読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

雪道・アイスバーンは猫背ペンギンの歩き方が一番いい

雑談
スポンサーリンク
こんにちは、隊長です。

雪、積もりましたね。2日目はアイスバーンになるのでツルツルです。
今朝も目の前で人がすっ転んでました。ツルツル路面に気をつけましょう。

雪国の石川県で登山をしてた私の歩き方コツをなここに残します。

f:id:outdoor-kanazawa:20160119083234j:image

体勢は猫背 エヴァンゲリオンのような歩き方

体は思いっきり猫背にします。これで後ろへ重心がかかるのを防ぎます。
体の重心、体軸を意識、足の外側に重心が行けばアウトと知る。


歩き方はアシモ、ペンギンのイメージで

歩幅は小さくします。
コケる可能性を極力減らします。

ポケットに手を入れてはいけない、寒くてもフリーハンド。
転倒は思った以上にツルンと横転します。コンクリート マジ痛い。。。

膝は伸ばしきらず、少し曲げて歩く。
アシモのイメージで。

f:id:outdoor-kanazawa:20160119082547j:image
こんな感じの膝が大切


着地は足の裏全体で

普段のような踵着地はNG。摩擦が少ないので滑る可能性が高い。
着地は足の裏全体で行う。
設置面積を稼ぎましょう。


まとめ

こんな感じです。

  • 歩幅は小さく歩く
  • 前傾姿勢で後ろへの横転を防ぐ
  • 着地は足全体で行う
  • 足の横幅は肩幅くらい
  • ガニ股でも可
  • 雪が無くても凍ってツルツル
  • 僕の頭もツルツル

みなさん転倒には気をつけてね。
ほんじゃば!

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.