読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

夢とか生きる意味を考えてたらネズミ講に引っかかりそうになった話

スポンサーリンク

まず最初に、こんな言葉を聞いたらすぐに飛びつかず周りの人に相談しましょう。

  • まだ日本でやってる人は少ない
  • 今やれば儲けれる
  • 外国では既に流行ってる

これ、どんなネズミ講でも使ってるフレーズ。そもそもそんな楽に稼げる道は存在しないと考えよう。

 

これは隊長の若い頃の話、まだあの時は目がキラキラ輝いており太ってもいなかった。

22歳くらいかな〜。ガキンチョな僕です。

夢とか生きる意味を求めてしまう若者の話

場所は東京、最初の就職先が東京だった僕は初めてみる大勢の人と、何か素敵なことが起こりそうな雰囲気に毎日ワクワクしていた。

 

しかし仕事は退屈、退社が夜中0時を回ることもしばしば。なんのために生まれて何をして生きるのかと某ヒーローソングのように本気で悩んでいた。

 

減らない仕事、たまるストレス、消える食欲・・・

友達もいない東京でなんだかなーと思う日々。

 

しかしその時代にはメールアドレスとプロフィールを載せておけば他人と交流できるサイトがあったんだよね。メル友募集、みたいなあれ。

それを利用してたら同じ音楽趣味だという男からメールが届いた。

 

その後数回にわたって音楽の話などたわいもないやり取りをした後、男から会ってみようとメールが来た。

 

夢を追いかける、キラキラした世界観を話す、世の中の社会人をdisる、こっちの芝は青いぞと勧めてくる

その男のメールにはよく

「社長がすごい」

「とにかくすごい」

「車がナンチャラ(忘れたけど外車)」

そんな話が書いてあった。社長に会えて生まれ変わった最高ヒュー!そんな内容ばかり。

 

若かった僕は別に何も思わなかったけど、暇なので一度会ってみることにした。

 

場所は渋谷、待ち合わせ場所に行くと知らない男もいた。金髪の男、僕は「聞いてないぞ?」と思いつつもメールの男について行った。

 

目がキラキラし過ぎて気持ち悪い連中の集まりだった

連れていかれた場所はワンフロア貸切の飲み屋さん、オシャレな雰囲気の店だった。

たくさんの人がいる、多分僕同様に連れてこられた人も多いのだろう。

 

なんか変な場所だなと思ってたら司会?の若者が現れ、夢を語り始める。

保育士になりたいけど給料低くてやってられない、でもここの出会いで生まれ変わった。そんな事を話してる。

要するに、ここでお金儲けの方法を知ったおかげで金を稼げて夢に近づけたと話してる。

そしてみんなで拍手。

 

なんだこれ?

これが都会の飲み会なの?

 

成金ぽい社長登場、コテコテやん

ここで盛り上がりは最高潮。1人だけオッサン、かなりのオッサン。でも金持ってるのは見た目でわかる。

 

そこでいい加減変だなと思えてくる。

みんなの目が変なんだよ。僕と金髪はなんだこれ?って感じで目配せしてるんだけど、周りの連中のテンションが異常に高い。

あと目つきが変なんだよ、憧れの対象を見るかのように、ギラギラした視線をそのオッサンに送る。

 

これは・・・もしや宗教に来てしまったか?

 

そう感じたけど後で間違いとわかった。

これネズミ講でした。

 

社長の成金パフォーマンスも、やたら高級外車で登場するのもバカな僕らに夢みさせて煽ってるんだろう。

 

次のカフェでの勧誘が本番

ここでちと偉い立場なねーちゃんとメール男と金髪と僕の4人がひと席に集まり話を聞く。

 

「体に優しい化粧品を売っている」

「海外では流行ってるけど日本には来たばかりの販売方法だ」

「今始めれば確実に儲かる」

「会員登録料に毎月1万円かかる」

「やることは、こうやって人を連れて来るだけ」

 

こんなイラストも描いてくれた。

f:id:outdoor-kanazawa:20170204185702p:image

 

いや、これめっちゃネズミ講やん!(汗

 

でもそのおねーさんは言う、

「これ見てどう思う?ネズミ講みたいに見えるよね、でもこれは違うのよ」

 

結局メール男は隣でウンウン頷いてるだけだった。なるほど、こうやって人を連れて来る仕事なのだ。

僕はガッカリした気分でそこでお断り。「やりません」と伝えそこから退場。

金髪は「やります」と言ってた。おねーさんはもう僕を無視、金髪とだけ仲良く話す。なんだこれ

 

夢を追いかける、夢中になる仕事に就ける人ばかりなの?

