読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

一眼レフで作れるPIKAPIKA文字が面白い!

一眼レフ
スポンサーリンク
こんにちは、隊長でんす。

我輩の一眼レフはSONYのα57。
一眼レフだとシャッタースピードを弄って遊ぶことができます。
決してセガサターンではありません。


レンズの開いてる時間でございます。

シャッタースピードを一瞬に設定すると、飛んでるボールがブレずに撮影できたす。

長時間の設定にすると、人がブレまくる残像を残した写真を撮影できます。
(三脚を使った撮影向け)

で、長時間の撮影時に光を向けると、そこに光が残った写真が撮れるわけです。
そんな面白い特性を利用して遊ぶのがPIKAPIKA文字です。

PIKAPIKA

はい、これをスマホで書くために10分消費したのでもう書くのやめようかと思ったけど、続き書くよ!



一眼レフを使って光の文字や絵を書くことをPIKAPIKA文字と呼ぶそうです。

変わった名前ですよね。
こんなの一眼レフを買うまで知りませんでした。

ちょうど山仲間が結婚することもあり、二次会のプロフィール動画を隊長が作ることになったので、PIKAPIKA文字も取り入れてみようと思い色々調べてみました。


まず、ペンライトを準備しましょう。

ライトがなければ何もできませんぜぃ♪

色んな100円ショップを巡り~。

ホームセンターも巡ります~。





って、


ペンライトが売ってねぇ〜。ズズーン


な、なぜ???


いきなりテンションダウン。
小学生の頃はペンライトってよく見かけたのに。
時代ですかねぇ、今はどこにも売ってないのか。

代わりにサイリウムが置いてあったよ。

サイリウムってのは、最近のアイドルコンサートで振ってる光るスティックです。

サイリウムか〜。使えるかなと思ったのですが、ON/OFFのスイッチがないと文字を書くには使いにくそうです。



後でわかったのですが、LEDライトでも可能だそうです。
LEDライトにカラーフィルムを貼って色付けする。

グヌヌ、この時にそれを知っておけば・・・。


結局購入したのは、子供の玩具の光る棒。
イメージ的にハリーポッターの杖みたいな形。
これがね、ボタンを押すたびに点灯パターンが変わって面白いんです。

そんな棒を使ってさっそく撮影してみましょう。

f:id:outdoor-kanazawa:20151021084913j:image

どうでしょう?

明るすぎですね。

おそらく、シャッタースピードをかなり遅くしたことで、不要な光を取り込みすぎたのでしょう。

もっと暗く撮れるよう設定をイジって再挑戦。

f:id:outdoor-kanazawa:20151021084947j:image

あぁ、


暗い・・・・・

これだと何書いてるのかわかりません。
もう一度設定を変えてチャレンジしてみましょう。





f:id:outdoor-kanazawa:20151021085011j:image

少しは見えるようになったけど、まだ文字が暗いですねぇ。。。

うーん。難しい。



その後、何度も撮り直し、F値も変更したり、試行錯誤して問題点が見えてきました。

まず、オモチャのライトは不要な点灯パターンが多く使いにくい!

購入したライトは8つの点灯パターンがあるのですが、こうも種類があるとライトOFFしたいのに何回もボタンを押さないといけません。

f:id:outdoor-kanazawa:20151021085402j:image
様々な点灯パターン

今切りたいのに!今切りたいのにー!って時に光があっち行ったりこっち来たり。。。

つ、使いづら~~~~~~~~~~~。





f:id:outdoor-kanazawa:20151021085347j:image

ダメ!明るい!

f:id:outdoor-kanazawa:20151021085516j:image

下品!

ちなみにこれは鍵につけてるLEDライト。
光が強い方がよく文字が見えますね。

ここで隊長は気づいた。



背景、光りすぎやん!?

この灯りが邪魔なのでは・・・?



背景を山に向けると・・・

f:id:outdoor-kanazawa:20151021085628j:image

ほら!成功だ!

ただ、やはり光源が棒状のものなので文字が独特の形になります。

みなさんも挑戦するならLEDライトとカラーフィルムでやりましょう。


f:id:outdoor-kanazawa:20151021085742j:image

おぉ!でき・・・・・た?

「おめでとう」の「で」と「と」が逆です。。。。

なぜこんな事になるかと言うと、書く際文字の向きを逆にしてるからなんです。
鏡文字ってやつ。頭が硬いからなかなか難しいのです。



ちなみに文字は嫁くんが書いてくれましたが、どうも「め」が難しいらしく何度も止まってました。

f:id:outdoor-kanazawa:20151021120011j:image

f:id:outdoor-kanazawa:20151021120034j:image

f:id:outdoor-kanazawa:20151021115944j:image

f:id:outdoor-kanazawa:20151021120046j:image

練習あるのみ。

f:id:outdoor-kanazawa:20151021115958j:image

f:id:outdoor-kanazawa:20151021120055j:image

何度も試してるとうまく書けてきました。

ちなみに、二次会のプロフィール動画では、文字が反転したまま使用しました。もう、疲れた。
一瞬だけ使ったので、誰も反転に気づかなかったでしょう。


わかったこと


  • 光の光源は、そこそこ強い物を使用すること
  • LEDの場合、カラーフィルムやテープを使う
  • カラーフィルムは数枚重ねると色がでやすい
  • 光をカメラに向けること
  • 数人でやると楽
  • 人のいない場所がオススメ

夜景スポットで撮影してるとカッポーがたくさんあて恥ずかしかったです。
人気のない場所がいいなと感じました。


f:id:outdoor-kanazawa:20151021120629j:image

最後に金沢の夜景。

カメラって楽しいですね。一眼レフって最高に楽しいです!


一眼レフ大好き隊長でした。
ほんだば!

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.