読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

職場でズボンの中からBig Bang!それは社会人として終わる音だった

オジサン 雑談
スポンサーリンク

 オッス!オラ隊長!

こんな始まり方はダメ?

 

トイレでどう振りぬく?

先ほど休憩中にこちらのブログを拝見しましていろんな感情が蘇ってきました。

delete-all.hatenablog.com

わかる・・・わかるよ尿漏れの気持ち!

僕もまだまだ中年真っ盛りなはずなのに軽く尿漏れするんだ!パンツ冷たい!

 

 

と、言いますのも、最近トイレで周りの人の終わり方(小)を見ていると千差万別なんですよ。知ってました?

 

  • 全身を使って躍動感溢れる動きで振る人
  • チョチョイとだけ振る人
  • 壁ドンしながら振る人
  • 降らない人(実は高速で振ってるの?)
  • ジャンプする人(本当にいた)
  • タバコ持ちで振る人(僕です)
  • ブンブン振る人

や、タバコ持ちは中学の頃に友達から指摘され止めました。これがノーマルポジションだと思ってずっと人差し指と中指で持ってたよ。恥ずかしい!でも人から教わることでもないので仕方ない!珍遊記の漫画を読んで「なんで親指と人差し指で持ってるんだろ〜?」と思ってたけど僕が間違ってました。タバコかよ!と友達から笑われて気づきましたね。。。

 

そんな僕ですが最近他人のトイレの仕方が気になりまして。今いる東京の職場がけっこう大きな建物なので色んな人と便所で遭遇するわけです。

 

僕はブンブン振る派で、例えるならカバが大便中に振る尻尾くらいに振る。喜ぶ犬の尻尾くらいに振る。ちぎれ飛んでいきそうなくらいに振る、それが俺のやり方チェケラッチョ。しかし、こんだけ周りに人がいるとブンブンするのもはばかれるわけです。

 

そこでついさっき目撃した三振り程度の人を真似たわけですが仕事中チョロるチョロる。残尿感は正直だった!

黒スーツだったから良かったけど灰色スーツだったら間違いなくジンワリ染みてるのがバレてました。危ない、他人の真似は危ないぞぅ。

やはり五郎丸選手やイチロー選手のように、打席では普段通りの決まったやり方/法則/オマジナイ/ルーティンを信じて自分は自分なりよやり方でブンブン振らないといけないなと思います。

他人の真似なんてしてはいけません。形だって千差万別なんですから。きっと僕は尿道が長いんだ、だから遠心力で中の水分を飛ばして飛ばして・・・と思ったけど尿道長いと言えるほど長くないですゴメンナサイ。

 

その時ビッグバンが起こった

そんな事を考えてると東京に来た頃の記憶が蘇ってくる。

そう、忘れたくても忘れられないあれは冬の日。

トイレに誰もいない事を確認してお尻の深呼吸をしていたところ、最後に振り絞った時にパンッ!と聞いたこともない破壊音が聴こえた。

何事!?まるでスポーツカーのマフラーが出すアフターファイアー(よけい分かりにくい)のような乾いたあの破裂音。

なんて威勢のいい屁なのだとそのまま歩いてると

 

アレ?

 

オシリ ツメタクナイ?

 

急いでトイレの大に入り慌ててズボン脱いでパンツチェック。

 

 

あぁ・・・

 

やっちゃったぁ・・・

 

 

まるで飲み会で大量に飲んだ後に出る液状のナニカがパンツに付いてる。石川弁で表現するなら「ヤッキネェ!!」そんな気分。

どうしよどうしよと悩む。定時前だけど早退する?いやいや、今の職場に来たばかりだし、印象悪くするのもあれだ。上司に正直に言う?ダメだ社会人として死ぬ。何より僕は東京へ仕事するために家族を置いて来たんだ。パンツにちょっとウ◯コついただけで帰ったら社会人失格じゃないのか!

 

今ならこう思える。

ちょっと待て待て、その前に人として失格じゃないのか、と。

 

僕の決断はこうだ。

パンツをしっかり拭く。

ズボンへ貫通はしてなさそう。

仕事、続行だ!なーに、いつもの残尿みたいなもんさ。

 

その後何事もなく、だが仕事は鬼のように早く終わらせ定時で帰宅。

後日、兄貴分の上司にその話をしたところ

「いや、それは緊急事態だから帰れよ」

とありがたいお言葉を頂きました。

周りから「◯◯社の人、臭い」とクレームきたらお前どーすんだと社会人らしからぬ怒られ方をして次漏らしたら速攻で帰ろうと心に誓う隊長でした。

 

オナラには気をつけたいものですね。

さらに記憶をさかのぼると小学校の頃に本格的に漏らしてずっと空気椅子で授業を受けてたけど誰にもバレなかったという事もありました。スリリング!

 

さて、出しっ放しで締まりのない記事になりました。

オチがついたところで今日はこの辺で。隊長でした

ほんだば!

 

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.