たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

【獅子吼山】登山で心もリフレッシュ!高い秋の空、凛とした空気、人間としての力を発揮しよう

スポンサーリンク

知ってました?このブログはアウトドアがテーマなブログなんです。

書いてる本人が忘れてました。タハー

 

そんなわけで、ちょっと時間もできてきたので登山へ行ってきました。

登山、したことあります?

いいですよ〜登山は。

 

新鮮な空気

 

自分の体力と相談しながら進む山道

 

アスファルトと違う足の感覚

 

草木を眺めながら汗をかく

 

もうね、行けば行くだけ明るい人間になるような感じ。

元気チャージMAX、テンションUP!

だから登山へ行きましょう!君も行きましょう!

秋の山は一気に寒くなるので相応の服が必要だけど。

登山で得られる人間力

登山は安全かと聞かれると、うーん...です。

登山道は整備されているけど、根っこに乗り上げ足を滑らすこともあるし、岩場で足を滑らせ膝を打つこともあったり。

 

でも自然と耳を済ませて五感を研ぎ澄ましてる状態になります。

怪しいガサガサ音は聞こえないか、上から石の転がる音は聞こえないか、感覚で周囲を探知しようと人間本来の力が湧いてきます。

これは安全な街の中にいると使わない力、街を歩くのと山を歩くのは集中力が全然違います。気が散るものが山にないってのもありますね。

 

服でモチベーションを上げよう

好日山荘や石井スポーツ、石川県だとオクトスなど、登山ショップでアイテムを眺めてると心が踊ります。

工夫と技術で進化してきた登山道具、そして文字通り命を預ける登山ウェア。

この登山ウェアを怠ると痛い目にあったりします。

 

無知な頃に綿の分厚いTシャツで登ったところ汗冷えから体温をガツンと奪われました。綿は登山だとタブー、暖かいけど濡れるとなかなか乾かない。休憩タイムでは一気に体温を持ってかれました。

 

その後いろんな登山ブランドのウェアを試してたどり着いたのがこちら。

マムートの登山ウェア、これは吸水性と速乾性が非常に優れるので重宝してます。臭くならないのもポイント。

 

登山道具はどこいった?

いつも道具が散らばってしまう僕の悪い癖。

嫁くんにお願いして道具を出してもらいます。

 

ほとんどが実家に置きっ放しですがバーナーはかろうじてありました。

今回はこれでソーセージを焼いた昼食にしようと思います。

ナイフは山の神様むけのお守りです。

 

今回は久しぶりにハイドレーションを使用します。

これがあれば水分補給を適切にできるのでバテにくくなります。

登山ではこまめにちょっとずつ水分補給しましょう。

 

ザックに収納。

毎回ザックが10kgを超えるのはなぜだろう。。。

 

なお、濡れて困る物や衣類はこのスタッフバックに入れましょう。30Lはかなり大きいサイズなので重宝してます。

過去、雨でずぶ濡れになった時、予備の服まで濡れて山小屋で大変だった経験があるので防水袋はメチャクチャ重要っす。

 

今回は雪山ではないのでこちらはお休み。

これがあると雪が登山靴に入ってこないので便利なんです。たしか1万くらいしたはず。たけ〜

 

獅子吼山へ登山スタート

僕のホームタウンは石川県の獅子吼山。

標高が低く、1時間程度で登れます。

 

パラグライダーもやってるので、疲れたらゴンドラで帰ることも可能です。

実家の近くなので独身の頃は毎週登って特訓してました。

 

さて、登山口に到着したのですが・・・

 

あれ?工事中?

 

 

高所恐怖症なのに工事現場の鉄骨を登ることに。

立ち入り禁止を無視して突っ切れば良かったと後悔。

 

ほとんど垂直の階段登るの怖かったよ!

 

立ち入り禁止の工事現場の方を見ると・・・

 

普通に通れるやないの。。。

 

かたや僕の通った道は

 

垂直に登るのメチャクチャ怖かった!

帰りはゴンドラにしようと登山前から決心したのであった。

 

数ヶ月ぶりの登山はしんどい!

ここで気づきました。

 

登山靴を忘れてきた

 

ダメですね、久しぶりすぎて靴を忘れるなんて。

仕方ないので普段から履いてる靴で登ります。

 

 

こうして歩くと普段の靴でも問題なく登れることがわかります。

トレッキングシューズは素晴らしいですね。

ソールがそれなりに凸凹あるタイプを選びましょう。目が詰まってる靴は山だと滑ります。

 

 

 

緑と陽の明かりが素晴らしい。

綺麗な景色の連続で感動しちゃいますね。

 

ゴアの防水タイプなので水たまりもOK!

 

 

続きます

アマゾンセールなのでここまで!

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.