たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアやBBQなどワクワクする記事を届けます

夏のキャンプは要注意!キャンプのベストシーズンっていつ?

スポンサーリンク

暑いー!だけど梅雨が明けましたね!

いやー先日デイキャンプしたんですけどね、暑い日に行っちゃったもんだから汗がダラダラ止まらなくて大変でした。

 

そろそろ8月・・・

 

夏・到・来!

 

でもね、言いたい。

声を大にして言いたいんだー。

 

8月はキャンプのベストシーズンではありません!

今回はそんなお話です。

 

キャンプのハイシーズンは夏だけど

夏といえば海水浴だったり山キャンプだったりBBQだったり!

うわー、考えると楽しそうでワクワクしてきますね。

海BBQとかね、最高ですよ。火傷怖いけど。

 

日本中の人達も夏にキャンプすることだと思います。

どこのキャンプ場も大勢の人で賑わってます。

でもね、ハイシーズンは夏でもベストシーズンは違うの。

ここ大切なポイントなんです。

 

キャンプのベストシーズンは夏ではない!

はい、タイトルの通りですがキャンプにベストな時期って夏じゃないんですよ。

なぜか?もうわかりますよね。。。

 

夏は暑い!暑すぎる!

 

ふざけてるようで大切なことなんです。

 

先日ね、暑いのわかっててデイキャンプに行ったんです。

なにか子供の思い出になるような、断片的でもいいから思い出になったらいいなって思って家族デイキャンプ(日帰りBBQ)してきたわけです。

 

いやー、暑い日はダメですね。

大きなタープを設置したら僕疲れちゃって・・・

 

頭痛してきました。

 

頭痛は熱中症の初期症状です。

みなさんも暑くて変な頭痛してきたら木陰で水分補給して安静にしてください。

気づかずに我慢してると倒れますよ、マジで。

 

子供とのキャンプ時期には気をつけよう

初めて行ったキャンプ場ですが日陰がぜんぜん無かった。

これ僕のリサーチ不足なり。

 

隅っこならかろうじて日陰があったので、僕はそこで火起こしして肉焼いてましたけどこのスペースが無かったらもう倒れてたよ、ほんと。

上の画像の左側にBBQコンロ置いてあるよね。

ここのお父さんも炎天下の下、せっせと肉を焼いてましたよ。

日陰、マジ必須っす!必須っす!

 

この暑い炎天下でマイケルジャクソンの真似してるのが息子です。

遊び場もぜーんぜん日陰なし。

 

遊具の滑り台も熱かったらしく、下手すると火傷するとこでした。

はい、これも僕の失態。滑り台での火傷ってアルアルらしいですよ、気をつけなきゃ。

 

あーもう、子供とのデイキャンプって注意する事も多いし大変っすね(^_^;)

子供と行くときは

  • 帽子を被らせる
  • 木陰のあるキャンプ場を選ぶ
  • ポカリスエットを飲む
  • 水分補給を心がける
  • 日陰で定期的に休ませる

日射病になっても気づきにくいので、しっかり子供を観察することが大切です。

 

キャンプのベストシーズンは4月〜初夏and秋

そんなわけで、キャンプのベストシーズンに夏は除外されます。

まずね、暑いのでキャンプどころじゃないって理由。

そして虫が多い!川の側だとアブやブヨが多く、刺された時のダメージも大きい。

 

川の側って好きなんですけどね。流れのある川でもサイトによってはアブが飛んでくるので要注意です。(なんど沢登りで泣かされたことか)

 

春のキャンプでは寒さ対策を万全で行きましょう。

秋も夕方から一気に気温が下がるので長袖必須です。

夜風が気持ちいいので秋はけっこうオススメですよ。夏のようにベタつかないし。

初夏は夜も半袖で過ごしやすく、風邪を引きにくいです。(キャンプで風邪引くと帰り道がマジ大変)

 

ゴールデンウィーク・お盆は避けた方が吉

人で混雑するので連休のキャンプは避けた方が無難です。

とくに団体できてる子供はもう猿です、ボールが炭火のところに飛んでくるなど危険がいっぱい。

 

 

こんなとこにサッカーボールが来ますからね。。。

マジ怖いっすよ子供。

 

とりあえず管理人のいるサイトなら何かトラブルが起こりそうなら報告しておきましょう。相手に直接注意するのではなく、問題があれば事務所に言ってほしいとのことです。

やかましい音楽をかけた若者とかね、そーいうのも言ってくださいだって。

団体だと気が大きくなるので不要なトラブルは避けたいところです。

 

まとめ キャンプおすすめ時期について

キャンプで過ごしやすいのは春〜初夏、そして秋。

逆にオススメしないのは夏!

そして人混みがすごいのも夏!もう夏のキャンプ人口はお祭りみたいで凄いよ。

 

こんな記事書いてるけど夏のキャンプに行くなってわけじゃないです。

暑いのは辛いですが、大勢のキャンプスタイルを眺めるのはけっこう楽しいです。

 

そうそう、盗難には気をつけるように。

キーレスエントリーの人とか特に注意です。実際にキャンプ場での盗難があります。

嫌なもんですね。

それではこのへんで。今年は家族キャンプに挑戦したい隊長でした、ほんだば!

 

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.