読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

エスカレーターでは歩くのやめよう

雑談
スポンサーリンク

東京に移住してから 悶々と思ってたことをユトリズムさんが書いてくださいました。

僕もとても同感です。

lacucaracha.hatenablog.com

 

エスカレーターは止まって乗ろうよ
東京駅のエスカレーターなんてすごく長い場所があるんですよ。で、右側がガラガラの左側スキスキなわけです。スキスキと言っても空き空きの方です。

 

僕が毎回思うのが「これ右側にも普通に乗れば左の渋滞が解消されるよな〜」てこと。
なんだかもったいないと思うんだよなぁ。
右は空いてるのに、右は急いでる人用だからっていう謎ルールでみんなエスカレーター左側に乗る手前から並んでる。
 
エスカレーターに乗る事にすら行列ですよ。いくら行列好きな東京人でもいい加減この謎ルールの違和感に気づかないのかなぁ。
 
というか・・・
 
急いでエスカレーターに登りたいってどんな理由?
 
そんな人がいるなら階段を使うのはどうだろか。いくらでも空いてるから階段を一段飛ばしでも二段飛ばしでも好きに駆け上がれると思うのです。
 
エスカレーターの狭いところをわざわざ登らなくても良いでしょう。
 
出張で大きめな鞄持ってる事もあるんだけど、ぶつかられたりするとちょっと怖いです。この長いエスカレーターでバランス崩したりと思うと・・・手すりはしっかり握ってないと怖いですよね。
そんなちょっとの時間を惜しむほど大切な用事があるのかなぁ。。。
もしもおばちゃんとかお爺ちゃんにぶつかったりしてケガさせた方がよほど危ないと思うんだけどなぁ。
 

まだ他にも思う事はあるんです

自転車の人・・・狭い歩道でチリンチリン後ろから鳴らされても困るわけですよ。そもそも今は自転車は狭い歩道を走らないようになっているのでは?
 
自分もチャリ乗りなので警察署へ確認しに行きました。
 
  • 広い歩道なら走って良し
  • 狭い歩道なら車道の第一車線を走る
だそうです。
背後からしつこくベルを鳴らすってそれケンカ売ってると思うんだけど。(そもそも歩行者相手にベルを鳴らすのは今の時代ダメみたいですね)
 
子供をベビーカーに乗せて狭い歩道を歩いてるとたまに後ろから鳴らされます。どこにも避ける場所がないのに僕にどうしろと。トホホ・・・
 
僕はなんだか悲しくなってきました。
 
 
 
そしてブチ切れました。
 
 
 
 
「やかましいんじゃゴルァ!!」
 
 
 
振り向きざまに相手も見ず怒鳴ります。
誰であろうと構いません。どうなろうと知りません。義は我にあり、です。
 
何回か怒ったけどそうなると相手は目も合わせず静かになります。
なんだろう?予想してなかったのかな?あれだけチリンチリンと鳴らしてたのに、なぜ黙る?もっと言っておいでよ論派しようとしてよ。
あれだけ鳴らしてたんだから僕に絡みたいんでしょう?
 
不思議です。
 
その後嫁くんに子供がいるときは辞めろと叱られました。暇じゃないんだから、と。
 
 
ごめんなさい。
 
 
他人の何気ない行動で傷つく自分の弱さが辛い
自転車で第一車線を走っててやたらクラクション鳴らされたことがあります。
法が変わり、小さな歩道は走るとダメなんだもの。歩行者にも迷惑だろうし、危ないし。
 
僕も車に乗るし、自転車は怖いなと思う気持ちもわかる。だから車視点から迷惑にならない自転車を心がけてたつもりなんだけど・・・
 
ダメだったんだろうなぁ。
でもそんなにクラクション鳴らされるほどひどい運転してないと思うのに。。。
 
こんな時ってすごく悲しいです。面白半分で鳴らされてるのかなって。
 
 
 
 
 
だから車が赤信号になった時に窓をノックして話しかけました。
 
 
 
 
 
 
窓を開けずに走り去って行きました。
 
何を考えて鳴らしてたのか聞いてみたかっただけなのに。。。
 
 
ブログしてると好奇心が増えますよね。
 
車といえばもう1つ
雨の中、細い道を歩いてて車が来たのでどいた時・・・
わざわざ猛スピードで走り思いっきり水をかけた車。
 
なんでこんな事をするんだろう?
僕が傘をさして立ってるのは見えてるのに。気を使って立ち止まってよけているのに。。。
 
 
僕はなんだかとても悲しくなりました。
 
わざとされたのかな?って。なんでそんな事するのかなって。
 
 
 
ひどく落ち込みます。
 
 
 
 
 
そしてダッシュで追いかけました。
 
 
 
 
雨の中、もう水かけられてるので傘の意味もありません。
 
 
 
濡れる体を気にせず走りました。
 
 
 
 
その車が自宅で駐車しだしたので運転手が降りてきたところを見計らい話しかけました。
 
 
 
 
 
 
「おぉい!待たんかい!!」
 
 
 
小道なのにスピードだしちゃ危ないでしょう?
 
 
そして水跳ねすぎですよ?
 
 
 
彼はこれからは安全運転で走ると約束してくれました。
 
 
 
他にも突撃していった話はあるけどこのへんで。
 
お互い生きてる人間同士なんだから普通の対応しようねって思いました。
電車内やエレベーター内だとみんな相手を気遣えるのにね。なぜ乗り物に乗る1個人になると気持ちをどこかに置いてってしまうんだろう?
 
僕は悲しいです。
 
みんな仲良く生活したいですよね。
 
ほんだば、隊長でした。

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.