読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

ワンパンマンのアニメがオッサンの心に響くその理由

漫画 オジサン アニメ
スポンサーリンク

こんにちは、隊長です。

 
最近AmazonのFIRE TV Stickで夜のヤッターマンを見てます。アニメが見れるのは嬉しいですね。
そして録画してちょこちょこ見てるアニメのひとつ、ワンパンマン
これが最近面白くなってきた!そんな話。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20151117083621j:image

 

いきなり最強な主人公
最近はもうヒーローのインフレと言いますか主人公がどんどん強くなりすぎるんですよね。ドラゴンボールのスカウターの弊害といいますか、どこまで強くなればいいのかと思うくらいバトル漫画の主人公が強くなる。
 
そんなバトル漫画の数値化に飽き飽きしている現代にとんでもない主人公が現れた。
それがこのワンパンマンのさいたまという男。
f:id:outdoor-kanazawa:20151117083614j:image
なにせどんな強い敵でも一撃で倒せるくらいの力の持ち主。最強すぎて毎日が退屈してる主人公の設定。
そんなオーバーキルな能力を持っていても誰からも賞賛されない悲しい男。というか功績を誰も知らない。
 
このアニメ、最初視聴してた頃は「昔ゲーセンにこんな常にボスキャラと戦うゲームがあったな〜」と思いながら見てたんだけど、なんかつまらん、ワンパターンでつまらん!見る価値あんのかこれ?と思ってたんだけど、ジェノスとかいう真面目で高スペックな弟子が登場しから面白くなってきた。
 
隕石を壊す回で揺れる人間心理
いや、そんな大層な心理はなかったんだけど。。。
街に落ちてくる隕石を壊し、街を救ったんだけど降り注ぐ破片で街はけっこう破壊され、そのことで主人公が一般人から総ブーイングを食らうんだ。
 
あぁ、助けたのにみんなから嫌われるって面白い展開だな〜主人公はどう行動するんだろう?と思い見てみると、開き直った!
お前なんかヒーロー辞めろというヤジに対して、俺がやりたいからヒーローやってるんだ、と。お前たちの暮らしのことなんざ知るかと言い放つ主人公に惚れた、惚れたよ私は。なんという自己中心的性格で素晴しい自己満、揺るぎない自己愛、強すぎる男は精神面でも最強な漢だと感じた。
 
自分がやりたい事だからいい!
心の中にやりたい事があっても、年齢や世間体など色んな制限で諦め、それでも心の中でくすぶり続けるものです。それをこの主人公のハゲのさいたまという自虐的とも言える名前の主人公は群衆に平然と言い放つ。
自分がやりたいから勝手にやってるんだと。
 
このアニメの視聴層は誰だろう?子供?若者?
作者はジャンプのレジェンドだったアイシールドの人だ。さすが戦闘シーンは迫力あるし(アニメ会社の力だけど)絵もキレイだ、派手なアクションを期待している人が多いだろう。
でも、夢を挫折してきたくすぶり続けるオッサンには主人公サイタマの言葉がとても眩しい。眩しすぎる、そしてハゲ頭も眩しすぎる!自分もやばいのであまり言えない。
 
己の信じる事を誰から何も言われてもやり続ける
 
それを成し遂げれる人こそ本当にヒーローなのだと最近アニメを見ながら思う隊長です。
 
最後に
ワンパンマンはこれからどう展開していくんだろう?
冬アニメのリストには載ってなかったので今回で終わりのようですね。この手のタイプは登場キャラが無限に作れるし、どんどんキャラを作って深いメッセージ性のあるストーリーを作って欲しいなぁ・・・と思ったけど原作者がいないと難しいか。
 
ハンターハンターのように様々な駆け引きがでるといいんだけどね。
 
ワンパンマンが面白くなるにつれオープニングの曲も好きになってきた隊長です。カッコいいですよねあの曲。私も格闘技してたので強くなりたい気持ちは非常にわかる。
 
以上、隊長でした!
ほんだばね。

THE HERO !! ~怒れる拳に火をつけろ~

THE HERO !! ~怒れる拳に火をつけろ~

  • JAM Project
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 
シェアしていただけると今後の励みになります。

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.