そりゃ仕事するんだったらさ、夢を追いかけたり、夢中になれるやり甲斐のある仕事に就きたいよね。

 

なんのために生まれたのか。

なんのために生きているのか。

そんな事を考えてた時期もありました。

 

ネズミ講の連中は幸せそうだ。

目がキラキラ、明るく楽しそうな仲の良さそうな仲間達。夢を追いかけてる、なんて言っちゃう。

 

転職か、それもいいかもな。

 

ま、結局僕はそのまま方向転換することなく、先輩や地方の友達に話して「俺も同じこと言われたわw」とあれが連中の手口なんだと知るんだけどね。

 

転職勧める系のブロガーを見てるとネズミ講の連中をよく思い出す

転職関連の検索ワードで上位を取り、ノマドの生活はいいぞ〜夢を追いかけるって素敵よ〜ときらびやかな自分を見せつけ、そして転職アフィへと誘導する。

転職サイトに登録されればこっちのもの、お金が入り込んでウマウマ。

 

仕事って楽しいものなんだっけ?

その仕事に楽しさを見つけれるかどうかだと思うんだよ。

 

どんな仕事でも、そこに見つけれるかどうか。見つけれる人はどんな仕事に就いても楽しい部分を見つけれるだろう。

 

じゃー見つからない場合は?

結局どの仕事に就いても「つまんねぇ、これは俺の仕事じゃねぇ」って感じるよ。

 

そもそも仕事ってそんな楽しいもんじゃないと思うのよ。そりゃ世の中には楽しい最高ヒュー!と感じてる人もいるだろうけど、大多数の人はそうじゃない、仕事は仕事、遊びは遊びと割り切って働いてると思うのね。

仕事せにゃ生活もできないんだから。

 

綺麗事言ってさ、今の生活サイコーと言ってさ、転職アフィへと誘導するのは悪いことじゃないけど、どーしてもあの頃のネズミ講を思い出す。

あいつらの目はキラキラ、じゃなかった。あれは金を追い求めるギラギラ視線だ。

 

夢とか、生きがいとか、そんな言葉をぶら下げ転職アフィへ誘導する。ネズミと転職で中身は全然違うけど魅せる手口は同じなんだよ。

 

だから夢とかそんな話を大々的に語る大人は胡散臭い。若者が言うならわかる、ブロガーでも若い20代が言うなら非常にわかる。

でもいい年こいた30過ぎの男が青臭いキレイ事を言ってるのを見ると「うわ〜っ!」てなる。

僕と似たような年齢の人が青臭いキレイ事語りながらアフィに誘導してるの見ると「嘘クセー!」ってね。

 

よく似てる、まだ何も知らない若者相手に『夢』というエサをぶら下げ会員登録を勧めるあのネズミ達と。

 

仕事は仕事、遊びは遊びの切り分け大切

別にいいじゃないの。仕事に夢や生きがいがなくても死にはせん。仕事は金を稼ぐ手段、生きがいは私生活で見つけなさい。

見つからないなら登山なんてどう?おいら、本当は生涯独身で長野に住み登山しまくるつもりだったんだから。登山は最高だよ、ファンタジーだよ、一生かけて楽しめるよ。

 

変に夢を追い求めるからマルチに引っかかりそうになった私です。

夢なんて無くてもちょっとした楽しみがあれば人は幸せに生きていける。そんなささやかな楽しみが生きがいに育ってくかもしれない。

 

変なブロガーの繕ったきらびやかな生活、そんなものに騙されないで。

愚直でいい、つまらないサラリーマンでいい。

世間知らずで夢ばかり見てるとつまらない連中の落とし穴に落ちてしまうから気をつけましょう。ネットだと簡単にそんな落とし穴に触れてしまうからね。

 

いい年こいたオッサンがキレイ事言うのも辞めよう。綺麗事は青春ソングだけで十分だぜ。

以上、ちと珍しく3000文字書いてしまった隊長でした。ほんだばの!

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.