たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

3人の子供たちに囲まれアウトドアを楽しむ隊長です。登山からBBQにキャンプまで、ワクワクするニュースをお届けします。

子連れ家族が東京へ引越しする時の注意点【県境はえらぶな!】

今回東京に引越してみて失敗した事を備忘録を兼ねて書き残す。

子供がいる家族が引越しする際このブログを発掘して読んでもらえると嬉しい。
 

県境の住所は候補から外す

タイトルにも書いたけど、県境だと通える小児科が減ります。
いや、行ってもいいんだけど医療費の請求が面倒くさくなる。
 
 

いい病院を口コミで調べておく

これやっちゃったよー。
何も調べずに引越したけど近所に何もいい小児科がない。アパートの人たちにも聞いたけどダミだこりゃ〜。
ネットの口コミと、Googleマップの口コミも調べておきましょう。
東京では車使えなかったりするので、小児科は近所にあるのが一番です。
 
 

広い公園があると便利

これは偶然にも近くに公園があるので助かってる。
子供を連れて軽く遊ばせることができるのでストレス発散にもいいだろう。
手洗いが場があるともっと便利なんだけどね。
 
 

線路の近くは辞めろ

持ち家じゃないんだからわざわざ線路沿いに住む必要はない。
そして線路の近辺も避けること。東京は田舎と違って夜中もバンバン電車走ってます。
 
 

子供の騒音を考えると一階がいい

防犯を兼ねて二階以上に住むのもいいけど子供の足音はけっこう響く。
体は小さいくせに足音はなんであんなに強いんですかねぇ。
 
 

安いスーパーを探すのではなく広めのスーパーを探しておく

これ結構大切。安いスーパーはありがたいけどたいていそーいう店は狭いからベビーカーで入れないんだよ。
無理矢理入ったけど子供がなんでも掴むから大変だったわい。
そんなに安くないスーパーに行くと通路が広くて助かります。
 
 

風呂が新しいかチェック

東京にはけっこう古いタイプの風呂が残ってる。
風呂の隣で湯を沸かす昔ながらのタイプ。あれ配管とか出てるので下手に触ってヤケドされても困るので避けましょう。
頭洗ってると子供が何してるのかわからないからね。
 
 

トイレにコンセントはあるか

あ、これ僕の譲れないポイントでした。
ウォシュレットを取れつけれるかどうかが一番のポイントだったので。
配管のタイプも見ておきましょう。あんがい自分でウォシュレットを取り付けれるものです。
 
 

続き間が楽

前住んでたとこは2部屋繋がってて広く使えたのですが、今のとこは独立した2部屋なので狭く感じる。
子供が走り回るには窮屈だなーと感じてます。
子供が小さい時は2部屋の続き間が良いかと。
 
 
 
こんなとこでしょうか。また何か気づけば追記しますが。
余談で通勤の事を考えると、
 
線路をまたぐ通勤経路は避ける
 
とか、
 
満員すぎる路線は避ける
 
などがあります。
 
前者は、意外と東京の踏切は長いので思いもよらない足止めを食らう事があります。
駅の側の線路だとなおさら。一回の踏切で電車が4回通過する事もざらです。
 
後者は説明不要ですよね。単身赴任当初は満員すぎて吐きそうになりました。時間を変える事で和らぎましたが。
 
以上、よき引越しライフを。
 
ほんだば。

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.