たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

【金沢】金沢駅で買える素敵なお土産ベスト3を紹介

スポンサーリンク
 

金沢への観光客がすごい勢いで増えてますね。

街を通るたびにたくさんの観光客を見かけます。

海外の人がすごく増えた印象ですな~。

 

さてさて、そんな金沢観光でのお土産はどうしましょう?

まだ決まってないようでしたら、金沢に住む僕のおすすめを是非参考にしてくださいね!

金沢駅 オススメのお土産ベスト3

f:id:outdoor-kanazawa:20150801230033j:image

新幹線を降りて自動改札を通り・・・

(石川県には新幹線が車で自動改札が存在しなかった!全部駅員さんに手渡し)

 

f:id:outdoor-kanazawa:20150801230106j:image

 

降りた通路の先にたくさんのお土産屋さんがあります。

金沢駅は広いですが、ここの一番手前でメジャーなお土産はほとんど揃います。

面白いものでは、

 

f:id:outdoor-kanazawa:20150801230329j:image

 

f:id:outdoor-kanazawa:20150801230355j:image

 

ひゃくまんさんがプリントされた可愛いお酒。

石川県のマスコットひゃくまんさんはなかなか会えないレアキャラなのです。

なにかご利益ありそうですよね。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150801230515j:image
 
お子さんの北陸新幹線愛が伝わる子供服。
名前通りかがやく子供に育つでしょう。
 
 

f:id:outdoor-kanazawa:20150801231021j:image

 

金沢といえば豪華絢爛、金箔が有名。

日本酒に浮かべるも良し。サラダにまぶすも良し。唇に塗りつけて街を歩けばもうあなたはまるで部族の長。みなの熱い視線を独り占め。

 

f:id:outdoor-kanazawa:20150801231225j:image

 

金沢関係ないけど富山のます寿し

美味しいですよね。

 
f:id:outdoor-kanazawa:20150801231453j:image
 
今ではこんなものもお土産なのかと驚いたUSBメモリ。
こんなのお爺ちゃんに買って帰ってもわかはないでしょうね。
 

そんな金沢駅にあるお土産屋さんで、『東京に移住した僕が買ってしまう金沢土産ベスト3』を発表します。

 

第3位 俵屋じろあめ

 
f:id:outdoor-kanazawa:20150801231840j:image
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150801231900j:image
 
飴の俵屋のじろあめ
 
水飴です。
 
でも石川の人は小さい頃に食べてたせいか、大人になっても食べたくなる時があるのです。
特に東京で現実に負けそうな時に舐めると、石川の思い出が蘇りまた頑張れます。
 
でも、みほんの置物にやたらホコリ溜まってるのが気になったな。
店員さん、僕の第3位をもうちょっと丁重に扱ってあげてください。
 
考え方を変えれば、ホコリがたまるくらいロングヒットな商品、ということ?
 
ちなみに一個買えばけっこう長持ちするので経済的です。
料理にも使っていいみたいですよ。
今度試してみます。
 

第2位 まつやのとり野菜味噌

f:id:outdoor-kanazawa:20150801232559j:image
 
まつやのとり野菜みそ
 
鍋の味噌ですはい。
 
 
よく栄養とるために鍋を食べてたのですが、このとり野菜みほは美味しい、美味しすぎる。
2人で食べるのに丁度いい量。
〆のラーメンにも最高。もう飲み干してしまうくらい。
ここのとり野菜みそを食べるたびに日本人でよかったと感じます。
 
これ、知らなかったけど県外にはないんですよ。
東京では有楽町にあるとTwitterで教えてもらったのですが、うーん遠いなぁ。。。
 
今は夏ですがまだ未経験な方は試してみて下さい。
できれば数回。
きっともう他の鍋の素では満足できなくなりますよ。
具材をここまでレベル上げて全て美味しさMAXにする鍋の素は他にないと思います。
 
ちなみに東京に移住した頃、東京で売ってないことにショックを受け地元で大量購入してスーツケースで運びました。
 
追記:あとで知ったけど通販してるみたい。
 

第1位  園八のあんころ餅

誰がなんと言おうとこれを食いたいんだ!
 
園八のあんころ餅
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150801233354j:image
 
 
何から書いたら良いものか。
まず、美味いは当たり前。
独特な風味があるんです。
周りを竹の皮で包装されて、その中にあんころ餅が入ってるわけです。
 
その竹の風味があんころに移って普段食べてるアンコとまったく違う味になってますよ。
これ本当に是非食べてみて。
 
しかも安いんです。
300円くらいでないかな?
(今リンク先見たら370円とありました)
なので手軽に食べれます。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150801233941j:image
 
ちなみにサンプルではこんな中身だとありました、が・・・
 
こんな綺麗な中身は見たことありません。
 
実物はこちら。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150801234109j:image
 
原型を留めていないくらいペッタンコ。
だからサンプルやリンク先を見たらまず目を疑います。
今まで食べてたモノと別商品なのかな?と。
 
きっと竹皮に包む前はあんな丸々してるんだという事にしておこう。
 
この写真、嫁くんがいつの間にか食べてたので急いで撮影しました。ゆえに少しブレてる。
 
なんでも、ずっと東京にいるから食べたくてたまらなかったらしい。
そして金沢駅で見かけたので衝動的に買ってしまったと。
 
それも自分の分一個だけを。
 
ぼ、ぼくのぶんも買って欲しかったです。。。
 
で、まだ話は続く。
このあんこ、いや、あんころ。硬いんです。
硬めのあんころの中に、これまた硬めの餅が入ってます。
それを少し探しながら備え付けの爪楊枝で探すのが楽しいの。
 

番外編

 
個人的なヒット商品はこちら。
 
f:id:outdoor-kanazawa:20150801235040j:image
 
ひゃくまんさんストラップ
 
この本物と似てる体の丸びをおびたライン。
なめらかな肌触り。
可愛い目、なのにおっさんな髭。 
うちにはこのストラップが2個あります。
 
でもなぜから息子がぼくの方ばかり舐めているんですよ。
ちょっとやめてほしい。。。。
 
以上、私のお勧めする金沢土産ベスト3でした。
ほんだば!

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.