たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

3人の子供たちに囲まれアウトドアを楽しむ隊長です。登山からBBQにキャンプまで、ワクワクするニュースをお届けします。

新型ジムニーのレビュー!燃費悪い、車内が狭い、うるさい、万人にオススメできるか?

こんにちは!隊長です。

けっこう前なんですが話題のジムニーに乗ってきました!

新型だぜ〜、20年ぶりのモデルチェンジらしいですね。

 

ジムニーってかっこいいんだよな〜。

若い頃はなんでこんな小さい軽自動車をみんなカスタムしてるんだろうって思ったけど、今となっては「イイネ!」街でカスタムジムニーを見かけるたびに親指立てたい気分です。

 

隊長とジムニーのお話

あ、ごめん、いきなり興味の失せるテーマですね。

でもちょっと聞いておくれよ。

昔はさ、ジムニーって煩い・狭いで女性に超不人気な車だったわけですよ。

乗り心地も超悪い。従兄弟のジムニーに乗ったことあるけど疲れるのなんの。

(従兄弟は狭くて猟銃を乗せにくいとボヤいてました)

 

そんなジムニーですが今じゃ超人気なんだよ。

なぜ?デザイン?それとも性能?

ディーラーいわく、女性の購入者も多いとな。

うーむ、デザインと性能かなぁ。。。

 

そんなジムニーですが山ではけっこう見かけます。

山と言っても普通には入れないエリア・・・そう、本気の山道です。

 

ここだけの話、隊長の若かりし頃は人の来ない山(立ち入り禁止とも言う)にオフロードバイクで突入し、死と隣り合わせな道を走り楽しんでおったのだ。

そこでよく会う猟友会が大抵ジムニー、スズキのジムニーなのである。

 

なんでこのオッサンらはみんなジムニーなんだろう?そう思ったけど、ジムニークラスじゃないとあんな荒地は走れない。泥・わだち、瓦礫、小さいけど走破性の高いジムニーだからこそ走れるんだよ。

そんなオーバースペックなジムニー、さっそく試乗してきたぜ!

 

魅惑の衝撃吸収ボディ!

 

エンジンルームを見て感じることがある・・・

 

なんかスカスカやん?

 

そう、ジムニーはよくある軽自動車のように車内空間を広々させるためにエンジンルームをキツキツにしていない。

これね、けっこう衝撃ですよ。僕はけっこう試乗してはエンジンルームを見せてもらうんだけどさ、軽自動車でこんなにゆとりある車種は珍しいと思う。

 

つまりだ、

ジムニーは車内の空間を捨てた!

 

いやこれでいいんだよ、これでいいんだって。最近の軽自動車はやたら広大な車内空間をアピールするけどさ、全部が全部それを目指さなくていいんだって。

取捨選択、車には何かしら尖った部分があればいいの。

 

ちなみに、

ジムニーは燃費も捨ててるw

 

燃費はATの市内でリッター11km、高速で14kmだからね。

何年前の燃費だよ!って思うじゃん、でもそれでいいの。

それがジムニーなんだもん。

 

 

車高あります。

地面から20cmの高さ、普通の車は約15cmなので、一般車より5cm高いわけです。

 

 

丸い目が可愛い。

上位クラスのXCだとヘッドランプウォッシャーが付きます。

 

 

最近じゃ珍しいスペアタイヤを背負うタイプ。

なんだかこのスタイルも可愛く見える不思議。

 

ボディは歩行者とぶつかっても大怪我させないよう衝撃吸収するフェンダーを採用。

 

大きな特徴:ラダーフレーム

ジムニーといえばこれだよね、ラダーフレーム。

ランクルやJeepが採用してるハシゴ型のフレームなのです。

 

こんなやつ。ここにエンジンやら居住スペースやらを合体させるイメージ。

これね、乗り心地悪いしボディの頑丈さは弱くなるんですよ。

ボディは普通車のほうが上だったりするの。でもラダーフレームはどんだけボディがグシャッてもフレームが無事なら走れる頑丈さがある。なので本格SUVにはラダーフレームなわけです。

最近は普通にボディ剛性が強いので差はなくなってるかもしれないけどね。

 

車内は男らしい作り

 

光が差し込みにくい形状のメーター類。

反射しないよう作ってるとのこと。

たしかに走行中は光が入って見えにくいことはなかった。

 

 

シンプルな構造。

地上高が高いため見晴らしはかなり良い。

正直、かなり運転しやすい車でした。

 

 

大型ミラー。

左のサイドミラー下には死角軽減のためホジョミラーが付いてた。

ちなみに最低グレード以外はヒーテッドドアミラーになります。これは超便利。

 

 

なぜかウィンドウ開閉スイッチは中央にあります。。。

ドアをなるべくシンプルにして、自分でカスタマイズしやすくしてるとか。(本当かどうかは不明)

