読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

アウトドアとカメラの金沢ブロガー

中年でも夏フェス『サマソニ』を楽しむための15の心得

オススメ音楽
スポンサーリンク

今年もSUMNER SONICの祭り目前です。

もう準備万全でしょうか?
 
僕も何回か友人と参加してきました。
しかし若い頃と違い体力は落ちる一方、髪の毛も薄くなりそろそろ直射日光が辛くなってきました。
そう、サマソニは炎天下の野外ステージが主役なのです。
最高の舞台で最悪な思い出にならないよう、ここで準備を確認していきましょう。
 

f:id:outdoor-kanazawa:20150810195441j:plain

 
僕と同じく中年の方を対象に、僕の体験談を踏まえて書いていきます。
 

1.睡眠をしっかり取る

睡眠不足では最後まで生きてられません。
オオトリで寝てしまうという失態を犯さないよう気をつけましょう。
僕はレッチリを観れるというのにずっと寝てました。
 

2.カバンはウェストポーチかそれ以下のサイズ

ただし背中に担いでるとチャックがいつの間にか開いてることがあります。
出来れば簡易的なロック、例えばチャックを小さなカラビナでロックするなど工夫を。
そして貴重品はカバンに入れないことです。
 

3.財布はズボンの前ポケットへ

中年たるもの紳士の長財布を使いますが余裕でスリにあいます。
若者の中に干からびたオッサン1人、狼の中にカピパラが紛れてるようなものです。
ここでは折り畳みの小さな財布を使い、ズボンの前ポケットにIN!
 

4.日焼け止めは必須

老化を防ぐためにも肌へのインパクトは防がねばなりません。
なにより、休み明けの会社で目立ちます。
遊んでるイメージはマイナスになるので日焼けはなるべく避けたいところ。
 

f:id:outdoor-kanazawa:20150810195720j:plain

 

5.帽子ではなくハットを選ぶ

サマソニで帽子を被るのはトーシロです。
なぜなら、耳の日焼けを防げないから。

耳を疎かにしてはいけません。
耳の上はかなり焼けやすく痛いです。
 

f:id:outdoor-kanazawa:20150810202146j:plain

 

6.通気性の良いアウトドアハットを購入

頭皮に汗や汚れが詰まりこれ以上ハ(以下略)

蒸れるんですよね。とにかく頭が。
逃避のためにも、皮膚へのダメージは減らしてあげましょう。
 

f:id:outdoor-kanazawa:20150810195741j:plain

 

7.服装はTシャツハーパンが基本

普段からオシャレなのは存じておりますが汗を大量に書くので通気性がよく乾きやすい服を。
 

8.念のためポケットティッシュをカバンの奥に

これはよく陥りがちなミスですが、サマソニ開演前のトイレは解放されておりません。
近くにコンビニがあるといいのですがサマソニ大阪周辺にコンビニは無いので要注意
 
付近の公衆トイレにトイレットペーパーがなく、紙を求めてさまよう羽目になります。
 
ちなみに隊長は最後の最後でポケットティッシュがなくなり、肌がスーッとするギャッツビーでお尻を拭いて叫びました。あのタイプの紙は顔を拭くためのものであって尻を拭くものではない。
サマソニ開演前から名誉の負傷ですよハイ。
 

f:id:outdoor-kanazawa:20150810195756j:plain

 

9.持参する水は最小限

水?買えばいいのです!
私たちにはたくさんのマネーがあります。
 
昔、ケチって1.5Lペットボトルの水を持っていった事がありますが、その日に限って涼しく延々と重いペットボトルを持ち歩きました。
 
サマソニでは身軽が一番。
 

f:id:outdoor-kanazawa:20150810195803j:plain

 

10.前の方に行きすぎない

好きなアーティストが出演していても控えめに見ていましょう。
前方は人混みに堪えるばかりで音楽に集中できないのです。
少し後くらいが音をよく楽しめます。
 
体力温存も大切。
 
帰るまでがサマソニ。
 
力尽きて眠ってしまわないよう注意しましょう。 

f:id:outdoor-kanazawa:20150810200740j:plain

 

11.車は大きなロッカーと進化する。

欲しいTシャツを購入後は荷物を置きにさっさと車へ向かいます。
そして購入したTシャツに着替え、汗でぬれたらまた車で着替える。
無料でもらえるタオル等ありますので、忘れずにゲットです。
 

f:id:outdoor-kanazawa:20150810201040j:plain

 

12.車がないならロッカーを死守

車がないなら真っ先にロッカーをゲット。
物販に並ぶよりロッカーを捕まえる方を優先しましょう。自分のロッカーを取れるかどうかで物販で買える量もおのずと決まります。
特に買うものがないならNOロッカーでもいいですがROCKな気持ちは忘れずに。(決まった ドヤァ!ドヤァ!)
 
裏ワザですが、2日連続で参加する場合ロッカーを借りっぱなしにする方法もあるそうです。
延滞金を払うやり方ですね。試したことないけど。

 

13.飲むのはほどほどに

眠くなりますからほどほどに控えましょう。
でも青空の下で音楽聴きながら飲むのは最高です。
ほんとに最高です。
そんなわけで、まぁほどほどに。。。

  

14.疲れたら休憩、屋根のあるステージがお勧め

中年が暑い外にずっといるのは少々酷なものです。
室内のステージはクーラーも聞いて椅子もあって最高ですよ。
できればずっとここにいたいくらい。
 

f:id:outdoor-kanazawa:20150810201920j:plain

 

15.エンディングまで泣くんじゃない

f:id:outdoor-kanazawa:20150810202019j:plain

f:id:outdoor-kanazawa:20150810202222j:plain

f:id:outdoor-kanazawa:20150810202232j:plain

f:id:outdoor-kanazawa:20150810202608j:plain

f:id:outdoor-kanazawa:20150810202619j:plain

 
まさに言葉は不要。
 

まとめ

写真を見てると泣けてきますね。
サマソニには色んな思いが詰まってます。
たくさんの思い出、出会いと別れがありました。
いつか今いる家族と行ってみたい。。。
 
以上、15の心得を参考にしてサマソニを満喫してください。
 
 
以下戯言 
 
 
サマソニは本当に心に残るフェスです。
海外のロックアーティストをたくさん見れる、美味しい屋台もたくさんある。
何より同じような音楽好きが集結する。

そんな空間を共有できるってのは本当に素晴らしい。
 
最近はブームが終わったとか言われてますが、中年の僕たちが頑張っていきましょう。
 
SUMMER SONIC を愛する男、隊長より。
ほんだば!

Copyright© TAIYAKI-OYAKO All Rights Reserved.