たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

鯛焼きに天然物とか養殖物があるって知ってた?【たいやき わかば】

【こちらもどうぞ】
スポンサーリンク

初めて知りました。


鯛焼きに天然物や養殖があったなんて。
 

たい焼きを作るスタイルによって天然物になる!

むかーし福井の「たいあん」という鯛焼き屋で見た珍しい焼きスタイル。
それを東京でも見れました。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150918185303j:image
ちゃんと写真の許可もらってまっせ。
 
たい焼き焼いてる姿。
通常のはこうですよね?
f:id:outdoor-kanazawa:20150918185357j:image
 
でもこの「たいやき わかば」は違う。
一匹ずつ焼き上げるスタイルなのです。
たい焼き業界(?)ではこれを天然物と呼ぶそうな。
 
そして普段見てる大量に焼くスタイルは養殖なんだって。面白いですよね。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150918185559j:image
ちょっと見にくいけど中では火が燃えてる。
 
住所
たいやき わかば 

東京都新宿区若葉1-10 小沢ビル

f:id:outdoor-kanazawa:20150918185821j:image

太陽の光が眩しい。

 

f:id:outdoor-kanazawa:20150918185930j:image

ドリンク売ってる。

 

f:id:outdoor-kanazawa:20150918185958j:image

あんこも売ってる。

ここのたい焼き屋はあんこも絶品なのです。

感想
これは美味い!尻尾にもしっかりアンコが詰まっててサクサクです。
f:id:outdoor-kanazawa:20150918185758j:image
 
なるほど、天然物は違う。皮がぜんぜん違う。
サクサク、そして皮が薄いですね。だからあんこが詰まってる印象を受けるのかもしれません。
 
僕は皮が好きなので養殖の方が好きだなぁ。
でもこちらのたい焼きは形がすごく綺麗。
こんなにも綺麗に模様が出てるたい焼きはそうありません。見た目が綺麗ってのはポイント高いです。
正統派なたい焼きという感じ。
いやー、ほんと見れば見るほど惚れ惚れします。芸術的なたい焼きですよ。
 
たいやき わかば。覚えておきましょう。
また行こうと思えるたい焼き屋ですね。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150918190332j:image
目印の看板。
 
個人的にはレジのそばにあった鯛焼きが気になります。
f:id:outdoor-kanazawa:20150918190412j:image
こんなにも無防備に置いておかれてる!!全部買いたいくらいだよ。
 
日曜は休みなので、平日か土曜に訪問してみてください。
四ツ谷駅から歩いて8分くらいです。ほんだば!

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.