スイッチは手袋したままでも操作しやすいよう大型の作り。

 

 

最近の車は全部エンジンがスイッチなんだよね。

鍵を回すのが好きなのでちょっと寂しい。。。

 

 

長時間は絶対にしんどいであろう後部座席のシート。

 

走行中はうるさい・ターボ意味なし

ターボ意味なしはちょっと言い過ぎですね。

この車、重いんですよ。1,040kgありますから。

ハスラーで870kg、nboxだと980kgとか。

その重さをカバーするためのターボなのです。出だしがスムーズに進むためのターボなのです。なので間違ってもビューン!と走るターボをイメージしてはいけません。

えぇ、加速もまぁ普通でした。。。

 

あと走行中はうるさい!

運転してると音がちょっと気になるかな。ディーラーさんが言うにはこれでも静かになったようだけど、僕にはちっと煩い印象。

 

まぁジムニーですからね、そんな車です。

 

ジムニーの納期は1年半!

ネット見てるといろんな情報でてるけどジムニーは1年半、シエラ(ジムニーの普通自動車タイプ)は1年の待ちだそうです。

シエラならまだ早く乗れるぜ!!!

 

てか大人気なんだなー、最近のスズキはすごいじゃないの。ハスラーも爆売れだし、クロスビーも可愛いし、満を持して登場したジムニーは爆発的な人気。

スズキさん、すごいっす。

(バイクだとちょっと変わったイメージのメーカーなんだよ)

 

万人におすすめはしない車

いやー、書いていいのかって感じだけど。

メチャクチャ売れてるけど、僕としてはあまりオススメしないかな〜

燃費悪いし、車体が特別頑丈なわけでもないし。あ、軽にしては頑丈なのかなー、うーんって感じ。こういったSUVタイプの車は事故っても生き残りやすいって話をネットでちらほら見かけるけど。

 

このジムニーでさぁ遠出しよう、高速道路に乗ってドライブしようってなるか?

いや、ならないな。。。

目的地へ向かうのにこの車で遠出は不向きだよ。

燃費悪い、走行音がうるさい、乗り心地も特別いいわけじゃない

 

軽に乗る人って維持費を安く抑えたい人が多いんじゃないかな。

だけど車内はできるだけ広くしたい、ゴージャスにしたいって理由でnboxを筆頭にトールな車が売れてるんだと思うんです。

そこと真逆を突き進むジムニーはどうなんだろう。。。

 

そこまで燃費気にしません、遊びに使うからいいんですって人にはピッタリだと思うんだけどね。でもそれならホンダのN-VANをオススメするよ

あっちは寝れるし趣味も楽しめるし、僕にとっては最高な車って感じ。

 

超広々空間のN-VAN

アウトドア好きにとってN-VANは最強のキャンピングカーじゃん! - たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

 

雪国の人ならジムニーでも良いと思うんだけどねぇ。。。

それでも使い勝手を考えると・・・XVとか。

 

グレード・価格一覧 : グレード・価格 | SUBARU XV | SUBARU

ちっと値段は上がるけどスバルのXVはいい車。

 

ホンダのヴェゼルもコンパクト、燃費面でいいけど。

ホンダの4WDを買うならスバルの方がいいと思うんだ。

 

そんなわけで、乗り心地、燃費、移動としての使い方を考えると一般の人にはジムニーをオススメしまへん。

逆に海岸を攻めたりガレガレな山道を攻める人には超オススメ。デザインが好き、とかね。

雪国レベルなら他の4WDでも十分でしょう。(4WDでも滑るときは滑るので過信は禁物だよ)

 

ジムニーの兄貴版 シエラ

そうそう、シエラという普通車タイプもあります。

 

ジムニーより排気量が大きいのと、フェンダーが大きい・・・

どちらか選べと言われると、僕は軽のジムニーでいいや。

 

ちなみに先代だと状況によってはジムニーに抜かされるという不甲斐ない車でしたが、今回はそんな事もなくジムニーよりパワーがあるそうです。

 

ジムニーのまとめ

漢の車、ジムニーの新型が誕生したわけですが最新テクノロジーの詰まった車はいいですね。目線の高さ、運転のしやすさはかなり良かったです。

試乗でもっとオフロードの道を走らせてくれたらいいのに。。。縁石に乗り上げるのもダメと断られましたw

 

走行中はうるさい、車内は狭い、燃費も悪い。

そんなネガティブな面もたくさんあるジムニーですが、デザインが可愛い、雪道でも安心(でもないけど)、漢のラダーフレーム!

 

万人に勧めれる車ではありませんが、好きな人にはハマる車です。

個人的にはカスタムしたジムニーが最高にクールなので好きです。

以上、ちょっと辛口で書いた隊長でした。ほんだば!

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.