読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

妊婦の栄養摂取のために購入した低速ジューサーのその後

育児 雑談 食べ物 ダイエット ハイテク機器
スポンサーリンク

こんにちは、いつも寝不足な隊長です。

 
嫁が妊娠してから好き嫌いが激しくなりました。
食事が今まで以上に偏りだし、イチゴとポテトフライばかり食べてる始末。
 
これじゃいかん!
 

 手軽に栄養をとるため低速ジューサーを選択

このままだと栄養が偏るし、なによりお腹の子に栄養がいかない
考えた結果、SHARP製の低速ジューサー ヘルシオを購入しました。

 

f:id:outdoor-kanazawa:20151101164331j:image
絞り中!
 
低速ジューサーのメリット
  • 低速回転により栄養素が壊れにくい
  • カスが少なく飲みやすい
  • ”ジュース”である
  • 騒音や振動が少ない
 
まず1番のメリットが通常のミキサーより栄養が壊れないということです。
回転が遅いため、熱による栄養破壊が少ない
(逆に言うと、高速で回るミキサーだと栄養が壊れてる ということ)
 
2点目はミキサーと違いブツブツした野菜の破片が入らないこと。
 
3点目はにジュースとして飲めること。
嫁くんはよくわからないとこが我儘なので、ミキサーで混ぜたドリンクは飲んでくれないのだ。
 
4点目、アパートだとミキサーの騒音って気になるんですよ。
低速ジューサーも音がでますが、ミキサーほどではありません。
 
 
では低速ジューサーのデメリットは?
まず、値段が高いということですね。
隊長の購入したヘルシオは2万超えます。
ミキサーなら五千円程度で購入できます。
 
もう1つ、洗浄が面倒くさいこと。
分解するとパーツが多いんです。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20151101164403j:image
あぁ、興味を持った人が寄ってくる^_^;
 
小さなシンクだと洗いにくいのなんの(汗
 
そんな低速ジューサーですが、今もたま〜に使ってます。
風邪を引いてる時や、栄養足りてないなと感じた時に。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20151101164624j:image
 
ジョボジョボとジュースが出てきます。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20151101164755j:image
 
息子の手かな?
一緒に入れてました。
 
手を突っ込んではもちろんダメですが、刃が回ってるわけじゃないのでミキサーほどの危険性はないかな。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20151101164915j:image
 
絞りカスです。
離乳食に使ったり、ハンバーグに混ぜたりして活用できます。
 
ちなみに完成したジュースを撮り忘れてました。
 
今回のレシピ
皮付きリンゴ3個
人参6本
レモン汁適当
 
最後にレモン汁を振りかけます。
よく瓶で売ってるタイプのレモン汁です。
 
この組み合わせはガン予防にも効果あるらしいので、定期的に飲みたいですね。
 
隊長がよく飲むレシピ
小松菜1束
リンゴ2個
レモン汁適当
 
これ青々とした飲み物になります。
嫁くんは嫌がるのですが何故だろう?とても美味しいのに。
 
少し青臭いのが苦手だそうです。
そんな人はレモン多目をお勧めします。
 

取り扱いメーカー

僕の買った低速ジューサーはSHARPのヘルシオです。
当時は韓国製のヒューロムがありましたが、それよりも安くコンパクトだったのが決め手です。


ただし、ヘルシオは中身は韓国のOEM製品です。
ヒューロムが石臼原理の特許をとってるので大抵がそれです。(ヘルシオはOEMだがSHARPが作ってるとか聞いたことあるけど はて?)
 
ちなみにOEMとは他社製品を他社メーカーの変わりに作ること。
 
でも日本メーカーの方が壊れた時に対応は良いだろうからヘルシオを選択。
ヒューロムは故障も多いらしいからね。

 

 

今ではPanasonicの低速ジューサーも売れてるそうです。
レビューを読んだ感じ、ヘルシオとそう違いはなさそうです。
 

最後に

手軽に栄養が取りやすい低速ジューサーこそ妊婦のいる家庭で購入すべきアイテムではないでしょうか。
面倒な洗い物など準備はそのくらい旦那がやってほしいところ。
妊婦って男が思ってる以上に大変なのですから。
 
お金で買える栄養は買ってしまう、これ鉄則です。
(USJでもお金で買えるチケットは高くても買ってしまう)
 
子供が生まれると、子供も喜んで飲んでくれます。
苦手な野菜もたくさん飲んでくれるからオススメ。
小松菜のレシピだって、リンゴを多めに入れれば苦手な人でも飲みやすくなります。
 
そんなわけで、我が家では今でも定期的に使用しています。
少々値が張りますが、家族のために、自分の健康のために購入してみてはいかがでしょうか。
 
 
以上、隊長でした。
 
ほんだばね!
 
よかったらシェアしていただけると今後の励みになります。
 
こちらもどうぞ
 

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.