たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

赤ちゃんのいる家の緊急持ち出し袋を考える

スポンサーリンク
緊急持ち出し袋って実際どうなの?
登山家なので大きなリュックに食料など備えてはあるけど・・・災害映像を見てると果たして意味はあるのか?
そもそも持ち出すゆとりはあるのか??
 
 
赤ちゃんのいる家庭で用意したい物リスト
僕の考えるのは以下です。
 
  • 水1人あたり最低6リットル(500のペットボトルで)
  • 非常食5日分
  • ナイフ、ハサミなど
  • 救急道具(ガーゼ、テーピング、絆創膏類)
  • トイレットペーパー
  • 速乾性の衣類
  • 保温できる衣類(登山用)
  • 赤ちゃんの抱っこ紐
  • 哺乳瓶
  • スティックタイプのミルク
  • 赤ちゃんのレトルト食料
  • 赤ちゃん用の小さなオモチャ
  • 赤ちゃんの衣類
  • 赤ちゃんのオムツ大量
  • α米
  • バーナー(登山用で赤ガス対応だと心強い)
  • バーナーの燃料(黄ガスか白ガス)
  • 鍋やコッヘル(登山用の鍋のこと)
  • スプーンなど
  • 固形の石鹸
  • ビニール袋複数枚
  • 頑丈な靴と靴下
  • モバイルバッテリーと携帯
  • カッパやポンチョなどのレインウェア
  • ヘッドライトなどの光源
 
これらを大きめのザック(リュック)に入れてストックしたいところ。
ちなみに腰ベルトのある登山用のザックが断然オススメです。負担が違います。
 
それと、大きめな防水袋を用意しておきましょう。
登山店に30リットルくらすの防水袋がおいてありますので。
 
食料の配給は3日ほどで来ると言われてます。
 
1日に2リットルの水を必要とするので、念のため4日分を用意
食料は軽いので5日分持っておきたいところ。
 
ライトは両手が空くヘッドライト推奨です。
 
瓦礫を歩くことを想定し靴は登山靴が望ましい
靴下とセットで枕元にあると心強いがそこまで求めず玄関にセット。
コンバースはNG。底が薄すぎる。瓦礫を歩くことを舐めてはいけない。ましてや靴がなければアウトと肝に銘じておく。
 
ちなみに赤ガスとはガソリンのこと。
黄ガスはガス缶、白ガスはホワイトガソリンです。
 

登山用の道具が心強い

こうして必要な道具を考えると登山家は用意しやすいですね。
 
赤ちゃんがいると抱っこして移動しなくてはならないので、おんぶ紐は人数分用意しておきましょう。

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.