読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

2歳の息子、ストライダーデビューとその記録簿

育児
スポンサーリンク
隊長です、こんぬつは。

ついにストライダーという子供向け自転車を購入しました。小さい子供に流行ってる(?)そうです。

簡単な説明と、数回使ってみたレビュー、そして成長の記録として随時追記していきたいと思います。

ストライダーの特徴

  • ブレーキ無し
  • 軽い
  • シンプル
  • 頑丈
ブレーキがない事で作りがシンプルになってます。
結果、子供でも取り扱いやすい軽さになり、うちの2歳児でも倒れたストライダーをひょいっと起こしてます。

またバランス感覚を掴むのに役立ち、自転車にもすぐ乗れるようになるとのこと。

購入の決め手

すぐ補助輪なしの自転車に乗れるようになるそうですが、そんな小さい子がビュンビュン自転車を乗り回すのも危険だなーと思ったんだけどね。

先日、よその子が乗ってるのが羨ましいのか、トコトコと後をついて行った姿を見て購入を決意。親バカってやつです。

どこで買う?

イオンやトイザらスにあるかと思いきや売ってないんですね。最終的に金沢に複数ある雑貨屋アミングで購入しました。

また、ストライダーの全国取り扱い店は以下に載ってます。

ストライダー本家のサイトも楽天からやってるね。帰ったらリンク貼っておきます。
Amazonは高い!Amazonはオススメしない。まじあかんよ。そして並行輸入は保証きかないからそちらも避けたほうがいいです。

ストライダーの種類

  • クラシックモデル 1万チョイ
  • スポーツモデル 13500円
スポーツモデルはハンドルの真ん中にクッションが付いてたり、サドルが少し柔らかい素材になってます。おすすめはスポーツモデルですね。
スポーツモデルなら選べるカラーも多いです。

ストライダーの注意点

  • 公道禁止
  • ヘルメット必須
他にもなにかあったかな?
これ、ブレーキ無しなので公道で使っちゃいけません!事故も起きてるらしいから、絶対に目を離しちゃいかん。

あとヘルメット必須。子供ですからね、どこで頭打つかわからない。こうやって考えると恐ろしいな。

いざ、開封の儀!そして組み立てへ

f:id:outdoor-kanazawa:20160415112018j:image
この大きな箱、公園にいる息子を驚かすため隠れて開封してます

f:id:outdoor-kanazawa:20160415111730j:image
黄色は人気ナンバーワンで現在品薄です
嫁くんの意見で黄色になりました。いいと思う、僕の憧れたオフロードバイクも黄色い三角木馬でした。黄色っていいですよね!

f:id:outdoor-kanazawa:20160415112322j:image
く、組み立て式なのかー!
すでに嫁くんと息子が公園で待ってるので急いで組み立てます

f:id:outdoor-kanazawa:20160415112415j:image
サドルを挿れます
ロックはレバー式で簡単

f:id:outdoor-kanazawa:20160415112511j:image
ここに丸いパーツを入れる

f:id:outdoor-kanazawa:20160415112639j:image
フレームに前輪をセット

f:id:outdoor-kanazawa:20160415112709j:image
そうそう、ハンドルロックのパーツはこんな感じ
緩めると分解しちゃったので、備忘録として残しておきます
次にハンドルをセットし・・・

f:id:outdoor-kanazawa:20160415112831j:image
ハンドルー!

f:id:outdoor-kanazawa:20160415113013j:image
とりあえず形になりました
さぁ、これを公園で遊んでる息子に届けます

ハンドルとサドルの高さは子供を座らせてから調整します。
またがって膝がそこそこ回る位置にサドルを設定。ハンドルは乗馬っぽい位置でいいと思う。オフロードバイクがそうだから。

ちなみに他パーツを買えばカスタムできるみたい。
f:id:outdoor-kanazawa:20160415131023j:image
自分色に染めるのも面白そうですね。うちは経済的に難しけど、Instagram見てるとカスタムストライダーが色々載ってました。

さぁ試乗タイムです

2016年4月の記録
f:id:outdoor-kanazawa:20160415113650j:image
うんうん

f:id:outdoor-kanazawa:20160415113720j:image
東京と違って金沢は公園が空いてます。ありがたい

まだ蹴った推進力を利用するところまで辿り着いてません。
そこはおいおい他人を見て学ぶか、自分で発見してもらう予定です。嫁くんにも教えないよう伝えました。

https://www.instagram.com/p/BENF9gmBu2B/

楽しそうだなぁ#ストライダー

なかなかカッコいいじゃないか。

そんなわけで今回はここまで。また息子のアクションに変化が訪れたら追記して記録を残したいと思います。

隊長でした。ほんだばね!

BELL(ベル) ZOOM / ズーム イエローベアー XS/S

BELL(ベル) ZOOM / ズーム イエローベアー XS/S


Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.