読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

僕のお尻は迷彩柄でカッコいいと思ってた思春期と、それを妊娠線と呼ぶことを知り絶望を味わった青年期、そして今は・・・

雑談
スポンサーリンク

先日嫁くんにお尻の毛を剃ってみてくれと懇願してついに剃ることができました。

えぇ、嫁くん愛用の電気カミソリをまた買ってあげるからという条件付きで。

 

 

その際、ちょっくらお尻を撮影してもらい、あの迷彩柄のお尻を数年ぶりに目にしたのですが・・・・

 

 

 

な、、、なんだこりゃ!

 

 

 

驚いた。

そりゃ嫁もすごい嫌がるはずだ。

 

オッサンになると尻はこんなに汚くなるものなのか。。。。

毛穴のブツブツと、超剛毛

 

なんだこの中心へといざなう毛の流れ。

うわぁぁぁぁぁーーーーー。気持ち悪いぃぃぃぃぃーーーーー。

頭の抜け毛を気にはしてたけど、逆サイの毛はこんなびっしりだったのかーー!

 

髪に分けてくれその勢い。

 

神様の設計ミスだよ絶対。なんて無慈悲な。。。

知らなかったホクロまであった。

 

うぅ、ここまで自分の尻を目の当たりにしたブロガーは僕以外そうおるまい。

世界の闇をかいま見た気がする。いや、自分の闇をかいま見たというべきか。。。

 

 

ちなみに嫁愛用の電気カミソリはショリショリーとくすぐったいの。

みんなも試してみてほしい。

床屋さんの顔そりを思い出すよ。ショリン、ショリンと毛がハラハラ落ちてくから。

心機一転、人生を頑張れる気がしてくるよ!

 

その後嫁に命令されて風呂掃除してた時はちょっと悲しかったけど。。。

 

 

ほんだば!

 

【アウトドア好きなのに金沢から東京に移住しました】

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.