たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

ラーメン岩本屋が美味い!もはや北陸制覇でしょ!石川県おすすめラーメン

【こちらもどうぞ】
スポンサーリンク

更新 2017年3月2日 鬼煮干の情報を追加

 

こんにちは、金沢ブログを書いてる隊長です。

今回は北陸地方で広く展開してるラーメン屋「岩本屋」へ行ってきました。
 
岩本屋は元々福井県のお店ですが、石川で開催された北陸ラーメン博で圧倒的な人気を見せつけ、石川のラーメンファンに存在を知らしめたラーメン屋です。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20160511150307j:image
 
その後石川でジワジワとお店を増やし、今や石川県の岩本屋は6店舗(!)
北陸がラーメン不毛の地だったのも今や昔、県外に行かなくても美味しいラーメンを食べれるのは助かります。
(ソウルフードの8番ラーメンがあるけどね)
 

ラーメン岩本屋はすごいぞ!

接客がメチャクチャいい!

まず、お店に入ろうとすると手動ドアなのに自動で開くんですよ。
なぜだ!?なんと、、、客が来るたびに店員さんが開けてくれます!
たまにただの通行人でからぶる時もあるけど店員さんの意識の高さが伺える。
 
なんかこう、勢いがあるんだよね。
このテンション、嫌いじゃない。仕事にも真摯な印象を受けます。
帰りもドア開けてくれるからね。すげーよ岩本屋。
全体的に接客はレベル高いですマジで。
 

麺が硬め、ラーメンが美味い

僕は東京でもラーメンを食べ歩いてました。が、都会だから美味いってことはないんですよね。
そして地方だからマズイって事もない。いやいや、ラーメン岩本屋 美味いよ!かなり美味いよ!
 
f:id:outdoor-kanazawa:20160511145138j:image
スープは豚骨醤油、背脂入り。
薬味のネギの奥を探ると・・・
 
f:id:outdoor-kanazawa:20160511145349j:image
出ました!宝石のような麺!
少し硬めな縮れ麺です。僕の友人、天パの土屋君みたいです!
 
ここの麺は特徴があるんだよなー、弾力があってプルンプルンしてる。これが岩本屋のウリでもある多加水熟成真空麺というわけです。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20160511150501j:image
チャーシューはトロトロと柔らかい。大きすぎず小さすぎず、いいと思います。
 
ちなみにらこちらは塩ラーメン+煮卵
f:id:outdoor-kanazawa:20160511182709j:image
塩の割にはそこまでサッパリしてない印象。しかし、美味い!濃厚な塩ラーメン!
 
f:id:outdoor-kanazawa:20160511183322j:image
伝わるかな、岩本屋ラーメンの美味しさ。
 
ちなみにメニューはこんなの。
f:id:outdoor-kanazawa:20160511183716j:image

いやもう全部美味しいから。ほんとに。

 

つけ麺も美味しい!

f:id:outdoor-kanazawa:20170214140501j:image

ラーメン岩本屋はもともと麺にコシがあるため少し硬めです。つけ麺は温かいラーメンと違い麺が伸びにくいので最後まで麺が固い。そのため大盛りつけ麺を食べると最後は顎が疲れます^_^;

 

f:id:outdoor-kanazawa:20170214140624j:image

こちらもメンマは焦がしメンマ。普通のメンマより少し硬くなります。

 

f:id:outdoor-kanazawa:20170214140652j:image

ノリはスープに入れて、水分を吸った状態で食べるとより美味しいです。

 

つけ麺のスープはすぐ冷めるので一気に食べるが吉です。冷めても美味しいですけどね。割りスープを貰えば簡易ラーメンに変身。

 

サイドメニューの唐揚げも美味い!

岩本やの特徴として唐揚げがメチャジューシーで美味しいってのがあります。
f:id:outdoor-kanazawa:20160511183523j:image
唐揚げ、大きくて食いごたえあり。1個、3個、5個で売ってます。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20160511183643j:image
次のページにはチャーシュー丼も。
f:id:outdoor-kanazawa:20160511183933j:image
 
ごめん、我慢できずに食べちゃった
f:id:outdoor-kanazawa:20160511184026j:image
 

チャーシュー丼が香ばしい

チャーシュー丼があまりにも美味しそうでよく注文します。
これバーナーで炙ってるのかな?直火はないだろうけど器が火傷するくらい熱い。
本来はここにワサビが乗ります。今回は子供に食べさすので除外。
 
追記 ワサビが乗る通常バージョンがこちら。
f:id:outdoor-kanazawa:20170214131240j:image
通常のサイズで4090円、かなりお腹いっぱいになります。
 

f:id:outdoor-kanazawa:20170214131507j:image

わさびのサッパリ感がチャーシューの脂っぽさを消してくれます。

 

f:id:outdoor-kanazawa:20170214131604j:image

海苔を巻いても美味しい!

