返された。

 

「君はお金に執着しすぎる」

 

「お金が1番大切ではない」

 

そう言ってくるけどそんなことはない、お金が1番でしょうよ?

 

僕はかつて仕事で心がポッキリ折れ、残業のない給料の安い仕事についた。昔から何も考えずにダラダラ流されて仕事してきたツケがこのザマだ。

嫁くんには底辺な暮らしに巻き込んで申し訳ないと思う。お金持ちな人とならもっと良い暮らしで幸せだっただろう。

 

「君しつこいからそれブログに書いたら?」

 

「優しいみんなが励ましてくれるよ?」

 

そう言ってくる。嫁ェ・・・

 

わかる、わかってる。優しいヘソチャ先生とか

「何言ってんだろうねこの人は」

とフォローの言葉をいつもかけてくれる。

でもね、やっぱり思うの。あのような高級ブランドショップに行くと身なりのいい人がいて、柔らかそうなストール巻いてて、高そうなコート着てブーツ履いて。

とても眩しい。外車乗ってそう。

 

こちらはもうボロ車ですよ。

子供の服は貰い物ばかり。嫁くんの服はアウトレットやイオンばかり。生活も大変だし、今後どうなることか。希望が見れない。

 

で、LOEWEの財布っていいの?

嫁くんがさ、さっきからスマホで財布見てるの。

7万とかするみたいだよ。そんな値段、パソコン買えるやん!と思ったけど言うのは辞めとこ。

 

前々から財布欲しいと言ってたから買ってあげたい。高いものを欲しがらない人だから、今回は買ってあげたい。でもロエベってブランド全然知らない。

 

知ってる?小さな革製の象やパンダが五万くらいで置いてあったよ。いったい何屋さんなのか???

 

そもそも僕のような貧乏人が高い財布買っていいのだろうか。分相応にイオンの財布にした方がいいのだろうか。

 

嫁くんは言う。

  • 君はお金持ちを見たことがあるの?
  • お金持ちな人ほど質素な生活してるよ?
  • 毎日お寿司なんて食べてないよ

 

いいや、そんなはずはない。

僕は知ってる、お金持ちは高そうな服と、いい車と、あと美味しそうなお店で外食三昧。パソコンはmac、子供はミキハウス、テレビは大画面、部屋は広く、仕事はやり甲斐のある仕事、私服通勤、夜は好きなだけネットでレンタル映画を観るのさ。これ全部予想だけど。

 

そんなわけで今日は歪んでしまい暗い気持ちでしたが、久しぶりに餃子食って飲んでたら心が少し晴れました。

f:id:outdoor-kanazawa:20170110235827j:image

 

財布・・・使ってて年相応な恥ずかしくない物を買ってあげたいなぁ。

 

隊長でした、ほんだばね。

 

続きあるよ!

【LOEWE!】妻にロエベの財布をプレゼントしました! - たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.