読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

ブログを通して誰かを傷つけるかもしれない、という認識

雑談
スポンサーリンク
こんにちは、隊長です。

最近、日常生活でかなりショックな事がありましてん。
あぁ もうこれブログ当分書けないや、と思うくらいガッツリ凹んでました。

それなりに生きて経験したつもりなのに、まだこんな悲しい出来事・感情・経験があったとは。知らなかったよ。

数時間後には復活したんだけどね。

それでも考えれば今でも悲しいし、この数年で一番悲しい出来事のようにも思える。

人によっては「そんなの大した事ないやん」と言うだろうし、「辛いね」と言ってくれる人もいるだろう、経験してる人は「わかるよ」と言ってくれた。

僕は元々「大した事ないやん」っていう立場だったんだけど、経験してみてそんな言葉で終わらせるなんてとんでもない、これめちゃくちゃ悲しいぞ!
もう考えがガラリと変わった。


でね、思ったんですよ。
自分が無知なせいで配慮不足な発言を生み、これまで誰かを傷つけてこなかっただろうか?

さも知ってるかのように未経験の悲しみを語り、本当に悲しんでる人をさらに傷つけてこなかっただろうか?

経験して初めて相手の気持ちがわかるのではなく、相手の気持ちを察することができる人間になりたい。

無知からくる無神経な発言で相手を傷つけないよう気をつけたい。


僕はブログの中ではなるべく人を傷つけるような発言は避けてきたつもり。
まぁ隊長ブログだから不快に思う人は多々いると思うけど、病気・怪我・差別・死に関わる事は書いてこなかったと思う。・・・多分。

でもね、まだまだ思慮が浅かった。
この世には自分の知らない想像を絶する悲しみがたくさんあるわけだから、発言内容をもっと考え、他人の気持ちをもっと考慮して生活せねばと思う。


ブログは好き勝手に書けばいいとよく聞くけどそれは違う。リアルの対人関係と同じで、画面の先にはいろんな人に読まれる可能性がある。
不人気ブロガーの僕でさえ、いろんな人に読まれる可能性は「ある」。

そのように自分の発言が人に読まれる事を考えれば、不用意な発言も減るはず。読み手の想像を欠くから誰かを傷つけ、感情を逆なでして、結果炎上に繋がる。

ディスプレイばかり見てると人間が見えないから好きに書いてしまうけど、自分たちのブログは誰かを簡単に傷つけれるということを自覚しないといけない。

自分の言葉で誰かを傷つけるのって、そんなの嫌やん?
そう簡単に扱っちゃいけない題材があることを今一度再認識しないとなーって。今回の経験でズシーンと痛感したよ。

燃えてもいい議論ネタと、燃やしちゃいけないネタ、そしてブログで取り上げるには好ましくないネタ、僕らブロガーはその辺りを注意して書かなくてはいけない。
ブロガーたるもの、ブロガーたるもの、ブロガーたるもの。
自分の思う「良いブロガー」の姿を考えつつ面白い記事を書いていきましょう。

隊長でした、ほんだばね。

(そんな事言いながらくだらない話ばかり書くのが隊長なんだけどね^_^;)

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.