食べるコツは大きなチャーシューを先に食べ、細切れチャーシューを残りのご飯全体に拡散してから食べると最後までチャーシューを楽しめます。

そのまま食うと最後はご飯オンリーになるので工夫が必要。

 

NEW! 期間限定 鬼煮干ラーメン

2017年3月現在、期間限定で鬼煮干というラーメンが発売されてます。

店員さんに聞いたところ4月10日前後までやってるみたいです。あくまでも予定ね。

 

f:id:outdoor-kanazawa:20170302133305j:image

デーン!鬼煮干!!(+大盛&メンマ)

 
他のラーメンと全然違いますね。まず麺が違う、鬼煮干専用に麺を変えてるそうです。いつもの弾力ある硬い麺と違い、こちらは普通っぽい麺。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20170302134810j:image
うむ、普通だ。いつもあの超弾力のある麺を食べてたので意外すぎるくらい普通の麺。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20170302134942j:image
スープにはいつも大量に浮いてた油が見当たりません。ここもポイントですね。
 
飲んでみると、ふむ、魚介系というより煮干しだなって感じ。他店の魚介系とは違う味です。
なんか、もっとガツンとくるのを想像してたのに・・・と、思ったら間違ってました。
 
この鬼煮干はやばい!
 
店員さんにワサビを入れると美味しいよと教えられ、半分食べたところでワサビを注文。無料です。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20170302135254j:image
 
こちら、スープと混ぜてるところなのですがわかりますかね?黒と白の粒がたくさんあるの。多分これ煮干の粉末かと思うのですがどうでしょう。
 
ワサビを入れることで味にアクセントが出来て一気に食べ終わっちゃいます。
そしてどこに潜んでいたのか大量の煮干の粉末、一緒にスープを飲むことで最初と全然違った濃度の煮干風味を楽しめます。
 
さらにはザク切りされたネギ、こいつを麺と一緒に食べることで食感も代わり、噛みしめるたびにネギのうまさと麺のうまさ、そして煮干の風味が口の中で絡み合う!
つまり、美味い!美味いよ鬼煮干!
 
f:id:outdoor-kanazawa:20170302143058j:image
油ギットリのスープじゃないからどんどん飲んじゃう。これは危険だ・・・まさしく鬼!
 
帰宅後思わず「満足じゃー」とため息混じりに声が出て我ながら驚きました。うん、食べた後の満足感がすごいラーメンでした。
 
店員さんが言うには岩のりトッピングがとても合うそうなので次試してみます。
 

お店の場所(こんなに増やして大丈夫?)

岩本屋は福井県に6店舗、石川県に6店舗、富山県に3店舗(内のれん分け1店)という北陸では珍しい多店舗経営です。
石川ではこれまで多店舗経営しては消えていったお店をたくさん知ってるので、岩本屋は大丈夫かな~って・・・
 
まったく心配になりません!
 
なぜなら、美味しいから!美味しいは正義!
石川県
  • 金沢市二ツ屋町10-10
  • 金沢市久安1丁目466
  • 金沢市福久東1丁目88
  • 野々市市蓮花寺町10-1
  • 金沢市間明町1-250
  • 小松市日の出町4丁目37-2
福井県
  • 福井市光陽2丁目10-15 <本店>
  • 越前市本保町23-1-1
  • 坂井市春江町江留中39-10-1
  • 福井市渕1丁目4214
  • 福井市米松1丁目15-29
富山県
  • 富山市二口町5丁目8-7
  • 富山市荒川2丁目21-34
  • 高岡市千石町3-7

 

最後に

岩本屋は美味しい。これはまぎれもない事実です。

個人の好みで油の量や麺の硬さを調整してくれるスタイルです。僕の好みは、麺硬め・油少な目・ネギ多め!よかったらこれで注文してみてくださいね。

 

ちなみにつけ麺専門店の是・空というラーメン屋もやってます。ここもねぇ・・・・美味いんだよ!東京に住んでる時に何度食べたいと思ったことやら。

 

そちらもそのうちレポしますのでその時はヨロシクゥ!

金沢ブロガーの隊長でした。ほんだばね。

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.