読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

秋葉原の人達を見た嫁の言葉に考えさせられる

雑談
スポンサーリンク

干物妹うまるちゃんのアニメグッズを買いたいという個人的願望のため、乳飲み子も引き連れ家族総出で秋葉原へ行ってきました。

アキバ、楽しかったです!

 
そんな秋葉原駅前では片側3車線が歩行者専用になっておりまして、合計6車線の歩行者天国はメチャクチャ快適でさらに人混みもまばらなのでベビーカーを押しててもスイスイ歩ける非常に素晴らしい街でした。
 
まぁ近くのケバブ屋周辺は道が狭く人多く感じたけどね。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150914184620j:image
 
そんな秋葉原を歩きつつ嫁くんに「あぁあれはナントカってアニメで・・・」と一方的に説明していたんだけど嫁くんがポツリとこう言った。
 
なんか、秋葉原の人達はみんなはにかんでるね〜
 
はにかむ?
 
はにかむとはなんだそれは?ハムカツならわかる。
 
違うよ、みんななんだか笑顔で歩いてるんだよ
 
笑顔!?
 
そういえば、確かに秋葉原ではみんな楽しそうだ。
 
ここ最近は池袋に新宿渋谷原宿、あと銀座など観光してきたけど秋葉原は違う雰囲気に包まれている。
 
オラオラ系の尖った人はいない、そして1人の人もグループの人ものんだか楽しそうである。
言うなればこの秋葉原全体が幸せな空間に包まれているような。
 

秋葉原の雰囲気は良好

僕は今回秋葉原に来るのは少し怖かった。
以前ホコテンで大勢がケガした事件があったし、みんな護身用の道具を持ち歩いてるのかなぁ、とか。

街はギスギスしてるイメージだったのに。
しかし実際はみんな楽しそうだ、フィギュアを前にワイワイ話し込んでる人達やガチャガチャを回してる親子もいたり、ものすごく平和だ。

ホコテンは自転車もダメらしく、警備してるおじさんが笛を鳴らして厳しくチェックしてた。
監視係りの人がけっこう多いんですよ。なんだこの安心感。治安は良いのかもしれない。
 
そんな空間を目の当たりにし、嫁の発言が胸に突き刺さった。
みんなが笑顔、これは結構大切なことだ。他の街ではこんな事なかったのだから。
僕の中で秋葉原の印象がセーフティなユートピアに変化したのである。
 
また、秋葉原に行きたい。
 
ベビーカー持ちだから飲食店は選ぶけど、少々高い喫茶店に行けば空いてたし落ち着いて美味しいご飯も食べれた。(嫁くんは喜んでた)
 
まぁベビーカーでは狭いアニメ系ショップに入れず嫁くんは退屈だったろうけど。
また来たい街だよ秋葉原は。

ただ、子供が成長したら見せたくない看板多し!
アニメのセクシー看板どうにかしてくれ〜ぃ(汗
 
ほんだばね。

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.