読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

産婦人科が舞台の漫画コウノドリがドラマ化されます!

育児 ニュース
スポンサーリンク

この漫画はメチャクチャ面白かった!

子供が出来てから出会った漫画なので余計心にくるものがありました。家庭を持つママとパパに見てほしい漫画です。
 
そんなコウノドリドラマ化されます!

 

 
放送日 10月16日金曜 TBS 夜10時から
 
 
産婦人科が舞台といえばブラックジャックによろしくもそうでした。
あれは双子の片方がダウン症で産む産まないから離婚問題まで発展するという話。あの漫画、後半はグダグダになったり作者が話題になったりしてましたが医者の仕事が迫力ある絵で描かれておりなかなか心に突き刺さる漫画です。
今ではWEBで無料で読めますね。Kindleでも0円で読めるようになってるのでまだの方は一読してみてはいかがでしょうか。
 
 
さて、ではこのコウノドリとはどんな漫画か?
 
産婦人科が舞台なだけあって全て妊婦や赤ちゃんに関わるストーリーです。
 
無脳症赤ちゃん
妊婦の心肺停止
風疹
無痛分娩
人工中絶
帝王切開
 
漫画では様々な事が起こり、そしてそのエピソードから妊娠とは本当に命がけなのだと思えてきます。
 
出産は病気ではない。だから、患者も家族も安全だと思い込んでいる。毎年この産院で行われる2000件の出産で、約300件の出産は命の危険と隣り合わせだ。その小さな命が助かることもあれば、助からない時もある。100%安全などあり得ない。それが出産。年間100万人の命が誕生する現場から、産科医・鴻鳥サクラの物語。
 
 

実際に見てわかった出産は命がけ

僕は幸い妻の出産に立ち会えたのですが、あれはかなり怖いものです。痛がる妻と何もしてやれない自分。
ネットで得た知識の
  • 団扇で扇ぐ
  • ボールでマッサージ
はただ不快なだけだったようで怒られましたわ。
 
陣痛の間隔が狭まると数分おきに失神と覚醒を繰り返し、顔もどんどん土色に変化していき出産後は真っ白。
出血により体温が奪われ、手が雪女のように冷たくなっていきこの人大丈夫なのかと心配したものです
。大丈夫だったけど。
 
2人目は安心感から頭につけるビデオカメラGOPROを装着し、臨場感ある映像を撮影してみたり。
子供が生まれ声を上げるところはやっぱり感動します。嫁グッジョブ。
ちなみにその映像には痛みに耐えうめいてる妻の横で僕と先生が楽しそうに談笑してるシーンも写っておりそれを見た妻が大激怒した話はまたいずれ出産ネタのブログで書くとしよう。
 
 
最後に
この漫画はまだまだ知らない人も多いのですが本当にオススメです。
今なら結構な巻数が出てるので一気読みをお勧めします。これまで中古本はあまり出回ってなかったけど、ドラマ化されることでけっこう流通するでしょう。だいたいそんなもんです。
 
ドラマを見終えてから漫画を読むも良し、事前に漫画を購入してからドラマで追うのも良し。
ただし、立ち読みは絶対にお勧めしません。
僕は号泣のあまり呼吸困難になりましたから。
 
感動でき、考えさせられる漫画なので、是非読んでみてくださいね。
ドラマも要チェックですぞ!
 
 
ほんだば!
 
 
【アウトドア好きなのに金沢から東京に移住しました】
 
 
 
 
 
 
 

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.