読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

【東京グルメ】けっこう美味しい変わり種ラーメンがオススメ

食べ物 東京
スポンサーリンク

金沢のラーメンは意外とレベル高い

金沢に数は少ないが東京のラーメン屋より美味しい店がいくつかある。
 
特に金沢市寺町にある自然派ラーメン神楽は全国屈指のラーメンである。

 

  • 洗練された醤油ベースの澄みきったスープ
  • ありえなく美味い燻されたチャーシュー
  • コシのある縮れ麺
  • 脇役なのに美味しい味の染みわたったメンマ
すなわち、神楽は石川の代表選手なラーメンなのです。昔は毎週通ってました。
 
そもそも以前の石川県はラーメン不毛の地であり、老いも若きも地元に根付いた8番ラーメンで食うという文化でした。
それが10年ほど前から県外のラーメン文化が流れ込み、石川のラーメンはみるみる進化していったのであります。
 
そんなわけで東京だから美味しいとか、レベルが高いとか、そんな事はまったく思わない。
ましてや、ネットで評価が高いから美味いと信じている大馬鹿者は早く目を覚ましたほうがいい。
 
あんなものは評価の一面なだけで、本当に美味しい店は自分の足で探すしかないのだから。
 
 
「なんだか評価高いお店らしいから私も高得点つけておこう」といった流れで高評価をつけてる意思のない輩もいる事を念頭に置いておこう。
 
 
さて、前置きが長くなったけどここからが本題。
 
 

東京の別格ラーメン ソラノイロ

平凡なうまいラーメンはそこら中に溢れているが、ここのラーメンはなかなか面白くて美味しい。
 
 
ソラノイロ ソルトアンドマッシュルーム
東京都千代田区麹町3-4-3 シェルブルー麹町101
 
 
長い名前だ。
なんだか俺の空の漫画を連想してしまうのは僕だけだろうか?
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150907173736j:image
 
ここの『特製キノコノベジソバ』が千円もするけど美味しいのだ。
ここのラーメンはそこらの平凡に美味しいラーメンとは違う。
 
スープがキノコの味なのである。
 
 
珍しい。
魚介でも醤油でもなく、キノコ。
あと気持ちバターのような味もするけど自信ないから勝手なことは書かないでおこう。
とにかくキノコ風味のクリームスープのような味で、スープ単体でも特別美味しいのだ。
 
 
また、スープも美味いがラーメンも美味しいのである。
なんだこの灰色。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150907174503j:image
何が練りこんであるのかわからないけど美味い、美味いよこれは。
 
具もカリカリなチーズだったり、なぜか豆腐の薄揚やジューシーな鶏肉だったりと飽きさせてくれない。
 
 
仕上げはこれだ。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150907174556j:image
ご飯のオマケ付き。
 
スープをかけてリゾットを楽しめるのだ。
うまい、うまいよチーズリゾット。
 
バーナーで炙られたチーズとキノコスープのマッチングが最高に美味しいのである。
ペロリと完食。
 
 
ソラノイロは妻にも教えたい店である
よくありがちな店ならわざわざ都心の真ん中に連れて行こうなんて思わない。
 
だがここのラーメン屋は
  • 味は美味い
  • 店内は清潔
  • 愛想も良い
  • さらにインテリアも面白い
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150907174837j:image
 
天井のライトにはキノコが生えてる。
もちろん作り物だが可愛いじゃないか。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150907175354j:image
 
調味料もキノコ。大きなキノコ愛を感じる。
 
キノコいいよ、インテリアいいよバッチグーよ。
 
そのうち嫁くんを連れて食べにきたいラーメン屋ベスト1なのである。
嫁くんもこのベジソバにはきっと感動してくれるだろう。
 
 
他のラーメンは普通に美味しいだけだから書かない。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150907175228j:image
 
ベジソバを食べてほしい。
来たならとりあえずベジソバだ。
こんなに勧めてるんだからベジソバを食べておくれよ。とても美味しいよ。
 
 

もう1店舗 つじ田

f:id:outdoor-kanazawa:20150907175840j:image
 
めん徳 二代目 つじ田 麹町店
東京都千代田区平河町1-4-11 はらだビル 1F
 
ここはよくあるコッテリつけ麺ですが、スダチが気に入ってよく食べに行ってる。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150907175548j:image
 
麺にスダチをかけるのだがサッパリして美味いのだ。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150907175614j:image
 
特製二代目つけ麺にはホロホロ柔らかい豚バラがつく。
でもコレなくてもいいや、値段も高くなるし。
普通に二代目つけ麺でよいざんす。
 
スダチを絞りすぎて隣のサラリーマンに飛ばさないよう注意だ!
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150907175754j:image
券売機。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150907175828j:image
こんな感じの店舗。
席が8席だったかな、狭いのだ。
 
 
夏場は外に行列ができるのだが、ちょうど太陽が当たる角度なので汗ダラダラ。
 
そして列が進むと今度は店の熱い換気扇を浴びるのでもういっそのこと倒れたい。
 
だが、それほどしてまで食べたいスダチ、もとい、ラーメンなのだ。
 
コッテリがお好きな方にオススメします。
 
 
普通に美味しいレベルのラーメンはつまらん。
そんなラーメンがもてはやされる時代は終わったのだ。
特徴があって美味しいラーメンこそ、お金を払う価値があるのだと思うよ。
 
ほんだばね!
 
追記
ソラノイロは久々に行ったら閉店してました。
ショック!

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.