読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

【育児の疑問】子供にキツイ言葉で叱りすぎるとオドオドした子に育つ?

育児
スポンサーリンク

今日ヤンキーみたいな母親を見たのよ。

ヤンママっつーの?金髪に近い茶髪でロングでパーマないかにもなキャラクター。

クレヨンしんちゃんに出てきそうな感じ。

 

で、僕は待合室のキッズコーナーに子供といたんだけど叱り声が隣から聞こえてくるんです。

お弁当を食べてて娘が落としたおかずを元に戻したのかな?

えらいキツい口調で叱っててさ、何もそこまでと思うような言い方なのですよ。子供精神的にダメージくうやん?ってくらい。

 

内心「うわぁ・・・」ですわ。

 

で、子供がこっちのキッズコーナーで遊びたいらしく、母親が「なら行ってらっしゃい!行けばいいじゃない!」と言うわけ。

でも子供はオドオドっとしてなかなか来ない。そして母親はまた叱りつける。

 

ドアの近くまできて、しばらく入るか入らないかを繰り返した後にようやく入ってきました。

その間も叱られてたよ。

大きさから年齢は2歳半くらいだろう。

 

俺、怪しいから入り辛かったのかな?

 

f:id:outdoor-kanazawa:20160817141136j:image

 

キッズコーナーにいるその子を見てたがやはり奥手な子なのだろう。うちの息子たちにオドオドっとした様子。遠慮しなくていいんだよ?ひどい事する息子達じゃないから。

 

今思えば、母親は奥手な子に対する教育として1人でこちらに来させたのかもしれない。なんでも自分でやれるように。

でもその時は「なんでお前は一緒に来てやらないんだ?入るところまで一緒に来てやればいいじゃないか、何を座って突き放した言い方してんだ?」とイラっときた。

 

 

 

後ほど、用事が済んだらしく母親が戻ってきた。

さっきと違って優しい口調、あれ?たまたまさっきは機嫌悪かっただけなのかな?

 

と思ったらまたキツい口調でなにやら叱ってる。

子供にキツい言葉を浴びせてる光景は初めて見たんだけど気が滅入るね。第三者として見るとかなり可哀想な光景。

そしてその優しい時とキツい時のギャップの大きさ。

 

うーん、こりゃあかん。

 

 

その親子が去った後、また別の親子がやってきた。

こちらは優しそうな夫婦と女の子。

その子は笑顔で入ってきて好き放題してた。僕にも笑顔を振りまく、なんだ天使か。

 

だいたいこんな感じ、これまでも子供と大人をここでけっこう見てきたけど、入る時は親と一緒に来て、「みんなで仲良くね〜」といった感じの事を話して残していく(キッズコーナー隣の椅子に座ってたり)。

子供達も自由きままに遊んでる。

 

でも今回初めてあんな子供への当たり方がキツい親を見たわけ。なんだかモヤモヤする、あんな言い方、キツい口調はあかんよ、対「人」として普通にあかんでしょ。

 

そして思った。

キツい口調で叱りすぎると子供の成長に悪影響なんじゃない?

わからないけどさ、あれ良くないと思う。

子供ってのは仕方ないから自由きままにさせるものかと思うのよ。

そりゃ最低限の叱りはするけど。それしちゃあかん!登ったらダメ!叩いたらあかん!とかさ。

 

でも、あんな使えない部下に対して叱りつけるブラック会社のような口調、あれあかんよ。

子供がのびのび育たないと思う。顔色伺うような、自主性のない子になると思うの。

 

子育てに正解はないと散々言われてきたけど、あれは間違ってる。

何にでもキツく叱りすぎると、自分で行動できない子に育つんじゃない?

 

他人の子育てを見て自分の子育てを振り返る。

自分はなるべくキツい言い方しないようにしよ。そりゃストレスマッハで溜まるけど、言うことなかなか聞かないし悪いことするし。でも言い方は考えようと思いました。

 

それに子供があんなボロクソに叱られてる光景を見るとなんか気分悪いね。

たまーに東京でも見かけたけど。あんなヒスな感じで怒らなくてもいいのに。

 

うちの嫁くんはのんびり緩くて良かったな〜と思ったよ。いやー、ありがたい。こんな面倒くさい僕とも暮らしてくれるなんて、すごいよ。

 

これまで付き合った女の子の中に、「隊長とはもうやってけない」と振られたこともあるから。

ショック受けて結婚諦めてたのに、ありがたいこってす。

 

もしかすると、このたい焼きブログをヘビーに読んでくれてる人ってみんな心が広いのかも?

しょっちゅー読んでくれてるコバさんなんて、もしかすると心が超広いのかも?なのに暗黒大魔王とか散々言いまくってゴメンナサイ。来世ではぜひ結婚しましょう。

 

以上、ちょっと子育てについて考えさせられた隊長でした。ほんだばね!

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.