アウトドアINFINITY キャンプ道具から登山道具をレビューするブログ

キャンプ道具から登山道具などレビューします

アウトドアinfinity

お手頃価格?望遠レンズはゲーム好きにとって面白いアイテムとなる

こんにちは、隊長です。 

僕の愛用してる一眼レフα57。 
元々、アウトドア用コンデジを使ってたんですけど、登山中に落としてレンズに傷が入ったので買い替えました。

f:id:outdoor-kanazawa:20151027082021j:image
 
一眼レフって最高ですね。面白い!
構図や明るさでだいぶ印象が変わります。
 
どこにでも持って行って嫁くんを被写体に練習してたよ。気分はなんちゃって芸術家。
 
そんな折に誘われて行った姪の運動会。
これがねぇ、標準レンズ(↓これ)だと距離が離れすぎてうまく撮れないんですよ。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20151027081354j:image
DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM SAL1855
本体とセットで付いてきたレンズ
 
うーむ、撮れども撮れども姪の顔が小さい。 
 
もっとしっかり撮影できれば・・・と思い調べたところ、もっとズームできるレンズが安売りされてるのを発見。
 
 
SONY DT 55-300mm F4.5-5.6 SAM SAL55300 
安売りで26000円。 保険など入れて29600円くらい。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20151027082559j:image
さっそく購入。
 
使ってみるとさすが300mmのズームは凄い!
今まで使ってたレンズは55mmだったので約6倍のズームになります。
もはやこれは望遠鏡じゃないか!と感動したけどよくよく考えると原理は似たようなものですね。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20151204082327j:image
レンズの数もそこそこ溜まってきたので、それぞれの望遠の違いを書いていきます。
 
望遠買うならこのあたりが良いと思われる。評価も高い。
 

焦点距離と写真の比較

標準でついてたレンズからいきましょう。
コンパクトなので使いやすく、画角もオールマイティで使いやすい。さすが標準レンズなだけあって扱いやすい思えるレンズです。
※撮影場所は石川県庁19階の展望階
 

18mm(35mm換算で28mm)標準レンズ

f:id:outdoor-kanazawa:20151204083708j:image
さすが広いです。というか充分広いんじゃない?
最近は単焦点ばかり使ってるけど、標準レンズでこれだけの広角は魅力的。
 

35mm(35mm換算で54mm)単焦点レンズ

f:id:outdoor-kanazawa:20151204084914j:image
単焦点レンズに切り替えて撮影。いつも画角が狭いなと感じてましたが、標準レンズの最大広角と比較するとやっぱり狭い。
 

55mm(35mm換算で84mm)標準レンズ

f:id:outdoor-kanazawa:20151204084057j:image
同じ標準レンズで見た18mmとは全く違う景色になります。こんなズームできるとは。標準レンズのポテンシャルは凄いですね。
 

200mm(35mm換算で307mm)ズームレンズ

f:id:outdoor-kanazawa:20151204085501j:image
ダブルズームレンズキットについてくるがこちらのレンズです。35mm換算で307mm、
ちなみにあの大きな建物はホテル日航金沢です。昔魚の配達で上まで行きましたが素晴らしい展望でした。
 

300mm(35mm換算で460mm)ズームレンズ

f:id:outdoor-kanazawa:20151204085933j:image
見た目はそこまで200mmと変わりませんが、山で鳥などを撮影する時に威力を発揮してます。ただ、ズーム過ぎるので少しの手ぶれで目標を見失います。
あとズームにすると暗くなるので、マニュアル撮影時の明るさの調整は必須です。
 

デジタルズーム

さらにデジタルズームを利用するとこうなります。
f:id:outdoor-kanazawa:20151204181852j:image
ものすごく、ズームです。ただ、ファインダー覗いてるとひたすらブレます。三脚を使わないと厳しいです。ちなみにデジタルズームはどんなものかと言うと、スマホのカメラのズームのようなものです。画面をズームしてる感覚ですね。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20151204210504j:image
これが
f:id:outdoor-kanazawa:20151204210626j:image
ズームして
f:id:outdoor-kanazawa:20151204210657j:image
ここまでズームされます。面白い。
 

気分はもうスナイパーw

18mm(35mm換算で28mm)標準レンズ
f:id:outdoor-kanazawa:20151204182201j:image
普通のレンズならこんな感じ。
 
35mm(35mm換算で54mm)単焦点レンズ
f:id:outdoor-kanazawa:20151204182326j:image
単焦点も差はありません。まぁこれは接近戦向けのレンズですからね。
 

55mm(35mm換算で84mm)標準レンズ

f:id:outdoor-kanazawa:20151204182716j:image
ノーマルレンズの最大望遠。遠くのものを写せますが、被写体が遠すぎる!
 

200mm(35mm換算で307mm)ズームレンズ

f:id:outdoor-kanazawa:20151204182819j:image
ズームレンズは便利です。1本持っておきましょう。
 

300mm(35mm換算で460mm)ズームレンズ

f:id:outdoor-kanazawa:20151204182917j:image
300mm、手持ちズームレンズの最大でもここまで。
 

300mm(35mm換算で460mm)ズームレンズ+デジタルズーム

f:id:outdoor-kanazawa:20151204183015j:image
デジタルズームを合わせるとこうなります。
最初の18mmと比較すると何も見えなかった対象物が人の顔がわかるレベルまで撮影可能になります。まぁ、デジタルズームを最大まで使うと画質が落ちるのが欠点。。。
 
ズームなんていつ使うんだと思うかもしれませんが、月の撮影もなかなか面白いものですよ。あとはやっぱり遠くで遊ぶ息子を撮影したり、近寄れない動物を撮影したり。
 
僕はロードバイクのレースでも撮影してみましたが、あまりの迫力にぶつかってこないかと何度もカメラを下ろししまいました。ズームレンズはそのくらい迫力があります。
 
 

次に買うなら?

標準レンズ、遠くを撮るためのズームレンズ、遊べる単焦点レンズとレンズが揃いました。
次は超広角レンズを狙いたいですね。魚眼レンズも楽しそうですが、あれは本当に遊び用になりそうなので。
 
超広角ならこのブログでも役立ちそう。
このあたりが欲しいです、けど思った通り結構な値段しますね。

超広角レンズを買いました!レビューはこちら。

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMの使用レビュー『永平寺』

 

望遠レンズはゲーム好きピッタリ

家族が増えるという理由で選択した一眼レフですが、こんなにも楽しいものだったとは意外でした。登山仲間も一眼レフを持っているので、これからの撮影会が非常に楽しみです。
 
いろんな楽しみ方ができるアイテムだと思うので、まだお持ちでない方はまず初心者向けの一眼レフなんて如何でしょうか?
そこまで値段も高くないのでオススメです。

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.